Web Magazine

アメリカに行って来ました。(マンハッタン編_最終話)

バイヤー 中村

こんにちは。ナカムラです。

今回は、アメリカ ポートランドとニューヨークの
旅のレポートの最終話です。

10日間の旅も残り3日。

今日は、最後の滞在先であるマンハッタンに
移動します。

それでは、スタート!

念願のAce Hotel New Yorkに滞在!

ブルックリンから、地下鉄で約15分。
次の滞在先の最寄り駅である28th Street駅
到着しました。

ここは、エンパイア・ステートビルや、
タイムズ・スクエアなどがあるミッドタウン。

Wythe Hotelから見た美しい高層ビルの夜景が、
この場所です。

20150213133234.jpg

ポートランドとブルックリンで、
しばらくのんびり過ごしていたので、
人混みに圧倒されます^^

車もバンバン走っています。

20150213133315.jpg

朝からしとしとと雨が降り、風が強くて
とても寒い!
京都の冬も寒いですが、ニューヨークは格別。
冷たくて、凍えます。

大きなスーツケースを抱えたままでは、
身動きが取りづらいので、まずはホテルに。

今回宿泊するホテルは、
「Ace Hotel New York
(エース ホテル ニューヨーク)」。

20150213140115.jpg

ポートランドでも滞在した同じAce Hotelですが、
「その土地+エースらしさ」追求して作られて
いるため、場所によって雰囲気が違うんです。

その違いを味わいたくて、今回の旅で2箇所の
Ace Hotelに滞在することにしました。

Ace Hotel Portlandは、こちらの記事

ポートランドのAceは、気取らず居心地が良い
ホテルでしたが、ニューヨークはどうなのか
楽しみです^^

Ace Hotelとは・・・

1999年にアレックス・カルダーウッド氏が
出身地である
シアトルにオープン。

アレックス氏の自由な発想が、高級ホテルとは
違う独創的な世界観を生み出し、
アメリカだけ
でなく、世界中から注目されるようになる。

その後、2007年 ポートランド
2009年 パームスプリングスとニューヨーク
2013年 パナマ、ロンドン
2014年 ロサンゼルスにオープン
現在、ピッツバーグとニューヨークに建設中

以下、CasaBRUTUSのインタビュー引用

「名前の由来?
トランプのエースだよ。
エースは一番弱いカードだけど、一番強くも
なれるだろう?

ハイクラスからもロークラスからも、
アップタウンからも、ダウンダウンからも
両方からアクセスできる場所が作りたかった」

2013年11月 アレックス氏が47歳で逝去

ホテルに入ってすぐ右側がフロント。
薄暗い空間に、力強くサインが照らされていて、
なんだか、わくわくしてきます。

フロントの両脇で、Aceのグッズがたくさん
販売されています。

品数が少なかったポートランドに比べて、
Tシャツとトートバッグを始め、アクセサリー、
アウター、ステーショナリーと豊富。

日本語を話せるスタッフさんがいてくれたので、
スムーズに
チェックインが完了。
さあ、中に進んでいきます。

20150213133821.jpg

この建物は、1920年代に建てられたブレスリン
ホテルを
リノベーションしたものです

Ace Hotelは、いつも古い建物を採用していますが、
その土地の要素を取り入れたいからだとか。

そして、文化や時代に合わせて変化できるように、
できるだけ余分なものを排除し、真っさらに
戻すそうです。

その空間に、アレックス氏やデザイナー、地元の
クリエイターのアイデアを加えていくんですね。

吹き抜けで、とても広いロビー。
太い柱と照明がいい感じ。

真ん中に掛けられたシンボル的な米国旗は、
アレックス氏がフリーマーケットで見つけたもの。

写真ではわかりづらいですが、超巨大!

