【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

Re:CENO流 関西探訪記
~「珈琲の物語を感じられる焙煎所」編~

こんにちは。エノモトです。

「インテリアの楽しさを、もっとたくさんの人に。」

いきなりですが、これは私たちRe:CENOのブランドコンセプト。
それも「製品にまつわるストーリー」を紐解き、
インテリアの楽しさを伝えていくことを目指しています。

そして、今回ご紹介するお店は

「珈琲のストーリーを、たくさんの人に伝えていく」

ことを信条にされているお店。

それは、珈琲の味だけを伝えるのではなく、
生産地の農家さんのことから始まり、飲み手に渡るまで
のストーリーを知って欲しいということ。

そうすることで、より珈琲の
良さ、楽しさを知り興味を持って欲しいと
考えていらっしゃいます。

業種は違えど、同じ想いを持っている今回のお店。
紹介しないはずがないじゃないですか。

よく雑誌などのメディアでも取り沙汰されて
いるので、名前を聞くと知っているという方も多い
のではと思いますが......。

他の雑誌でよく語られている事をここで
お話ししてもあまり面白くないので、
今回もお店の内側に、想いにスポットを
当ててお話しいたしますね。

それでは関西探訪記第9弾。
ぜひともご覧ください!

関西探訪記 9店舗目「珈琲焙煎所 旅の音」

20211002114123.jpg

場所は、京都市左京区の住宅街にある元美術学校を
リノベーションした「THE SITE」という複合施設内。

施設内には他にヴィンテージ雑貨のお店や、
マルシェを意識した食料品店などが入っており、
休日のちょっとしたお出かけに最適です。

街中からは少し外れていますが、散歩がてら足をのばすには
ちょうど良いところ、といった印象です。

20211002132807.jpg

20211002132942.jpg

店内は、美術学校の名残があるレトロな雰囲気。

扉や床に飛び散ったペンキはあえてそのまま残し、
建物のストーリーも感じられるようになっています。

20211002133235.jpg

また、そこで使われている家具もヴィンテージものが
多く、物語を、歴史を大事にするオーナーの人柄も
感じられるようでした。

20211002114629.jpg

そんな「珈琲焙煎所 旅の音」は
「株式会社タビノネ」が運営するお店であり、
はじまりは代表キタべさんの自宅ガレージでの
珈琲豆の焙煎から。

今では関西で4店舗運営されており、
立派な企業として珈琲のストーリーを広めています。

大量生産されたものではなく、小規模生産者が丁寧に
育てた個性溢れるスペシャリティーコーヒーを厳選して
お届け。

珈琲を届けるだけではなく、ストーリーと一緒にお届け
しているこちらのお店は果たしてどういった想いを持って
いるのでしょうか。

珈琲が綴るストーリーを知る。

20211002121654.jpg

珈琲のストーリー、とは私も連呼しましたが、
そもそも我々、消費者側からすると第一に大事なのは
おいしいかどうか。

まず一番前に出てきているそこをクリアしないと、
それ以上興味は湧かないですよね。

20211002114743.jpg

先に結論を言いますと、抜群に「美味」でした。

今回飲ませていただいた珈琲はミャンマーの
小規模生産者のものでしたが、
あんずのような甘酸っぱさの中にもまた甘みがあり、
嫌な苦味は全くありませんでした。

有名どころではない国、地域でもこんな美味しい珈琲豆
があるんだと感動させられ、また珈琲豆に、
生産地にも興味が沸いたように思います。


私が飲んだ珈琲は......

今回の取材で飲んだのは「ミャンマー ドープシュエ」。
あまりの美味しさにその場で珈琲豆を購入しました。
一般的には糖度20度のコーヒーチェリーが多いですが、
こちらは糖度30度とかなり甘さを実感できます!

