【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

【書籍連動企画】
本に出てきたスタッフ宅を一挙公開!後編

こんにちは。編集部の岩部です。

ついに本日、2月24日(金)。

書籍「ナチュラルヴィンテージで作る
センスのいらないインテリア」が発売日を迎えました。

すでに予約したよ~というお声もいただき、
大変嬉しいです^^

そして書籍発売を記念した連動企画として、
一昨日、書籍に登場するスタッフの
自宅インテリアをご紹介しました。

前編は、すでにご覧いただけましたか?

【書籍連動企画】本に出てきたスタッフ宅を一挙公開!前編

書籍は、インテリアを楽しむための手順とコツを
知っていただくことができる基礎本。

スタッフ宅の写真がたっぷりと登場するのですが、
自宅ごとの特徴については、細かく触れていません。

そこで、また違う角度からも書籍を
お楽しみいただけたら...!と思い、
間取りや生活スタイル別に、スタッフ宅を
ご紹介していく企画となっております。

前編に引き続き、6名の
スタッフ宅をご紹介して参ります◎

それでは、後編スタートです!

1人目:店舗マネージャー 岩田佳奈
(ブラウン床×白壁・ベーシック)

iwata1.jpg

店舗マネージャーの岩田は、
みんなの頼れるお姉さん的な存在。

店舗マネージャーとして、東京・京都・福岡を
飛び回り、管理とサポートを務めています。

間取りは、約10.5畳のワンルーム。
ブラウンカラーの床に、白壁の賃貸です。

彼女のお家は、床やドアなど建具の色味と近しい
ブラウンカラーの家具をベースにしています。

iwata2.jpg

床や建具と色味が合っていると、
統一感が生まれやすいのがメリット。

ただ、色味を合わせる場合に
気を付けなくてはいけないのが「のっぺり感」。

どうしても近しい色味で合わせると、
メリハリが無くなってしまうんです。

岩田宅は、その点もしっかりカバー。
ラグマットを敷いて、床と家具との間に
メリハリを作っていたり。

照明はホワイトを、花瓶はブラックなど、
無彩色を挟むことでメリハリをつけています。

iwata3.jpg

ソファーやラグ、クッションなどファブリック類は、
グレーカラーやベージュカラーをベースに統一。

こちらも同系色でまとめていますが、
「のっぺり感」がないのは、
素材感のあるアイテムを選んでいるから。

書籍がお手元に届きましたら、
「セオリー20 アクセントアイテム
 織ったもの編んだもので表情を与える。」
の章をぜひ参考にしてみてください。

岩田は店舗にまつわる情報の発信から、
自宅で使ってみたアイテムのご紹介などを発信中。

素敵なお家で使っているアイテムの紹介や
お仕事のことを知れますので、
こちらもぜひチェックしてみてください。

岩田の執筆記事は、こちら

2人目:編集部 江上慈香
(ブラウン床×白壁・ベーシック)

Skype_Picture_2024_01_12T06_35_01_489Z.jpeg

今回、書籍製作にメインで携わったメンバー
の1人である、編集部の江上。

店舗の店長を経験し、今は編集部として
マガジンやSNSなどメディア関連の業務に
携わっています。

ブラウン床、白壁の賃貸に住んでいて、
間取りは、8畳のワンルーム。

コンパクトな間取りながら、圧迫感を
感じさせないお部屋づくりが魅力です。

ベースは、一番初めにご紹介した岩田宅と同じで、
建具に合わせたブラウンカラーで統一。

ただ、似たようなトーンで揃えても、
岩田宅とは違った雰囲気を感じますよね。

ポイントはファブリックのカラー。

egami2.jpg

ソファー、ラグマット、クッションカバーなど
ベージュカラーを中心に配色しています。

グレーよりも、ベージュのほうが
ブラウン色とコントラストが生まれ、
パッと明るいお部屋を作ることが出来ます。

egami3.jpg

収納には、大き目のユニットシェルフR.U.Sを
置いて収納力をカバー。

本や小物も、ディスプレイアイテムと合わせると
魅力的に仕上げています。

マガジンでは、エッセイ「まあ、いいペース」や
商品紹介記事「お家で使ってみた。」などを執筆中。

こちらもぜひ、ご覧ください。

江上の執筆記事は、こちら

3人目:制作 中原
(ブラウン床×白壁・ヴィンテージ寄り)

