【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

Re:CENO流 関西探訪記
~「こころ安らぐ、空間と珈琲を味わう場所」編~

こんにちは。エノモトです。

ここ一年で、「おうち時間」に意識を向けられる方も
増え、新たなライフスタイルを見つけた方も
多いのではないのでしょうか?

インテリア、料理、読書や映画etc......

おうち時間を楽しむ方法は、人それぞれ。
多種多様にあるかと思います。

インドア派な私にとっては、どれも親しみがあるのですが、
特に最近凝っているのが「珈琲」について。
(あ、すみません。料理は全くしないですね......)

本を読むとき、映画を見るときには必ずといって良い
ほど隣にあり、時間をより豊かにしてくれるモノ。

おうち時間を過ごす際には、欠かせない存在になっています。

今回ご紹介するお店は、そんな珈琲のスペシャリストが
店主をつとめるお店。

約20年間。
珈琲と向き合ってきた店主だからこその
お店づくりとは?

関西探訪記 第8弾。

今回は、コーヒー好きには必見なお店です。
ぜひご覧ください!

関西探訪記 8店舗目「TRIBUTE COFFEE

20210831184357.jpg

京都の街中、河原町三条にある「TRIBUTE COFFEE」。

お店はビルの3階にあり、少し見つかりにくい場所でも
あるのですが、知ってしまえば立地としては良い所。

仕事帰りに、お出かけのついでに、
ちょっと一休みにと、通いやすい場所に店舗を構えています。

20210831184544.jpg

喧騒あふれる街中とはうって変わって
店内は落ち着いた雰囲気。

ゆったりと落ち着きたい。
自分時間をくつろぎたい。

なんて方にはもってこいな場所でもあり、
まさしく「サードプレイス」として活躍できる
お店だと感じました。

今回もそんなお店の魅力と、店主の想い。
しっかりとご紹介していきます。

お店の魅力を考える

20210831184645.jpg

お店としての魅力をどこに感じるか。
それは人によって様々です。

そこに携わる人に対してなのか。
提供する商品に対してなのか。
それともお店の醸し出す、空間の雰囲気なのか。

お店としてどれが一番大切だ、なんて話ではないのですが、
これらがすべて魅力的だとしたら......
それって素敵じゃないですか?

