Web Magazine

ソファーダイニングは、WIRYとculumどちらがいい?2シリーズの違いをご紹介します。

今回のテーマは、「ソファーダイニング」です。

ソファーダイニングの魅力は、リラックスして
食事できたり、ソファーとダイニングを1箇所に集約して、省スペースにできること。

リセノでは、WIRYculum の2シリーズの
ソファーダイニングを販売しており、
お客様がどちらにするか、迷われることもしばしば。

そこで今回のマガジンでは、WIRY と culum を
サイズ、素材、座り心地の3つの観点から、2シリーズの違いをご紹介します。
※ LDダイニング3点セットで比較します。

ソファーダイニングをご検討の方は、
どちらがご自宅に合うか、ぜひ参考にしてください。

「サイズ」を比較してみよう。

20230228200043.jpg
左: WIRY / 右:culum 

まずはダイニングテーブルのサイズを、比較しましょう。

  • WIRY : 幅 115cm × 奥行 80cm × 高さ 68cm
  • culum: 幅 130cm × 奥行 80cm × 高さ 68cm

2つのテーブルを比較すると、culum の方が幅15cm広い仕様です。

20230228200504.jpg
リビングダイニング3点セット WIRY/BR

20230228200614.jpg
ダイニングソファーセット culum/NA

ダイニングスペースをよりコンパクトにしたい場合は
WIRYが、少しゆとりをもって食事したいときは、culumが適しています。

ダイニングの広さや、使用人数に応じて、
WIRY、culum のどちらが適しているかを、判断しましょう。

20230228201430.jpg
上:WIRY / 下:culum

また、2人掛けソファーのサイズを比較すると...