お昼はコーヒーを飲んだり、インターネットを
したりと、くつろいでいる方が多かったのですが、
夜は座るところがないくらい賑わい、
活気がありました。

毎晩、ライブやイベントが行われています。

ホテルができる前、この辺りは問屋街に囲まれた
お土産街で、ひっそりしていたそう。

ニューヨークが大好きだったアレックス氏が
「何もない場所を、人が集まってくる場所にしたい」
という思いを込めてオープンしたそうですが、
その思惑どおりになっています。

20150213134046.jpg

さて、エレベーターで部屋に向かいます。

20150213142033.jpg

20150213142058.jpg

私が宿泊する部屋は、6Fにある600号室。

エレベーターを降りると目の前に、
でーんと大きなフロアガイド。

20150213142115.jpg

20150213142137.jpg

そして、今回泊まる部屋も2段ベッドのお部屋。

20150213142219.jpg

「せ、せまい。」

さすが、マンハッタンのホテル。
スペースに余裕がありません^^

20150213142236.jpg

ベッド奥の壁は、一面が英字新聞でcool!

20150213142301.jpg

いちいちかっこいいものが置かれています。

20150213142320.jpg

20150213142336.jpg

アメニティグッズは、アレックス氏が手がけた
ブランド
「Rudy's Barbershop」(ルディーズ・
バーバーショップ)のもの。

うれしい。

20150213142350.jpg

20150213143628.jpg

高くはなりますが、広くて、さらにインテリアが
楽しめるお部屋もあります。

頑張って、次は泊まってみたいな。

マンハッタンで人気のコーヒーショップ「Birch」で朝食

翌朝、Ace Hotelから5分程歩いたところにある
カフェ「Birch(バーチ)」に行きました。

20150213143703.jpg

おいしそうなスコーンやクロワッサン、
サンドウィッチやグラノーラが並んでいます。

コーヒー+パン好きなので、毎日朝食が楽しみ♪

私は、ラテとドーナツをチョイス。

20150213143725.jpg

20150213143804.jpg

「yuーmiー」

コーヒーができると、大きい声で名前を
呼んでくれます。

カップには「Hello,my name is yumi」。

今回の旅で飲んだコーヒーの中で、一番酸味が
強い気がします。

酸味にすっかり慣れ、とても美味しい。
ドーナツは、ふわっふわで軽くて、ペロリ。

インテリアは、無骨でメンズライクでした。

20150213143820.jpg

20150213143838.jpg

20150213143746.jpg

20150213143856.jpg

ニューヨーク近代美術館「MoMA」に出発♪

コーヒーを飲みながら、まったりしていたいところ
ですが、
次の目的場所である
ニューヨーク近代美術館
(The Museum of Modern Art, New York)」
に向かいます。

ニューヨーク近代美術館とは・・・

アメリカ ニューヨーク市にある、
近現代美術専門の美術館。

1929年に開館。

The Museum of Modern Art, New Yorkの
頭文字をとって、MoMA(モマ)呼ばれている。

印象派から現代アート、建築デザインや写真
などが展示され、近代・現代美術をいろいろな
角度から楽しめる美術館。

デザインや、ポスター、写真、映画など
美術館の収蔵とみなされていなかったものを
収蔵品に加えたり、
企画展・上映などを活発に
行うなど、
世界のグラフィック研究において
ゆるぎない地位になっている。

