Web Magazine

オフィス、店舗にもおススメしたい!
リセノプロダクトをご紹介いたします。

こんにちは。おおばです。

ステイホーム、リモートワークと様々な環境が変わり、
法人事業部へのお問い合わせも少し変わってきました。

リモートワーク期間中に、スタッフが戻ってきたとき
に、より仕事のしやすい環境に整えたい、店舗の内装
を整えたい等のご相談が増え、現状を見直される方が
多くなったな~という印象です。

そこで、今回はオフィスや店舗にもフィットする、
「居心地のよさ」「使い勝手のよさ」を考えた、
リセノオリジナル家具をご紹介いたします。

20200604194533.jpg

オフィスにお勧めしたい!ユニットシェルフR.U.S。

まずは、何といっても可変性の高さをおススメしたい、
オリジナルのユニットシェルフR.U.S

シンプルにお伝えしますと、フレームと棚を自由に
組み合わせ、シーンや空間に合わせた、収納をつくる
ことができます。

20200604180736.jpg
R.U.S おすすめセット #13

おススメしたいポイントは2つ。
「 可変性の高さ 」と、「 デザイン性の高さ 」です。

オフィスでは、人数によってレイアウトを変えたり、
時には移転でガラッと変わることもあります。

最初は少量でよかった収納棚も、気づいたら継ぎ足し
で、ちぐはぐになってしまったり...

カタログの置き場や、スタッフの私物、資料等、過ご
す時間に比例して、物は増えていきます。

ユニットシェルフR.U.S は、棚や収納を増やしたり、
パターンを変えてみたりと、人数や使い勝手に合わせ
て、追加いただけるので、おススメです^^

使い勝手が悪くなって、買い替えたり、破棄すること
がなくなり、コストカットすることもできますよ。

20200602154940.jpg
R.U.S おすすめセット #43

もう1つのおススメは、「 デザイン性の高さ 」です。

木製の温かみを感じる棚板、抜け感のあるアイアン
フレームが、ポイントです。

オフィス家具には、メラミンやスチールといった
無機質な素材が多く使われます。

メンテナンスや強度面では非常に強みがありますが、
何だか無骨で、味気ない印象になりますね。

その点 R.U.S は、オークの木目を強調した木製の棚を
使い、有機的な柔らかさ、落ち着きを空間にもたらします。

20200604192111.jpg
R.U.S おすすめセット #11

また、抜け感のあるアイアンフレームは、スッキリと
したデザインで、圧迫感を減らしてくれます。

リピート性のあるフレームやクロスバーは、きりっと
した佇まいになり、オフィスらしい整然さも加わります。

20200604192258.jpg
R.U.S おすすめセット #30

「可変性の高さ」、そして「デザイン性の高さ」、
この2つが特徴的なユニットシェルフR.U.S を取り入れ、
オフィスを見直し、整えてみませんか^^

少しでも愛着が湧く家具に変えて、オフィス環境を
楽しみましょう!

カフェや小規模な飲食店におススメしたい!WIRYカフェテーブル。

WIRYシリーズ から、特にお勧めしたいアイテムは、
こちらの、 WIRYカフェテーブル です。

小規模で運営されるカフェや、スペースが限られた
飲食店へおススメです。

おススメしたいポイントは2つ。
「 動線確保のしやすさ 」と「 圧迫感を軽減 」です。

20200605111801.jpg
カフェテーブル WIRY 円形

WIRYカフェテーブル直径70cmとコンパクトサイズ
の、円形と正方形のシンプルなデザインです。

すらっと伸びた1本脚、足元のアクセントに取り付けた
真鍮のアジャスターも特徴的です。

20200604210725.jpg

多くのカフェテーブルは、装飾性が高かったり、
太めの1本脚が多かったりしますが、
WIRYカフェテーブル は極力無駄をそぎ落としました。

このデザインが「動線の確保」しやすい点です。

一般住宅と違い、カフェは人の出入りが多くなります。

スタッフのお食事提供や片付け、お客様の入れ替わり
等、立つ、座る、移動する等、動作が頻繁になります。

20200605112504.jpg

4本脚のテーブルは、足元が狭くなったり、動いた際に
当たってしまったり等、よりスペースが限られた店内
ではストレスになることも...

