【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

Re:CENO流 関西探訪記
~「料理と空間。味わい所だらけのカフェ」編~

こんにちは。エノモトです。

関西探訪記 第4弾!

今回の取材日は雨模様......ではなく、曇り空。
やっと雨の日の取材から解放されました。

それもこれも、今回ご紹介する「ha ra」さんのおかげかも......

と思ってしまうほど、すてきな場所であり、
ココロ満たされる場所。

料理はもちろん、
内装デザインや使われているインテリア、
置いている雑貨にまでこだわりを感じ、
店主の想いが溢れているお店をご紹介します。

まず最初にお伝えしたいのが、
今回のマガジンではこちらのお店の魅力を
半分ほどしか紹介できていません!
(伝えたいことが多過ぎて......)

私の記事は流し見程度に、まずは1度訪れてみてください。
言っていることがわかるはずです。

それでは、パパッとはじめましょう◎

関西探訪記 4店舗目「ha ra」

20210302111354.jpg

場所は京都市上京区の河原町今出川。
ちょっと西に行けば『京都御所』、
東に行けば『鴨川』と、お散歩するには最高な場所に
お店をかまえています。

2020年8月にオープンしたばかりなのですが、
すでに雑誌でも数多く紹介され、地元の方はもちろん、
遠方から「ha ra」さん目当てに来られる方も少なくありません。

20210302111455.jpg

私は今回の取材で初めてお店を訪れたのですが、
なんだか懐かしさ、安心感を感じ、
店主とは以前どこかで会ったような親近感を
覚えます......(ま、実際には本当に初対面でしたけど)。

店主の醸し出す雰囲気、店舗空間があいまってのことかと
思いますが、そこにこちらのお店の魅力を感じました。

また、今回お話を伺うことで外見的な良さだけではなく、
「ha ra」の本当の素晴らしさを知りました。 

「ha ra」に込められた想い

20210302112019.jpg

企業名、曲名、作品名、映画名、商品名など
どういったものにも名前、タイトルはついていますよね。

そして、どの名前にも必ず付けられた意味があり、
そこに考えや『想い』が詰まっているのだと思います。

「ha ra」という店名にも、もちろん店主の考え方や想いが
大いに詰まっており、

【お腹とココロも満たして、すてきな時間を感じてほしい】

という気持ちが込められているのです。

店名の意味は......?

20210302111711.jpg

店主のお名前は「原 こころ」さん。

これを聞いた方は
「あ、なるほどね。名前からとったんだ」
と思われるでしょう。

まぁ、その通りです。
その通りなのですが、それだけではありません!

20210302111905.jpg

まず、「ha ra」は店主の名字(原)とおなか(腹)を掛けています。

そして店主の名前の「こころ」にも関係があり、
前述している想いの「ココロも満たす」という部分にかかってきます。

そして、すてきな時間のためのリラックス感も「ha」と「ra」の
間にスペースを入れることで視覚的に表現しているそうです。

つまりこの「ha ra」の一文字に、店主が何をしたいのか、
お客様に何を感じてほしいのかが込められているのです。

ロゴにも意味はあるんです!

20210302112112.jpg

そして、お店にとって店名と同じぐらい大切なものは、
『ロゴ』です。

お店の外観や内装、商品や料理などをお店の『身体』とするならば、
店名やロゴは『心』を表します。

20210302113213.jpg

画像のロゴにも先ほどの店主の想いは表現されており、
これは【器に水を注いで満たされている】のを表しています。

また上部の「O」は店主の名前「KOKORO」の母音からとっており、
店主がみんなの心を満たすさまを表しているんですね。

視覚的に丸みを帯びたロゴにすることで気張りすぎないようにも
しているのか、リラックス感も感じます......◎

こういった『心』の部分を知ると、そのお店もより好きになって
楽しめますよね!

グラフィックデザイナー「しんちゃん」

こちらのロゴを考えたのは広島在住の「しんちゃん」と呼ばれている
謎のグラフィックデザイナー(ただただ私が知らないだけです......)。

想いを一つの形で表すのは本当にすごいことですよね。

お店の「身体」的部分にも魅力がいっぱい!

20210302113336.jpg

さて、内面的な部分をお話いたしましたが、
なんだかんだ言ってもやっぱりお店としてある以上、
外面的な部分も大事ですよね。

もちろん、そちらも十二分なほど
魅力が詰まっています。

内面的部分は私がしゃべりすぎたように思うので、
外面的部分は画像多めでご紹介しますね....