naka2.jpg

デザイナーからカメラマンと
色んな顔をもつ制作の中原。

3LDKのお家で、家族3人暮らしです。

趣味で始めたDIYのクオリティーはもはや
職人の域といってもおかしくないほど。

ものづくりのマガジン「好きもの工房」でご覧
いただけますので、ぜひチェックしてみてください。

そのDIYで作ったアイテム達がたくさん並べられた
お部屋は、味わい深い印象を感じます。

naka3.jpg

彼のセンスが光るお家ですが、その中にも
今回書籍でお伝えしているようなセオリーが
所々に隠されているのです。

中原宅はブラウン床に、ブラウンカラーの
家具をベースに配置しています。

そして、メインカラーとして
ベージュ、アイボリーカラーなど
明るめの色味をセレクト。

naka1.jpg

ファブリック類は明るめのカラーを選ぶことで
ちょっとした抜け感を感じるコーディネートに。

ヴィンテージなアイテムや、個性的なDIYアイテムが
際立つお部屋に仕上がっています。

以下のマガジンでは、先ほどもご紹介した
DIYのマガジン「好きもの工房」や
ヴィンテージアイテムとの出会いを綴った
「蚤の市で見つけた偏愛品」など発信中です。

中原の執筆記事は、こちら

4人目:カメラマン 辻口将
(ブラウン床×白壁・ヴィンテージ寄り)

tuzi1.jpg

お次は、カメラマンの辻口のお部屋をご紹介。

動画や商品ページなどで、よく見かける~!
という方も多いのではないでしょうか。

カメラマンならではの視点で
日常の美しさを切り取った動画は、
見ているだけで癒されます。

そんな彼はブラウン床、白壁の賃貸に住んでいて、
間取りは1LDKで、2人暮らし。

家具は、ブラウンカラーをベースとし、ソファーは
オリーブカラーのコーデュロイ生地を選ぶことで
味わいを感じるコーディネートに仕上げています。

tuzi2.jpg

古いものが好きな彼は、お部屋にヴィンテージの
小物を取り入れるのも上手。

蚤の市で出会ったものを上手くミックスしながら
ディスプレイをしています。

tuzi3.jpg

以下のマガジンでは、辻口がこれまでに出会った
ヴィンテージアイテムについて
「蚤の市で見つけた偏愛品」という記事で執筆中。

その他、自宅で使っているアイテム
などについても発信しています。

ぜひ、チェックしてみてください。

辻口の執筆記事は、こちら

5人目:カメラマン 濱田真也
(ナチュラル床×白壁・ヴィンテージ寄り)

hama1.jpg

お次は、カメラマン濱田。

YouTubeで話している「おひげの方」という
愛称でおなじみです。

最近リセノを退職し、新しい道へと進んでいますが、
今後もマガジンで記事を執筆予定なので、
みなさんお楽しみに...!

ちなみに、今回は彼の実家のお部屋が
書籍に登場しています。

ナチュラルな床に、味わいのある
ヴィンテージの家具たち。

ブラウンカラー、ナチュラルカラーを
バランス良く配分することで、まとまりのある
コーディネートに仕上がっています。

hama2.jpg

彼が幼いころから座っているという
Yチェアは、味わいのある表情です。

使い続けるほどに深みが増す家具を選ぶことで、
深みが生れ、より魅力を感じる姿になることを、
再確認できます。

hama3.jpg

どうやら、実家でも彼のこだわりは健在。

お気に入りのヴィンテージ小物を置いて
実家でもインテリアを楽しんでいるようです。

下記のマガジンからは、京都でひとり暮らしを
していた頃の記事もご覧いただけます。

当時のお家もとても素敵なので
ぜひチェックしてみてくださいね。

濱田の執筆記事は、こちら

6人目:取締役 山本由美子
(ナチュラル床×白壁・北欧ナチュラル寄り)

