【お知らせ】 夏季休暇の営業と配送について



Web Magazine

ユニットシェルフ R.U.S に、新作セットを追加します!

デザイナー 岡本

みなさま、こんにちは。
おかもとです。

梅雨に入って雨の日が多いこの頃、
ここ京都では今週末から祇園祭が始まったりと、
夏の訪れを感じる日々が増えてきました。

さて今回は、もうすぐ発売するRe:CENOオリジナルの
ユニットシェルフ「R.U.S」の新作おすすめセットの
紹介をさせていただきたいと思います。

20190708113216.jpg

シェルフボードやキャビネットなど、
組み合わせ可能な多数のパーツに、
奥行きが浅い薄型タイプも仲間入りしたR.U.S。

今まで以上に使える場所や組み合わせが増えたことを
きっかけにスタッフで話し合い、新たなカテゴリーや
セットを追加することになりました。

これからご紹介するセットを知っていただいて、
「このセットがあれば、あの場所が便利になるな〜。」
なんて妄想を繰り広げなら読んでいただけると
嬉しいです。

ユニットシェルフ R.U.S とは?

歩くだけの通路に収納を。
薄型ならではの廊下向きセット

20190708112842.jpg

まずはこちらの少しお顔を見せいている、
新カテゴリーの廊下向きセットからご紹介。

廊下って基本的には歩くだけの通路であって、
備え付けの棚がある場合なんかを除いては、
物を置いたりするのは難しいですよね?

追加でラインアップに登場した薄型タイプは、
そんな場所でこそ良さを発揮してくれます。

20190708112955.jpg

斜めから見てみましょう。

リビングとベッドルームを繋ぐ廊下のわずかな
スペースなんですが、ぴったりフィットしています。

廊下の壁面を収納スペースとして有効活用するのは
もちろん、本のようにリビングでもベッドルームでも
使うものを移動がてら片付けたりと導線的にも便利に。

寝る前に読む本を1冊選んでさっと取ったり、
逆もしかりです。

物件情報でよく見る「2wayアクセス」みたいな感じで、
複数のお部屋からアクセスして使えるのは廊下ならでは。

お部屋に入らないから、家族みんなで共用しやすい
というメリットもあります。

20190708113034.jpg

寄って見ても分かる通り、文庫本であれば20冊以上
収まる収納量がありますし、間にディスプレイを
挟んだりする楽しみ方も。

フレームにS字フックで掃除用のブラシを引っ掛けて
おけば、片付けがちな掃除道具も取り出しやすくなって
一石二鳥です。

20190708115751.jpg

背の高いタイプが圧迫感あって苦手な方には、
高さ91cmと背の低いタイプもあります。

20190708113143.jpg

この高さなら天板にも物を置きやすいので、
玄関付近に設置して、出かけるときに取りやすいよう
鍵やカメラなんかを置いておくのにも便利ですね。

長靴からスニーカーまでフィット。
道具類も置ける玄関向きセット

20190708113216.jpg

続いてこちらも新しいカテゴリー、
下駄箱にぴったりな玄関向きセット。

5cmピッチのフレームのおかげで、長靴やブーツの
背の高い靴からスニーカーや子供の靴などの
背の低い靴までピッタリフィットしてくれます。

奥行きが通常タイプと薄型タイプの両方あるので、
玄関の間取りに合わせて選びやすくなっています♪

通常タイプは靴がしっかり収まる奥行きで、
薄型タイプでは少し靴がはみ出る感じですが、
そんなに気になる印象はありません。

むしろ、靴を正面に向けて入れる場合は、
手が奥に入ってしまうことを考えると
ちょうど良いくらいです。

20190708113251.jpg

靴が少ない方や少人数のご家庭には、
背の低い高さ91cmのタイプも。

廊下用と同じく、天板に出かけるときの鍵を置いたり、
玄関のディスプレイ用エリアも兼ねるという
使い方にもフィットします。

20190708113323.jpg

そしてさらに圧迫感の低い54cmタイプも。天板に
長靴やブーツを並べれば、圧迫感が無い上に
取り出しやすさもあって良いですよ。

20190708113402.jpg

また、玄関って靴以外にも物を置きたいって
言う人も多いのではないのでしょうか?