魅力その1 〜空間的要素〜

20210302113433.jpg

20210302113522.jpg

店内は元からあった壁を残しながらも、部分によっては
新しく塗り壁にしていることで、自然な古さと都会的なモダンさ
も感じられます。

20210302113620.jpg

20210302113659.jpg

その中に原さんチョイスの民藝的なアイテムが
散りばめられており、良いアクセントに。

20210302113747.jpg

家具のレイアウトや雑貨の配置を考えるのが大好き。
料理の工程でも盛り付けが一番好きという原さんの
センスが店内いたるところに光っています。

20210302115340.jpg

控えめに言って、『とても好き』な雰囲気。
週一で訪れたくなる、居心地の良さを感じました◎

魅力その2 〜店主 原さんの存在〜

20210302113926.jpg

外面的でもあり、内面的要素でもある店主の存在は
非常に重要ですよね。

そういった面で、「ha ra」は本当に素敵なお店と
胸を張って言えます!

20210302114016.jpg

店内のあたたかさ・落ち着き・リラックス感は
置いているアイテムが、だけではなく
原さんだからこそ作り出せている空間。

20210302114140.jpg

『すてきな時間』をみんなに感じてほしい、と
カフェをはじめられた原さんの想いを
しっかりと感じられます。

『すてきな時間』のためのお店、
『すてきな時間』のための料理、
『すてきな時間』のためのサービスは、

一度いくと必ず次も、となるはずです。

「efish」をご存知?

店主の原さんは京都のカフェブームを牽引した「efish」の元店長さん。

心配りや想いなど心の部分を引き継いで、「ha ra」をOPEN。
店内の金魚はその引き継いだ気持ちの表れだそうです!

20210302114454.jpg

すてきな時間を過ごす場所へ

20210302114239.jpg

さて、本当はもっとすてきポイントがあるのですが、
今回はあえて省きます(すみません....)。

例えば、肝心の料理!
これは私がどうこう伝えるよりも
ぜひ、みなさんに直接味わっていただきたい。

20210302114324.jpg

原さんオススメは『BLTサンドウィッチ』。
こだわりの専用鉄板でつくられたBLTは誰もが気に入る味です!
ぜひご賞味くださいね。

まだまだ、オープンしたての『ha ra』。
これからの『夢』もお話しいただき、
どんどん進化していきそうな予感がします....

みなさん、ぜひご注目くださいませ!

それでは、また。

お店の基本情報

店名ha ra
住所〒602-0841 京都府 京都市上京区 梶井町 448-62
電話番号075-285-4821
営業時間10:00~19:00(火曜日 不定期に月2回
URLhttps://www.instagram.com/ha_ra_kyoto/?hl=ja
みんなの保存数:24

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「話題の場所レポ」の最新記事 4件

2022年11月22日(火)
話題の場所レポ

Re:CENO流 福岡探訪記~「大人の空間。静寂を楽しむ珈琲店」編~

非日常感を味わいたいけど、落ち着いた時間も過ごしたい。そんな方にはおすすめの珈琲店です。

福岡店店長 榎本 27
2023年4月18日(火)
植物と暮らそう

【インテリアショップ店員おすすめ】東京・清澄白河のグリーンショップ 「プラントソサエティ・トーキョー」

ゴールデンウィークのお出掛けにもおすすめ。日常をより豊かにしてくれる、都内のグリーンショップをご紹介します。

店舗MG 岩田 24
2023年3月09日(木)
話題の場所レポ

Re:CENO流 福岡探訪記~「余白あるひと時を過ごす珈琲喫茶店」編~

季節はもう春。バタバタと忙しい日々だからこそ、こんな落ち着く場所が必要なんです。

福岡店店長 榎本 16

「話題の場所レポ」の人気記事 4件

2014年11月04日(火)
話題の場所レポ

飛騨高山/フィン・ユール邸に行って来ました。

株式会社キタニが、フィン・ユール財団、デンマーク大使館、東海大学などと協業し、高山にフィン・ユール邸をそっくりそのまま再現しました。

BM 山本 93
2018年11月13日(火)
話題の場所レポ

京都・紅葉の穴場スポット。八瀬「瑠璃光院」へ行ってきました。

人里離れた風情あふれる紅葉が楽しめる、京都・八瀬にある「瑠璃光院(るりこういん)」へ行きました。

元カメラマン 米本 89
2015年1月07日(水)
話題の場所レポ

「HOLIDAY HOME」に行って来ました。

『本当に泊まりたいホテル・世界の100ベストホテル』でも紹介された【HOLIDAY HOME】に行ってきました。

元二子玉川店 鈴木 71
2022年5月10日(火)
話題の場所レポ

リセノスタッフのインテリアショップ巡り〜春の福岡出張 編〜

福岡店のオープン準備のため、出張へ!はじめての街でお店巡りをしました。薬院周辺のインテリアショップをご紹介します。

カメラマン 岡 59

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』