珈琲ストーリー 〜繋ぎ手 お店と、働く人たち〜

20211002114829.jpg

さて珈琲のストーリーを伝える最前線、お店というのは
何よりも大切なところ。

そこでまずご紹介したいのが今回お話しさせていただいた
ストアマネージャー兼焙煎士のタカイさん。

より良い一杯のために、生産地からの味作りにも携わり、
生産者さんの顔はもちろん、想いも伝えられるように
焙煎から店舗作りから考えられております。

色んな珈琲に触れ合って、珈琲の0から10まで
見ているタカノさんだからこそ出せる味があるように
感じました。

20211002114912.jpg

そんなタカイさんにとっての珈琲とは。

それは「人とのつながり役」であるとのこと。
珈琲があるからその場が和む。気軽に話せる。
人との関係がつながっていく。

「珈琲豆の生産地から消費者までをつなぐ自分たちも、
珈琲によってつながりを生み出されているというのは
おもしろいですね。」

と語ってくださいました。

珈琲ストーリー 〜つくり手 農家の方々は〜

20211002115037.jpg

そして、珈琲の味はほぼここで決まる。
と言われている生産地について。

「珈琲焙煎所 旅の音」は
ミャンマーやベトナム、タイなどの
小規模生産者から直接買い付けています。

熱意があって風味も豊か、ただ光が当てられていない
農家はまだまだ多くある。

そういった農家に直接足を運んで良い関係を生み出し、
より丁寧に育てられた珈琲豆を厳選しているのです。

20211002121831.jpg

ブラジルなど有名産地では大型農園も多く、
大量生産が主流です。

それが悪いわけではなく、味の安定はするのかなと思ったり。

ただ、個性的な珈琲豆や農家の革新的な取り組みなど、
バリエーションが生まれやすいのはマイクロロットで
作られる小規模農園じゃないのかなとも思います。

だからこそ農家の方の顔も見えやすく、想いも伝わりやすい。

「珈琲焙煎所 旅の音」の活動に
つながっているのだと感じました。

コーヒーの全てを体感しよう。

20211002130738.jpg

珈琲のことを知りたい。
でも、まず何から知れば良いのか......

なんて考えられている方はまず
「珈琲焙煎所 旅の音」へ。

こちらでは、生産地の農家さんのことから始まり、
珈琲豆の精選のこと、焙煎のこと、風味のことなど
珈琲に関するすべてのこと、「コーヒー体験」を
味わうことができます。

20211002131920.jpg

そして、より珈琲に興味を持たれた方は、
今度はタビノネが開くコーヒースクールへぜひ
参加してください。

珈琲の楽しみ方を知り、新しい視点をもつことが
できる。

ますますコーヒー世界にのめり込むこと間違いなし
ですよ。

旅の音の想い

20211002133633.jpg


「旅の音」という名前には、多くの想いが込められて
います。

珈琲豆が生産地でどのように生まれたのか。
その農家の魅力やそこで働く人たちの熱意やすばらしさ。

遠くの国で生まれた珈琲豆と一緒にその「想い」が
旅して日本に届く。

それを届けたいというのが一つ。

そして私たちのような利用者がちょっと街中から
外れた場所にプチ旅をするように来てほしい。

旅をするようにワクワクと店舗を利用して欲しい
との「想い」もあるそうです。

20211002192020.jpg

まだまだ新しい企業であるので、
今後どうやってこの「想い」を伝えていくのか、
非常に興味がわいてきます。

個人的に、とても活動を応援したくなる。
そして、純粋にまた利用したくなる。
そう思えるお店でした。

珈琲に興味がある方は必ず行ってくださいね。

それでは、また。

お店の基本情報

店名珈琲焙煎所 旅の音
住所京都府京都市左京区田中東春菜町30-3 thesite A
電話番号075-703-0770
営業時間12:00-18:00(定休日 月曜日)
URLhttps://webshop.tabinone.net/?tid=2&mode=f2&_ga=2.146514802.750194474.1633163975-893611204.1633163975
みんなの保存数:19

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「話題の場所レポ」の最新記事 4件

2022年11月22日(火)
話題の場所レポ

Re:CENO流 福岡探訪記~「大人の空間。静寂を楽しむ珈琲店」編~

非日常感を味わいたいけど、落ち着いた時間も過ごしたい。そんな方にはおすすめの珈琲店です。

福岡店店長 榎本 27
2023年4月18日(火)
植物と暮らそう

【インテリアショップ店員おすすめ】東京・清澄白河のグリーンショップ 「プラントソサエティ・トーキョー」

ゴールデンウィークのお出掛けにもおすすめ。日常をより豊かにしてくれる、都内のグリーンショップをご紹介します。

店舗MG 岩田 24
2023年3月09日(木)
話題の場所レポ

Re:CENO流 福岡探訪記~「余白あるひと時を過ごす珈琲喫茶店」編~

季節はもう春。バタバタと忙しい日々だからこそ、こんな落ち着く場所が必要なんです。

福岡店店長 榎本 16

「話題の場所レポ」の人気記事 4件

2014年11月04日(火)
話題の場所レポ

飛騨高山/フィン・ユール邸に行って来ました。

株式会社キタニが、フィン・ユール財団、デンマーク大使館、東海大学などと協業し、高山にフィン・ユール邸をそっくりそのまま再現しました。

BM 山本 93
2018年11月13日(火)
話題の場所レポ

京都・紅葉の穴場スポット。八瀬「瑠璃光院」へ行ってきました。

人里離れた風情あふれる紅葉が楽しめる、京都・八瀬にある「瑠璃光院(るりこういん)」へ行きました。

元カメラマン 米本 89
2015年1月07日(水)
話題の場所レポ

「HOLIDAY HOME」に行って来ました。

『本当に泊まりたいホテル・世界の100ベストホテル』でも紹介された【HOLIDAY HOME】に行ってきました。

元二子玉川店 鈴木 71
2022年5月10日(火)
話題の場所レポ

リセノスタッフのインテリアショップ巡り〜春の福岡出張 編〜

福岡店のオープン準備のため、出張へ!はじめての街でお店巡りをしました。薬院周辺のインテリアショップをご紹介します。

カメラマン 岡 59

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』