バイクに乗られる方ならヘルメット、DIYが好きな
方なら工具、そして庭の植物の選定道具や肥料などなど。

大きめのセットにすればスペースに余裕も
生まれるので、そんなものもまとめて置けちゃいます。

20190708113432.jpg

ただ、あまり見栄えのよくないものや、
ガサッと突っ込んで片付けたいものがあったりするのも
現実だと思うので、その場合は最下段が
キャビネットタイプにしておけば安心です。

調理場の横に置けて料理もらくらく。
薄型のキッチン向きセット

20190708113500.jpg

続きまして、個人的にとっても良いと思ったのが
薄型のキッチン向きセット。

メインのキッチンシェルフとは、また違った役割が
このセットにはあると思っています。

キッチンシェルフは大抵の場合、キッチンの背面に
置いていたりと、ちょっと物を取るにしても
振り返るというアクションが必要だったりします。

料理中に必要な調味料も取りづらいし、
並べても奥行きが余り過ぎるということも。

でもこの薄型タイプのセットは、キッチン横の
わずかなスペースに置けるので、料理中に
手の届いてほしい調味料なんかを置くのにぴったり。

20190708113553.jpg

オープンだから取り出しやすく、奥行きも薄い分
余分な空きスペースも無く気持ちよくフィット。

容器にこだわって並べれば、ディスプレイ感覚で
楽しみながら片付けられます。

20190708113650.jpg

ガラスキャビネットとウッドキャビネットがセットの
タイプは、ほこりが付いてほしくないような、
コーヒーカップなども安心して収納。

きっとキッチンのサブ収納として重宝するはずです。

書類からオーディオまでひとまとめ。
大容量のオフィス向きセット

20190708163914.jpg

そして最後にご紹介するのが、
大容量のオフィス向きセット。

高さ201cmのフレームをベースに、
幅の狭い44cmの棚板を組み合わせて作られています。

たくさん物が置けるのはもちろんなのですが、
程よくエリア分けされるので、
色々なものを置いても気持ち良くまとめられます。

20190708113720.jpg

オフィスで使う資料や書籍から、オーディオや小型の
プリンターなどの家電まで。それぞれ片付ける場所が
必要なアイテムをひとまとめに。

また、必要最低限なものだけでまとめがちですが、
間にドライフラワーやオブジェなんかを織り交ぜる
ディスプレイエリアを入れてあげると、オフィスの
雰囲気も良くなるのでおすすめです。

20190708113835.jpg

撮影中にカメラマンも、「自分たちのオフィスも
こんな風にしたいな。」という思いを持ちながら
コーディネートした理想のセットです。

暮らしにフィットしそうなセットは、ありましたか?

R.U.Sの新作おすすめセット紹介、
いかがでしたでしょうか?

