Web Magazine

【動画】バイヤーと巡る蚤の市|
大阪 四天王寺骨董市で発掘!ナチュラルヴィンテージに合う雑貨

ナチュラルヴィンテージのコーディネートに、
ぴったりな古いもの。

趣きのある動物や、
キラキラとしたガラス素材のもの、
古びた木製家具など。

蚤の市や骨董市には、
そんな魅力のある古いものが、
たくさん並んでいます。

ナチュラルヴィンテージに合う雑貨の見つけ方

骨董市.jpg

第1回目、2回目は京都の平安蚤の市を
ご紹介いたしました。

これまでの動画はこちらから。

【動画】バイヤーと巡る蚤の市|古いものの魅力をたっぷりご紹介します。京都 平安蚤の市
【動画】バイヤーと巡る蚤の市|京都 平安蚤の市に集うお店を、ご紹介します。

3回目となる今回は大阪の四天王寺骨董市へ。
平安蚤の市とはまた違った、一癖ある骨董市です。

歴史も深く、和の食器や着物、時代背景が強いもの。

リサイクルショップにありそうな数百円のものから、
数十万もする骨董など。

とにかく多種多様なものが並びます。

今回はそんな中から、
リセノのナチュラルヴィンテージに合う、
雑貨やお店の見つけ方にフォーカスしてご紹介します。

フラワーベース発見.jpg
埋もれた中、きらりと光っていたフラワーベース。300円とお買い得品!

様々なジャンルがある中から、巡り会えた時の
お宝感や喜びはひとしお。

どんなポイントを見て商品やお店を探したら良いのか、
たっぷりと解説します。

戦利品の飾り方解説

自宅の飾り方.jpg

最後はバイヤー大場が、
お気に入りのお店で手に入れた戦利品を
自宅へ持ち帰り、飾り方を解説します。

古いものの魅力と合わせて、
ディスプレイテクニックも必見です。

ぜひ、ご覧ください^^

Styling Furniture

3人掛けソファー AGRA/NA

¥ 248,000


フロアライト HEMPLEN

¥ 46,200


テーブルライト SIENI

¥ 25,800




View More
みんなの保存数:5

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「ナチュラルヴィンテージの基本」の最新記事 4件

2024年1月31日(水)
コーディネートの基本

カラーコーディネートで理想のインテリア選び

カラーコーディネートを活用して、空間全体の印象を考えながら、インテリア選びを楽しみましょう。

デザイナー 岡本 7
2023年10月23日(月)
ナチュラルヴィンテージの基本

【動画】バイヤーと巡る蚤の市|大阪 四天王寺骨董市で発掘!ナチュラルヴィンテージに合う雑貨

シリーズ第3回目は、京都を飛び出して大阪へ。歴史深い四天王寺骨董市、魅力とお宝の見つけ方をご紹介します。

リセノ制作部 5
2023年8月09日(水)
ナチュラルヴィンテージの基本

【動画】バイヤーと巡る蚤の市|古いものの魅力をたっぷりご紹介します。京都 平安蚤の市

古いものが大好きなスタッフと巡る蚤の市探訪。回り方や購入品紹介、自宅ディスプレイまでお届けします。

バイヤー 大場 5
2023年9月13日(水)
ナチュラルヴィンテージの基本

【動画】バイヤーと巡る蚤の市|京都 平安蚤の市に集うお店を、ご紹介します。

シリーズ第2回目は、岡崎公園に集まるセンスの光るお店にフォーカス。お気に入りの3店舗を、ご案内します。

リセノ制作部 1

「ナチュラルヴィンテージの基本」の人気記事 4件

2023年2月16日(木)
ナチュラルヴィンテージの基本

【書籍連動企画】「ふつうのお家を、美しく」の思いを、一冊の本にまとめました。

お部屋作りの独自理論を1冊にまとめたリセノ初の著書を発売します。

BM 山本 158
2022年1月21日(金)
ナチュラルヴィンテージの基本

【 ナチュラルヴィンテージ研究会 】vol.1リセノスタッフ4人のお部屋を公開します。

リセノで働くスタッフは、どうやってナチュラルヴィンテージを取り入れているのだろう?

編集部 江上 92
2020年8月04日(火)
ナチュラルヴィンテージの基本

ナチュラルヴィンテージなラグを選ぶ、2つのポイント

「ナチュラルヴィンテージ」スタイルのお部屋をお考えの方、必見!失敗しないラグマットの選び方をお伝えします^^

プロサポート 笠嶋 84
2020年12月04日(金)
インテリアを学ぶ

「ナチュラルヴィンテージ」テイストのお部屋作り模様替え【初級編】

すでにお住まいの方でも、「ナチュラルヴィンテージ」テイストを手軽に実現できるポイントをご紹介いたします。

バイヤー 大場 61

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』