所蔵作品は約15万点。

2004年の増築の際、葛西臨海公園展望広場
レストハウス等もデザインした日本人建築家
谷口吉生氏の設計案を採用。

今日は土曜日。
混雑すると聞いていたので、急ぎます。

20150213144053.jpg

オープンの20分前に到着。

あっ!
特設展にHenri Matisse(アンリ・マティス)が。
楽しみ楽しみ♪

20150213144109.jpg

しかしすでに遅く、外まで行列が出来ていました。
さすが人気です。

チケット購入の列はスムーズに進み、
30分程で購入。

入場制限していたため、特設のHenri Matisse展
13時からのチケットを受け取りました

ということで、時間まで近くを観光。

20150213143929.jpg

とりあえず、ロックフェラーセンターへ。

毎年、巨大クリスマスツリーの点灯式が世界中で
放映される場所です。

毎年11月末から12月初旬に点灯式があり、
通常翌年の1月中旬までツリーが楽しめます。

今は、そのツリーはないのが残念。

20150213144012.jpg

20150216031209.jpg

ロックフェラーセンターの核ともいえるのが、
この高層のGEビル。

真正面にアイススケートリンクがあり、
よくメディアでも登場している場所です。

20150216031812.jpg

20150213144029.jpg

金色に輝くプロメテウスの像も記念撮影。
ハイポーズ!

20150216031432.jpg

そうこうしていると時間になり、無事、
Henri Matisse展に見てきました。

絵画の数が多く、マティスが製作している映像や、
この特設展のために修復した大きな絵画もあり、
とっても面白かったです!

常設展も見応えがありすぎて、やはり時間が
足りませんでした。
絶対、また行こう。

20150213145437.jpg

大迫力!オフブロードウェイ「STOMP」鑑賞

夜は、オフブロードウェイ「STOMP(ストンプ)」
に行ってきました。

20150213145736.jpg

ブロードウェイでミュージカルもいいですが、
今回は気軽に行けるオフブロードウェイに。

オフブロードウェイとは、ブロードウェイが
座席500
以上なのに対し、499席から100席の
小規模な劇場のものをいいます

私が選んだ「STOMP」は、体とほうき、ゴミ箱、
新聞等など身の回りにある
日常雑貨を楽器にして、
ダンスしながら音を奏でる
ショー。

ニューヨークでロングランになっている人気の
オフブロードウェイです。

なにしろ、言葉がわからなくても大丈夫!

迫力のあるダンスと音楽のパフォーマンスなので、
語が苦手でも一緒に楽しめます!
とっても面白かったです。

20150213145753.jpg

20150213145811.jpg

ちなみに、当日、ディスカウントチケットを
取り扱う「TKTS」で買ったので、定価の約半額で
買えました。

チケット売り場の窓口前にある電光掲示版に、
その日割引チケットがある演目が表示されています。

当日、見たい演目が売っていない場合があるので、
演目が決まっていない方にはおすすめです。

最後に

これで、アメリカ ポートランドとニューヨークの
10日間の旅のレポートは終了です。

6回の連載でお届けしましたが、
いかがでしたでしょうか。

トレンドの街として注目されている2都市。

まさに、今、日本で話題になっているものを
たくさん見てきました。

古い建物をリノベーションした暮らし
ヴィンテージテイストのショップ
ドリップで丁寧にいれるコーヒーショップ
オーガニックフードが揃うファーマーズマーケット
作り手にこだわるクラフトビールやクラフトフード
DIYショップ
自転車とアウトドア

などなど。

インテリアのトレンドも、数年前までは明るく
女性らしい北欧テイストがブームでしたが、
まさにここ数年、アメリカ西海岸や東海岸の
メンズライクなヴィンテージテイストのものが
注目されています。