  • WIRY : 幅 130cm × 奥行 58cm × 高さ69cm
  • culum: 幅 130cm × 奥行 65cm × 高さ72cm

と、culumの方が奥行7cm深い仕様です。

20230228202207.jpg

WIRYはソファーとしては奥行が浅く、
チェアに座るように、姿勢が後退しにくい仕様です。

料理・お皿を取る動作がスムーズになるので、
食事がしやすいと感じていただけると思います。

20230228202431.jpg

culum は、WIRYより7cm奥行が深いため、
ソファーであぐらをかいたり、寝転んだりできます。

食事の後に、姿勢を崩して過ごしたい方には、
culumが適していると思います。

「素材」を比較してみよう。

20230303181408.jpg

次に「素材」の違いを、比較しましょう。

素材の違いが表れるのは、脚部です。

20230301120230.jpg

WIRYの脚部に採用されている素材は、アイアンです。

アイアンの特徴は、木材より強度が高いため
WIRYのように、細い脚部に仕上げることが可能。

20230301120425.jpg

ダイニングの脚が細いと、脚元がすっきしりた印象に
なり、開放感ある空間に仕上がります。

またフレームが細いため、ソファーに座った際テーブル下が広く感じます。

他のソファーダイニングと比較して、
足を組んだり、ソファーに座る ⇔ 立つ の動作がスムーズになります。

20230301120639.jpg

culum は木製の脚を採用。

シャープな印象のアイアンと比較して、
木製の脚は、暖かみのある印象に仕上がります。

またアイアンより太いため、天板と脚部の接合面が
広くなりその結果、揺れに対して強くなります。

ダイニングで食事以外に、仕事・勉強をされる方には
揺れに強い、木製脚のculumをお勧めいたします。

ソファーダイニングのテーブルは、一般的なダイニングと比較して、脚が内側に位置しています。
そのため、少し揺れやすい特性があります。

「座り心地」を比較してみよう。

20230301122136.jpg

最後にソファーの座り心地を、比較しましょう。

20230301122606.jpg

WIRYは、姿勢が安定し食事しやすいよう、
リビングで使用する一般的なソファーより、少し固めの座面にしています。

座面は硬い仕様ですが、座面の表面を丸くソフトに仕上げています。

太もも、お尻が痛くなりにくいので、長時間座っても
疲れないことが、WIRYの魅力です。

20230301122939.jpg

culumは、WIRYより若干硬い座り心地です。

あぐらをかいたり、寝転んだり様々な姿勢で
過ごせるので、culumの魅力。

どんな姿勢でも安定するように、
WIRYより少し硬めの仕様にしています。

20230301202930.jpg
へたりにくく耐久性の高いモールドウレタンを使用

ちなみにculumは、長年使用できるよう
モールドウレタンという、へたりにくいウレタンを採用しています。

14年間使用する想定の試験を実施したところ、
わずか5mmしか、たわみが発生しませんでした。

耐久性の高いソファーダイニングをお求めの方には、
culumが特に適しているかと思います。

「culum dining sofa/table」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

デザイン以外の違いを把握して、自分にあったソファーダイニングを選ぼう。

20230301193852.jpg

20230301193955.jpg

ソファーダイニング WIRY と culum は、
今回ご紹介したように、デザイン以外にも異なる点がいくつかあります。

サイズ、素材、座り心地の特徴をまとめると、
WIRYはこのような方にお勧めです。

  • ダイニングのスペースを、コンパクトに収めたい方
  • 大柄な男性の方や、テーブル下の閉塞感が気になる方
  • リラックスしながらも、ルーズになりすぎないスタイルをお求めの方

同様にculumは、このような方にお勧めです。

  • 広めのソファーダイニングをお求めの方
  • 食事後もダイニングで、ゆっくりと過ごしたい方
  • 耐久性の高いソファーダイニングをご希望の方

デザイン以外の特徴を把握しておくと、
購入後に自分には合わなかった...というミスマッチが、起こりにくくなります。

ソファーダイニングをご検討の方は、
今回ご紹介した特性を踏まえて、どちらにするか
ご判断いただければと思います。

Styling Furniture

リビングダイニングテーブル WIRY/BR

¥89,800 ¥ 62,860


2人掛けソファー WIRY

¥ 94,800


ダイニングソファーセット culum/NA

¥ 289,400


ダイニングテーブル culum/NA

¥ 79,800


2人掛けダイニングソファー culum/NA

¥ 99,800




View More
みんなの保存数:13

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「ダイニングの基本」の最新記事 4件

2024年1月15日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】名作アーコールチェアと合わせたい「伸長式ダイニングテーブル folk」

伸長式ダイニングテーブル folkの魅力とは? 異なるヴィンテージチェアとの合わせ方のコツもご紹介します。

編集部 江本 8
2023年11月08日(水)
ダイニングの基本

ダイニングソファーを「ベンチスタイル」にする魅力とは?

1つあるだけでいろんな役割を果たすベンチ。その魅力とは?

福岡店 濱田 5
2023年12月12日(火)
ダイニングの基本

ダイニングテーブルの適切なサイズとは? 基礎知識に沿って解説します。

暮らしにあったダイニングテーブルを選ぶための3つのポイントをご紹介します。

二子玉川店 加藤 3
2023年12月20日(水)
ダイニングの基本

オーダーダイニングのカスタムポイントと、選び方のコツをご紹介

オーダーで、自宅にぴったりなダイニングテーブルを空間を作りましょう。

二子玉川店 近藤 1

「ダイニングの基本」の人気記事 4件

2019年8月27日(火)
ダイニングの基本

円形ダイニングを選ぶ前に知っておきたい!適切なサイズを選ぶ、2つのポイントとは?

○人で使っても狭くない?必要なスペースはどのくらい?など、円形ダイニングにまつわる疑問を解消します!

お客様係 山崎 1051
2018年1月09日(火)
リビングの基本

家具の配置で、居心地の良さが変わる!リビング・ダイニングのレイアウトの基本をご紹介します。

リビング・ダイニングの配置の基本を知って、家族みんなが暮らしやすい空間を作りましょう!

お客様係 山崎 887
2015年7月01日(水)
インテリアを学ぶ

もう失敗しない!ダイニングテーブルの正しい選び方

今回のマガジンは、ダイニングテーブルのサイズ選びについて。「どのサイズを買ったらいいの?」の疑問にお答えします!

品質管理 遠藤 803
2015年9月07日(月)
ダイニングの基本

板目?柾目?節あり?家具選びは<木目>にも注目しよう!

プロが家具を選んだり、デザインをする際に、気を付けるポイント。それが、今回ご紹介する<木目(もくめ)>です。

BM 山本 195

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』