「TRIBUTE COFFEE」はまさしくそんな素敵なお店。

そう感じるポイント、お話しします。

店主が魅力的 知識と経験が豊富な「クリバヤシ」さん

20210831185446.jpg

某大手コーヒーチェーン店に20年間勤め、
様々な役職を経験されたクリバヤシさん。

業界に精通されており、知識も豊富。
かといって、それを無駄にひけらかす事もない飾らない性格。

そんな印象をお受けしました。

20210831185533.jpg

取材中も、こちらのレベルに合わせて言葉を選んで
くださり、とても分かりやすくお話しいただきました。

そんなクリバヤシさんだからこその落ち着いたお店、
居心地の良い空間ができるのだと思います。

また、珈琲に関してのアドバイスはとても正確で
理解しやすく、コーヒー玄人・コーヒー初心者どちら
の方でもためになること間違いなしです。

人柄があらわれている、店名の由来

TRIBUTEとは、称賛、敬意、感謝を込めた捧げもの、という意味。

お店のオープンまでの期間までにも、多くの方に支えられ、
感謝を感じたクリバヤシさん。

お客様、お世話になっている全ての方々、コーヒー生産者、家族や友人に
感謝を込めて、こちらの名前を付けられたそうです。

商品が魅力的 自家焙煎コーヒーとコーヒー器具

20210831194522.jpg

「コーヒーの世界への入り口になれれば」

とはクリバヤシさん。

取り扱っているコーヒー豆はどれも高品質な
スペシャルティコーヒーを厳選。

酸味の強いもの、苦味の強いもの。
果実のような、チョコのような。

様々な風味のコーヒー豆を用意しています。

20210831194431.jpg

それもこれも、色んな風味を味わって欲しいから。

最初は、色んなコーヒーを試して自分に
あった風味を探してみるべき。

ブレンドをあえてつくらず、ストレートの
コーヒー豆だけなのもそれが理由とのことでした。

20210831185831.jpg

そんなクリバヤシさんに教えていただいた
オススメの器具が「HARIO 浸漬式ドリッパーSWITCH」。

コーヒー豆をセットしてお湯を入れ、
スイッチを押すだけでドリップするので、
初心者でも均一に抽出が可能とのことです。

あんまり紹介すると、どこの回し者?
となりそうなので深くはお話ししませんが、
「TRIBUTE COFFEE」に行かれた際にはぜひお話を
聞いてみてくださいね。

空間が魅力的 北欧感じるヴィンテージ家具たち

20210831185948.jpg

20210831190543.jpg

元々、北欧テイストにしていこうなんてこだわりは
なかったらしいのですが、自分がつくりたい場所を
考えていくと、今の空間になったとのこと。

つくりたい場所というのは、「サードプレイス」と
してのカフェ。

家でもなく、職場でもなく、第三の場所として、
ひらめきや元気、そしてとびきりの心地よさを
感じる場所を理想としてつくられています。

20210831190031.jpg

木の温かみが感じられる家具、
ヴィンテージの奥深さ、落ち着きを感じられる家具、
人の思考を邪魔しないシンプルな美しい家具、

という視点で探していくと、今の家具、雰囲気に。

20210831190123.jpg

特にこのお店の空間を表現しているのが、
入口でお客様をお迎えするこちらの照明。

ビルの3階にあり店内の様子が分かりにくいため、
せめて入り口にはお店を表現できるモノを置いておきたい、
と選ばれました。

アイテム一つ一つもそうですが、お店全体の空間にも
クリバヤシさんの想いがとても現れており、
本当に居心地の良いお店だな、と感じます。

「サードプレイス」としてある為に

20210831190222.jpg

第三の居場所として、人が求めるもの。

自分をとりもどす場所として、
ひらめきを得られる場所として、
ただただ心地よさを感じる場所として、

様々ありますが、「TRIBUTE COFFEE」に
来ればすべてが叶う......気がします。
(まぁ、人それぞれってところもありますので)

20210831190424.jpg

そして、こちらはコーヒーも絶品というのが
私的には大きなポイント。

第三の居場所として選ぶなら、
楽しみはあったほうが絶対に良いですから。

「サードプレイス」を探している人、
「コーヒー」に興味がある人、

ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

それでは、また。

お店の基本情報

店名TRIBUTE COFFEE
住所604-8005 京都府京都市中京区恵比須町435−2 ヒジカタビル 3階
電話番号 075-223-6565
営業時間12:00-19:00(定休日 月曜日)
URLhttps://www.tribute-coffee-kyoto.com/
みんなの保存数:35

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「話題の場所レポ」の最新記事 4件

2022年11月22日(火)
話題の場所レポ

Re:CENO流 福岡探訪記~「大人の空間。静寂を楽しむ珈琲店」編~

非日常感を味わいたいけど、落ち着いた時間も過ごしたい。そんな方にはおすすめの珈琲店です。

福岡店店長 榎本 27
2023年4月18日(火)
植物と暮らそう

【インテリアショップ店員おすすめ】東京・清澄白河のグリーンショップ 「プラントソサエティ・トーキョー」

ゴールデンウィークのお出掛けにもおすすめ。日常をより豊かにしてくれる、都内のグリーンショップをご紹介します。

店舗MG 岩田 24
2023年3月09日(木)
話題の場所レポ

Re:CENO流 福岡探訪記~「余白あるひと時を過ごす珈琲喫茶店」編~

季節はもう春。バタバタと忙しい日々だからこそ、こんな落ち着く場所が必要なんです。

福岡店店長 榎本 16

「話題の場所レポ」の人気記事 4件

2014年11月04日(火)
話題の場所レポ

飛騨高山/フィン・ユール邸に行って来ました。

株式会社キタニが、フィン・ユール財団、デンマーク大使館、東海大学などと協業し、高山にフィン・ユール邸をそっくりそのまま再現しました。

BM 山本 93
2018年11月13日(火)
話題の場所レポ

京都・紅葉の穴場スポット。八瀬「瑠璃光院」へ行ってきました。

人里離れた風情あふれる紅葉が楽しめる、京都・八瀬にある「瑠璃光院(るりこういん)」へ行きました。

元カメラマン 米本 89
2015年1月07日(水)
話題の場所レポ

「HOLIDAY HOME」に行って来ました。

『本当に泊まりたいホテル・世界の100ベストホテル』でも紹介された【HOLIDAY HOME】に行ってきました。

元二子玉川店 鈴木 71
2022年5月10日(火)
話題の場所レポ

リセノスタッフのインテリアショップ巡り〜春の福岡出張 編〜

福岡店のオープン準備のため、出張へ!はじめての街でお店巡りをしました。薬院周辺のインテリアショップをご紹介します。

カメラマン 岡 59

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』