Web Magazine

アンティークのような趣のある食器
「エイシェントポタリー」が出そろいました。

元カメラマン 米本

20200825105500.jpg

こんにちは、よねもとです。

今回のマガジンでは、新たに取り扱いをスタートした
食器シリーズ「エイシェントポタリー」が
出そろったのでご紹介いたします。

アンティーク食器さながらの質感を実現しながらも、
現代の生活に根ざした使い勝手の良さが魅力です。

「エイシェントポタリー」ってどんなブランド?

20200825105910.jpg

商品をご紹介する前に、「エイシェントポタリー」の
ブランドについて簡単に触れてみたいと思います。

ブランドの根底となる想いには、「アンティークや
作家物のようなディテールを持ちながらも、現代の
ライフスタイルに合った実用性の高い器。」という
ことを実現することとされています。

美濃の陶工さんたちと共に、美濃の素材と技術を使い、
手の届く豊かさを広めたいということを
大切にされているブランドです。

「高価で手が届かない」、「扱うのに気を遣う」
そんなちょっとした悩みを解消して、手軽に使える
ようにと、丁寧に作られています。

なぜ実用性が高く、利便性がいいの?

20200825105953.jpg

熟練の職人さんによる伝統的な美濃焼の技術で、
一点一点が丁寧な手仕事で作り上げられている
「エイシェントポタリー」シリーズ。

この美しい質感と、生活に根ざした使い勝手の
良さを実現しているのには、採用されている
素材にその理由が隠されています。

採用されているのは、「ストーンウェア」という素材。

陶器と磁器の良い部分が組み合わさった素材で、
陶器のように落ち着いた雰囲気でありながら、
磁気の硬くて耐久性に優れた面も
備わっているからです。

ラインアップをご紹介します。

今回リセノで取り扱いをスタートしたのは、

こちらの6タイプ( 9商品 )となります。

  • カップ&ソーサー
  • マグカップ
  • プレート ( 3タイプ )
  • ボウル ( 2タイプ )
  • ポット
  • ドリッパー

カラーはそれぞれ、ホワイト、グレー、ブラスの
3色展開でご用意しています。

20200825110102.jpg

それでは、一商品ごとの魅力を紐解いていきます。

カップ&ソーサー Ancient Pottery

20200825110146.jpg

まずは、カップ&ソーサーから。

ふだんは中々使う機会の少ないカップ&ソーサーですが、
来客時やプチ贅沢なティータイムにあると、
ちょっと特別な気持ちにさせてくれます。

マグカップとは異なり、小ぶりなサイズ感がまた
可愛らしく上品なテーブルコーディネートに。

20200825110217.jpg

持ち手や、受け皿のディテールデザインは、
手仕事だからこそできる、美しいフォルムに
仕上がっています。

ご自宅でお茶の時間を楽しまれている方、
お休みの日にお友達とプチ贅沢な時間を
過ごしたいという方におすすめの
カップ&ソーサーです。

カップ&ソーサー Ancient Pottery

マグカップ Ancient Pottery

20200825110330.jpg

続いては、マグカップ。

カップ&ソーサーと比べて、容量の入るマグカップ。

一杯で約300ml入るので、一度のティータイムで
たっぷりドリンクを飲むという方におすすめです。

20200825110358.jpg

縁周り、持ち手のディテールもカップ&ソーサーと
同じく美しいデザインに仕上がっています。

普段使いに、一つ、二つ持っていたら
気兼ねなく使える便利なマグカップです。

マグカップ Ancient Pottery

プレート Ancient Pottery

20200825110459.jpg

プレートは、小、大、オーバルの3タイプを
ご用意しています。

20200825110528.jpg