シンプルなデザイン、当たりにくい設計は、導線が
確保しやすくなり、お客様のストレス軽減や、スタッ
フの作業効率UPにも繋がります^^

特に円形テーブルの方が角が取れ、席に座っている方、
移動される方、両方ともに過ごしやすくなるため、おススメです。

20200604202918.jpg

2つ目のポイント「圧迫感を軽減する」は、高さに理由があります。

WIRYシリーズ は、こだわりの高さ「68cm」を採用しています。

通常のダイニングテーブル高さは72cmが多く、4cm程
低めです。

20200604210453.jpg
カフェテーブル WIRY-NATURAL 円形

カフェの場合、ずらっと並べるレイアウトも多いかと
思いますが、4cmの差は意外と重要で、並べたときの
圧迫感を軽減できます。

座っている人は、目線が下がりゆっくりくつろげます^^

20200604204749.jpg
カフェテーブル WIRY-NATURAL 正方形

カフェでは、やはりゆっくり落ち着いて過ごしたいですよね。

店内スペースに限りがあり、お困りの方、
WIRYカフェテーブルを取り入れ、スタッフもお客様も
より過ごしやすくなるお店を作りませんか。

居心地のよさ、使い勝手のよさ、両方をかなえます。

いかがでしたでしょうか。

居心地のよいデザインや素材、そして使い勝手のよさ
を考えたリセノオリジナル家具を、ぜひオフィスや、
店舗への導入をご検討くださいませ。

20200603185430.jpg

オフィスや店舗、またモデルハウスのコーディネート
などお気軽にお問い合わせください。

Styling Furniture

R.U.S おすすめセット #13【通常】

¥ 94,000


R.U.S おすすめセット #43【通常】

¥ 237,200


R.U.S おすすめセット #11【通常】

¥ 49,000


R.U.S おすすめセット #30【通常】

¥ 89,600


カフェテーブル WIRY/BR 円形

¥ 76,800


カフェテーブル WIRY/BR 正方形

¥ 76,800


カフェテーブル WIRY/NA 円形

¥ 76,800


カフェテーブル WIRY/NA 正方形

¥ 76,800




View More
みんなの保存数:6

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「Re:CENO product」の最新記事 4件

2023年12月25日(月)
Re:CENO product

ナポレオンシェルフ「H/A WALL SHELF」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

アンティーク意匠を復刻したウォールシェルフをリリースします。

BM 山本 16
2023年12月27日(水)
僕と私の愛用品

【お家で使ってみた。】スタッフ3名が、復刻家具「ウォールシェルフ H/A」をレビュー

フランスのアンティーク家具を復刻。今回は、5つの「コーディネート実例」と「アイテム選びのコツ」についてご紹介します。

編集部 江上 9
2023年10月12日(木)
Re:CENO product

オーダーテーブル「OAK TABLE」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「Re:CENO product」から初めてとなる「カスタムオーダー対応」のテーブルをリリースします。

BM 山本 7
2024年3月06日(水)
Re:CENO product

シートクッション「folk Seat cushion」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

新プロダクトとして、オリジナルのチェアにフィットする「シートクッション」をリリースいたします。

BM 山本 3

「Re:CENO product」の人気記事 4件

2021年2月11日(木)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRAカウチ/1.5人掛け」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

AGRAシリーズに新たに仲間入りする「カウチソファ」「1.5人掛けソファ」について、利用シーンとともに紐解いていきます。

BM 山本 635
2019年8月06日(火)
Re:CENO product

「folk伸長式ダイニングテーブル」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「伸長式」「楕円形」に仕上げたオリジナルダイニングテーブルについて、設計コンセプトを紐解いていきます。

BM 山本 538
2020年2月22日(土)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRA」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

Re:CENO productから2年半ぶりに登場する新作ソファの企画経緯とコンセプトをご紹介します。

BM 山本 372
2020年9月04日(金)
書斎の基本

ユニットシェルフ R.U.Sでつくる、「デスク」の魅力をご紹介します。

ユニットシェルフだからこそ、気軽に取り入れられる「デスク」としての魅力をご紹介します。

店舗MG 岩田 334

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』