組み合わせ次第でどこでも使える
ユニットシェルフのR.U.Sですが、
シーンごとの使用イメージやセットがあると、
やっぱり選びやすかったりします

今回の記事では、廊下、玄関、キッチン、オフィスと
ご紹介しましたが、
ご紹介したのはあくまで
セットの一例です。

我が家の場合は、このセットをあの場所で使ったら
はまりそうなど、ぜひ色々と使用イメージを
広げてみてください。

20190708115751.jpg

ご紹介した、新たに追加する、
玄関/廊下カテゴリーを含むセット商品は、
7/10より順次販売スタート予定です。

ぜひ、楽しみにお待ちください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:16

センスのいらないインテリア

  • センスのいらないリビングのルール(12)
  • センスのいらないダイニングのルール(11)
  • センスのいらない寝室のルール(7)
  • センスのいらない照明のルール(4)
  • センスのいらないコーディネートのルール(9)
  • センスのいらないインテリアの基礎知識(3)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(12)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(39)
  • ナチュラルヴィンテージの基本(19)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(83)
  • ディスプレイの基本(24)
  • お手入れの基本(49)
  • コツとノウハウ(101)
  • リビングの基本(19)
  • ダイニングの基本(21)
  • 収納の基本(24)
  • 寝室の基本(31)
  • キッチンの基本(4)
  • 書斎の基本(9)
  • 照明の基本(24)
  • カーテンの基本(9)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(59)
  • Let's DIY!(140)
  • 植物と暮らそう(52)
  • 話題の場所レポ(44)
  • 本と音楽と映画(12)
  • おすすめカフェ(27)
  • 日々のできごと(31)

リセノのこと

  • 僕と私の愛用品(80)
  • 蚤の市で見つけた偏愛品(7)
  • Re:CENO Vlog(34)
  • Re:CENO product(78)
  • Buyer's Voice(21)
  • 製品ストーリー(45)
  • 商品紹介(46)
  • リセノ ランチ部(103)
  • お仕事レポート(54)
  • お店だより(98)
  • お知らせ(35)

特集

  • AGRAソファのこと(14)
  • センスのいらないインテリア(35)
  • コーディネートレッスン(36)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(6)
  • オリジナル家具の企画経緯(29)

メンバー


Re:CENO productの人気記事5件

2021年2月11日(木)
Re:CENO product

「AGRAカウチ/1.5人掛けソファ」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

AGRAシリーズに新たに仲間入りする「カウチソファ」「1.5人掛けソファ」について、利用シーンとともに紐解いていきます。

BM 山本 565
2019年8月06日(火)
Re:CENO product

「folk伸長式ダイニングテーブル」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「伸長式」「楕円形」に仕上げたオリジナルダイニングテーブルについて、設計コンセプトを紐解いていきます。

BM 山本 457
2020年2月22日(土)
Re:CENO product

「AGRAソファ」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

Re:CENO productから2年半ぶりに登場する新作ソファの企画経緯とコンセプトをご紹介します。

BM 山本 333
2020年9月04日(金)
書斎の基本

ユニットシェルフ R.U.S でつくる、「デスク」の魅力をご紹介します。

東京店で大人気の【 ユニットシェルフR.U.S 】。今回は、気軽に取り入れられる、「デスク」としての魅力をご紹介します。

店舗MG 岩田 326
2021年2月16日(火)
Re:CENO product

カウチソファーAGRA と rect どっちがいい? 2つのソファーを比較してみました。

人気のAGRAとrectの、サイズ・座り心地・素材の3つのポイントを比べてみよう!

品質管理 遠藤 217

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないリビングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「リビングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないダイニングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「ダイニングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない寝室のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「寝室の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない照明のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「照明の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないコーディネートのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「コーディネートの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないインテリアの基礎知識

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現するために必要な「インテリアの基礎知識」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(12)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(39)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの基本(19)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 収納の基本

    選び方やお手入れ方法など、収納家具に関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 書斎の基本

    選び方やお手入れ方法など、書斎に関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(59)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(140)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(52)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 話題の場所レポ(44)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(12)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(27)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • 日々のできごと(31)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • 僕と私の愛用品(80)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 蚤の市で見つけた偏愛品(7)

    全国各地で定期的に開かれている「蚤の市」にいざ出発! そこで見つけて、ゲットしたかわいいアイテム「偏愛品」を、偏愛とともに語ります。

  • Re:CENO Vlog(34)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • Re:CENO product(80)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(21)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(45)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • 商品紹介(46)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • リセノ ランチ部(103)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • お仕事レポート(54)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お店だより(98)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • お知らせ(35)

    リセノからのお知らせです。