yama1.jpg

最後は、代表の山本夫妻宅。

商品ページへの登場率も高いので、見たことある!
という方も多いのではないでしょうか。

ナチュラルで、爽やかな空気感を感じる
コーディネートが特徴です。

「ナチュラルな床には、ナチュラルな家具を
 合わせて置いた方がいいの?」

というお声をよくいただきます。

山本夫妻の自宅では、ナチュラル床に
ブラウンの家具を配置。

見ていただくと分かる通り、
ブラウンとナチュラルで合わせても
まったく問題ありません。

yama3.jpg

ちなみに、ダイニングは
ナチュラルカラーの家具で統一。

エリアによって、
色のベースを使い分けるのもいいですね。

ナチュラルで、上品な雰囲気が漂います。

yama2.jpg

代表山本の記事は、以下からご覧いただけます。

書籍への思いも綴っておりますので
まだご覧になっていない方はぜひ。

山本の執筆記事は、こちら

スタッフのお家紹介、
いかがだったでしょうか。

saigo.jpg

今回は、前編と後編に分けて
書籍にて自宅出演したスタッフの
お部屋づくりの特徴やコツを解説してみました。

書籍に登場しているお部屋と照らし合わせながら
見ていただけると面白いかなと思います。

似たような内装や好みを見つけた!という方が
いらっしゃいましたら、
ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

他にも書籍にまつわるコンテンツを
発信しておりますので、合わせてお楽しみください。

Amazonにて、予約受付中です。
「ふつうのお家を、美しく。」の思いを、一冊の本にまとめました。
【リセノの本ができるまで。】書籍完成までの道のりをレポートします。

Styling Furniture

3人掛けソファー AGRA/NA

¥ 248,000


2人掛けソファー NOANA/BR

¥ 198,000


1人掛けソファー folk/NA

¥ 133,000


伸長式ダイニングテーブル folk/NA

¥ 128,000 ~


テーブルライト SIENI

¥ 25,800


フロアライト HEMPLEN

¥ 46,200


フロアライト GRASP

¥ 46,200


ラグマット ORINT

¥ 17,600 ~




View More
みんなの保存数:29

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「ナチュラルヴィンテージの基本」の最新記事 4件

2024年1月31日(水)
コーディネートの基本

カラーコーディネートで理想のインテリア選び

カラーコーディネートを活用して、空間全体の印象を考えながら、インテリア選びを楽しみましょう。

デザイナー 岡本 7
2023年10月23日(月)
ナチュラルヴィンテージの基本

【動画】バイヤーと巡る蚤の市|大阪 四天王寺骨董市で発掘!ナチュラルヴィンテージに合う雑貨

シリーズ第3回目は、京都を飛び出して大阪へ。歴史深い四天王寺骨董市、魅力とお宝の見つけ方をご紹介します。

リセノ制作部 5
2023年8月09日(水)
ナチュラルヴィンテージの基本

【動画】バイヤーと巡る蚤の市|古いものの魅力をたっぷりご紹介します。京都 平安蚤の市

古いものが大好きなスタッフと巡る蚤の市探訪。回り方や購入品紹介、自宅ディスプレイまでお届けします。

バイヤー 大場 5
2023年9月13日(水)
ナチュラルヴィンテージの基本

【動画】バイヤーと巡る蚤の市|京都 平安蚤の市に集うお店を、ご紹介します。

シリーズ第2回目は、岡崎公園に集まるセンスの光るお店にフォーカス。お気に入りの3店舗を、ご案内します。

リセノ制作部 1

「ナチュラルヴィンテージの基本」の人気記事 4件

2023年2月16日(木)
ナチュラルヴィンテージの基本

【書籍連動企画】「ふつうのお家を、美しく」の思いを、一冊の本にまとめました。

お部屋作りの独自理論を1冊にまとめたリセノ初の著書を発売します。

BM 山本 159
2022年1月21日(金)
ナチュラルヴィンテージの基本

【 ナチュラルヴィンテージ研究会 】vol.1リセノスタッフ4人のお部屋を公開します。

リセノで働くスタッフは、どうやってナチュラルヴィンテージを取り入れているのだろう?

編集部 江上 92
2020年8月04日(火)
ナチュラルヴィンテージの基本

ナチュラルヴィンテージなラグを選ぶ、2つのポイント

「ナチュラルヴィンテージ」スタイルのお部屋をお考えの方、必見!失敗しないラグマットの選び方をお伝えします^^

プロサポート 笠嶋 84
2020年12月04日(金)
インテリアを学ぶ

「ナチュラルヴィンテージ」テイストのお部屋作り模様替え【初級編】

すでにお住まいの方でも、「ナチュラルヴィンテージ」テイストを手軽に実現できるポイントをご紹介いたします。

バイヤー 大場 61

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』