また、以前は汚く大変なものと敬遠されていた
リノベーションやDIYも、オリジナリティがあり、
おしゃれで楽しいものとして、人気が高まって
います。

これからリセノでも、メンズライクなアイテムや、
DIYで使えるアイテム、素材にこだわったアイテム
などを増やしていく予定です。

楽しみにしていてくださいね。

最後までお付き合いいただきまして、
ありがとうございました。

Ace Hotel New York Web Site
http://www.acehotel.com/newyork/

Birch coffe Web Site
http://www.birchcoffee.com/

ニューヨーク近代美術館(MoMA)
http://www.moma.org/

STOMP
http://www.stomponline.com/

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:3

リセノ式 センスのいらないインテリア

  • センスのいらないリビングのルール(10)
  • センスのいらないダイニングのルール(10)
  • センスのいらない寝室のルール(6)
  • センスのいらない照明のルール(3)
  • センスのいらないコーディネートのルール(9)
  • センスのいらないインテリアの基礎知識(1)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(11)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(35)
  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(74)
  • ディスプレイの基本(22)
  • お手入れの基本(46)
  • コツとノウハウ(97)
  • リビングの基本(16)
  • ダイニングの基本(20)
  • 収納の基本(23)
  • 寝室の基本(31)
  • キッチンの基本(4)
  • 書斎の基本(9)
  • 照明の基本(24)
  • カーテンの基本(9)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(49)
  • Let's DIY!(137)
  • 植物と暮らそう(46)
  • 話題の場所レポ(42)
  • 本と音楽と映画(12)
  • おすすめカフェ(27)
  • 日々のできごと(30)

リセノのこと

  • 僕と私の愛用品(73)
  • 蚤の市で見つけた偏愛品(2)
  • Re:CENO Vlog(30)
  • Re:CENO product(76)
  • Buyer's Voice(16)
  • 製品ストーリー(45)
  • 商品紹介(44)
  • リセノ ランチ部(100)
  • お仕事レポート(53)
  • お店だより(97)
  • お知らせ(35)

特集

  • AGRAソファのこと(14)
  • センスのいらないインテリア(30)
  • コーディネートレッスン(32)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(6)
  • オリジナル家具の企画経緯(27)

メンバー


話題の場所レポの人気記事5件

2018年11月13日(火)
話題の場所レポ

京都・紅葉の穴場スポット。八瀬「瑠璃光院」へ行ってきました。

人里離れた風情あふれる紅葉が楽しめる、京都・八瀬にある「瑠璃光院(るりこういん)」へ行きました。

元カメラマン 米本 88
2014年11月04日(火)
話題の場所レポ

飛騨高山/フィン・ユール邸に行って来ました。

株式会社キタニが、フィン・ユール財団、デンマーク大使館、東海大学などと協業し、高山にフィン・ユール邸をそっくりそのまま再現しました。

BM 山本 74
2015年1月07日(水)
話題の場所レポ

「HOLIDAY HOME」に行って来ました。

『本当に泊まりたいホテル・世界の100ベストホテル』でも紹介された【HOLIDAY HOME】に行ってきました。

元東京店 鈴木 69
2022年5月10日(火)
話題の場所レポ

リセノスタッフのインテリアショップ巡り〜春の福岡出張 編〜

福岡店のオープン準備のため、出張へ!はじめての街でお店巡りをしました。薬院周辺のインテリアショップをご紹介します。

カメラマン 岡 47
2021年11月30日(火)
話題の場所レポ

Re:CENO流 関西探訪記~「インテリアの楽しさを伝える場所」編~

「Re:CENO KYOTO」で働く私たちの素顔、この場を借りてお話しいたします。

福岡店店長 榎本 46

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないリビングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「リビングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないダイニングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「ダイニングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない寝室のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「寝室の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない照明のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「照明の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないコーディネートのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「コーディネートの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないインテリアの基礎知識

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現するために必要な「インテリアの基礎知識」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(11)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(35)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 収納の基本

    選び方やお手入れ方法など、収納家具に関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 書斎の基本

    選び方やお手入れ方法など、書斎に関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(49)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(137)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(46)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 話題の場所レポ(42)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(12)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(27)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • 日々のできごと(30)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • 僕と私の愛用品(73)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 蚤の市で見つけた偏愛品(2)

    全国各地で定期的に開かれている「蚤の市」にいざ出発! そこで見つけて、ゲットしたかわいいアイテム「偏愛品」を、偏愛とともに語ります。

  • Re:CENO Vlog(30)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • Re:CENO product(78)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(16)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(45)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • 商品紹介(44)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • リセノ ランチ部(100)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • お仕事レポート(53)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お店だより(97)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • お知らせ(35)

    リセノからのお知らせです。