小皿は、取り皿として使うのに
ちょうどいいサイズです。

カラー違いで各2枚づつなど、複数枚持っていると、
急な来客時にも困りません。

招かれた友人、お客さまもきっと楽しい時間を
過ごすことができるのではないでしょうか。

20200825110553.jpg

大皿は、アンティパスやパスタなど、
取り分け料理用のお皿として
使い勝手のいいサイズです。

もちろん、サラダ、パン、ウィンナーなどを
一緒に盛り付けた朝食用のワンプレートにも
使えて便利です。

20200825110626.jpg

プレートの最後は、オーバルタイプ。

普段の食卓ではあまり馴染みの少ない、
オーバル型のプレート。

このオーバル型が、食卓を普段とは少し異なった
上質なテーブルコーディネートに仕上げてくれる
アクセントとして重宝します。

オーバルは、メインディッシュとなる
お肉料理におすすめ。

一枚あるだけで、洒落た食卓を楽しむことが
できるようになります。

プレート Ancient Pottery

ボウル Ancient Pottery

20200825110729.jpg

ボウルは、小、大の2タイプを
ご用意しました。

ボウルは、深皿として底があるので、
スープやカレー、崩れがちなサラダ
などにおすすめのタイプ。

20200825110757.jpg

小タイプは、直径13.8cm、深さ5cmの
小ぶりサイズ。

ちょうど手に収まるくらいのサイズ感で、
副菜、サラダ、スイーツなど小鉢のような
役割から、スープ皿としても
お使いいただけます。

20200825110835.jpg

大タイプは、縦14cm、横25cm、深さ4cm。

横に長い形状で、これだけ深さのある器は
意外と少なく重宝します。

平皿に比べ、深さがある分ボリュームのある
盛り付けも可能で、さらに汁気のある
お料理も気兼ねなく盛り付けられるのが
嬉しいポイント。

カレーや、アクアパッツァ、煮物などの
お料理におすすめです。

ボウル Ancient Pottery

ポット Ancient Pottery

20200825111026.jpg

ポットは、シンプルながらも趣のあるデザインで、
緑茶や紅茶、中国茶などジャンルを問わず、
どんな種類にも相性良くお使いいただけます。

ティーカップと同様に、いつものちょっとした
ティータイムに、上質な雰囲気を
もたらしてくれます。

また底が広い形は、お茶の葉がゆったりと開く構造で、
簡単に美味しいお茶を淹れやすくなっています。

20200825111055.jpg

容量はたっぷり入る500ml。

紅茶などを入れる際は1杯150mlが目安となるので、
シリーズのティーカップだと3杯、マグカップだと
2杯分入るサイズ感です。

20200825111125.jpg

20200825111148.jpg

ポット Ancient Pottery

ドリッパー Ancient Pottery

20200825111240.jpg

シリーズの最後は、ドリッパーです。

ドリッパーの形状は一般的に大きく分けて
「円錐型」と「台形型(扇型)」の
2種類があります。

お湯の通りが良く、湯量の影響が大きい円錐型に対して、
こちらの昔ながらのベーシックな台形(扇形)は、
ドリッパーの穴に抽出量が調節されやすいので、
初心者の方にもおすすめ。

20200825111305.jpg

こちらの「リブ」と呼ばれる内側の溝によって、
お湯を注いだ時に発生するガスを外に逃し、
雑味を軽減。

20200825111326.jpg

このような構造が合わさることで、お湯が落下する
スピードが安定しつつも速いため、豆に触れる
時間が少なく、スッキリとした味わいの
コーヒーを淹れることができます。

ドリッパー Ancient Pottery

シリーズで揃えて、
テーブルコーディネートを楽しんでみてください。

20200825111418.jpg

いかがでしたでしょうか?

アンティークや作家物のようなディテールを
持ちながらも、現代のライフスタイルに合った
実用性の高い器を実現されている食器シリーズ、
「Ancient Pottery(エイシェントポタリー)」。

「高価で手が届かない」、「扱うのに気を遣う」
そんなちょっとした悩みを解消して、手軽に
使えるので、ぜひシリーズで揃えて、
テーブルコーディネートを楽しんでみてください。

ラインアップは、こちらです。

商品ごとの詳細は、商品ページにて
ご紹介しています。

ぜひ、ご覧ください。

それではまた次回に。
よねもとでした。

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:14

リセノ式 センスのいらないインテリア

  • センスのいらないリビングのルール(10)
  • センスのいらないダイニングのルール(10)
  • センスのいらない寝室のルール(6)
  • センスのいらない照明のルール(3)
  • センスのいらないコーディネートのルール(9)
  • センスのいらないインテリアの基礎知識(1)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(11)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(35)
  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(74)
  • ディスプレイの基本(22)
  • お手入れの基本(46)
  • コツとノウハウ(95)
  • リビングの基本(15)
  • ダイニングの基本(20)
  • 収納の基本(23)
  • 寝室の基本(31)
  • キッチンの基本(4)
  • 書斎の基本(9)
  • 照明の基本(24)
  • カーテンの基本(9)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(47)
  • Let's DIY!(136)
  • 植物と暮らそう(45)
  • 話題の場所レポ(42)
  • 本と音楽と映画(12)
  • おすすめカフェ(27)
  • 日々のできごと(30)

リセノのこと

  • 僕と私の愛用品(70)
  • 蚤の市で見つけた偏愛品(1)
  • Re:CENO Vlog(29)
  • Re:CENO product(77)
  • Buyer's Voice(15)
  • 製品ストーリー(45)
  • 商品紹介(43)
  • リセノ ランチ部(100)
  • お仕事レポート(54)
  • お店だより(97)
  • お知らせ(35)

特集

  • AGRAソファのこと(14)
  • センスのいらないインテリア(31)
  • コーディネートレッスン(32)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(6)
  • オリジナル家具の企画経緯(25)

メンバー


製品ストーリーの人気記事5件

2021年2月16日(火)
Re:CENO product

カウチソファーAGRA と rect どっちがいい? 2つのソファーを比較してみました。

人気のAGRAとrectの、サイズ・座り心地・素材の3つのポイントを比べてみよう!

品質管理 遠藤 211
2020年1月31日(金)
収納の基本

知ってたら得する、みんなの「 かご 」の使い方。

実際に、お家で活用してる収納術。東京店スタッフ全員に聞いてみました。

東京店店長 江上 182
2018年4月03日(火)
製品ストーリー

伸長式ダイニングテーブルの魅力と、選ぶポイントをご紹介します。

来客のときはもちろん、これからライフスタイルが変わるかも?という方にお勧めです!

品質管理 遠藤 125
2019年11月01日(金)
製品ストーリー

お母さん視点で開発。お子さまがいるご家庭で、一番安心してご使用いただけるラグマットが新登場!

お子さまがいらっしゃるご家庭でのラグマット選びは大変ですよね。いろんな心配ごとがあるので...。その悩みを解決したラグマットが新登場しました!

元カメラマン 米本 108
2020年1月14日(火)
製品ストーリー

ラタン素材の収納バスケットが出そろいました。

今密かに人気を集め始めている、ラタン素材の収納バスケットが当店に揃いました。

元カメラマン 米本 56

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないリビングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「リビングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないダイニングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「ダイニングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない寝室のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「寝室の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない照明のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「照明の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないコーディネートのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「コーディネートの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないインテリアの基礎知識

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現するために必要な「インテリアの基礎知識」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(11)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(35)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 収納の基本

    選び方やお手入れ方法など、収納家具に関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 書斎の基本

    選び方やお手入れ方法など、書斎に関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(47)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(136)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(45)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 話題の場所レポ(42)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(12)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(27)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • 日々のできごと(30)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • 僕と私の愛用品(70)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 蚤の市で見つけた偏愛品(1)

    全国各地で定期的に開かれている「蚤の市」にいざ出発! そこで見つけて、ゲットしたかわいいアイテム「偏愛品」を、偏愛とともに語ります。

  • Re:CENO Vlog(29)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • Re:CENO product(79)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(15)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(45)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • 商品紹介(43)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • リセノ ランチ部(100)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • お仕事レポート(54)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お店だより(97)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • お知らせ(35)

    リセノからのお知らせです。