【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

【わたしの愛用品】ダイニングチェアに黒がおすすめな理由。
モダンデザインから感じる名作椅子のエッセンス

こんにちは。
カメラマンの辻口です。

先日、開発中のサンプルを見たときからずっと
気になっていた、リセノの「folk round arm」を
自宅に迎え入れました。

北欧の名作チェア」のようなエッセンスが
感じられるモダンなデザインと、
ブラックカラーという遊び心。

心惹かれた理由や、実際の暮らしで使う中で
感じたことについて、お話したいと思います。

NIK_3687.jpg

飽きのこない「北欧モダン」なデザイン。
小さな積み重ねのモノづくり

NIK_3692.jpg

folk round arm(以下、folkチェア)は、
背もたれと肘掛けが半円状に一体化した
「ラウンドアーム」と、ペーパーコードの
座面を持つシンプルな造形のチェア。

会社の休憩室で、最初にこのチェアの
開発サンプルを見た時に「ちょっと、
北欧の名作っぽいな」と感じたのを覚えています。

「名作家具」というのは、歴史の中で永く人々に
愛され続け、今に至るまで暮らしの中で使われ
続けてきたファニチャーの総称です。

名作と呼ばれる家具の条件を挙げるとすれば、
「トレンドに左右されないデザインであること」
「質実剛健であること」「使い心地が良いこと」
といったところでしょうか。

folkチェアのデザインから開発までを担当した
リセノスタッフから制作にまつわる
お話を聞いた時、このチェアに名作の
エッセンスを感じた理由を理解しました。

NIK_3689.jpg

例えば、このチェアの象徴であるハーフアーム。
1つの木材を、木工技術の「曲げ木」で
加工した部材で作られているそうです。

そうすることで、複数の木材を使う
「接ぎ木」のものよりも耐久性があがるんだとか。

永く使える椅子にするための
工夫なのだと教えていただきました。

NIK_3699.jpg

また、このチェアのもう一つのアイコンである
「ペーパーコード」で編まれた座面。

ペーパーコードというのは、撚った紙を樹脂で
コーティングしたもので、耐用年数は10年〜15年と
いわれており、新たに張り替えることもできます。

柔軟性があるので、使っていくたびに
座る人の体に合わせて座り心地よく変化していくそう。
長い暮らしの中で育っていく、そんな素材だそうです。

NIK_3688.jpg

他にも、ほどよい丸みを持たせた「貫き」や
脚部の細かいデザインのこだわり、数値を厳密に
計測してテカリを抑えた塗装。
開発者だけが知っている、制作の裏側。

そうした、一つ取ってみると些細に思えるような
たくさんの小さな工夫が、このチェアを
形作っているのだと知りました。

「曲げ木だから」「ペーパーコードだから」といった
表面的なことではなく「永い暮らしの中で、より良い
存在であってほしい」という開発スタッフの心遣いに、
僕は「名作」の匂いを嗅いだのだと思います。

チェアに「黒」という選択肢。
思いの外、馴染みます。

NIK_3696.jpg

僕がこのチェアに興味を惹かれた
もう一つの理由は「ブラックカラー」が
ラインナップされていたことです。

リセノではウッドカラーを基調としたものが
ほとんどだったので、「冒険」のつもりで
あまり見慣れない黒の椅子を選びました。

自宅に置いてみて感じたのは、拍子抜けするほど
「しっくり部屋に馴染む」ということです。

理由は、いくつかあると思います。

先ほどもお話したとおり、元々が奇をてらわない
シンプルな造形であること。自然素材である
ペーパーコードが程よくミックスされていること。

NIK_3691.jpg

もっと基本的なところでは、黒は無彩色・収縮色で、
ファッションにおいても万能カラーであるという
ことにふと思い当たりました。

自宅にfolkチェアを迎え入れたことで覆った、
「家具における
ブラックは、クセの強いカラー」
という先入観。

黒のチェアに同じような印象を
持っている方がいたら「黒、けっこういいですよ」
と教えてあげたいです。

ハーフアームとペーパーコード。
「寛容」な座り心地です。

NIK_3731.jpg

さて、ここまで見た目のお話をしてきましたが、
実際の座り心地はどうでしょうか。

デザインの特徴にもなっているハーフアーム。
肘掛けとしての使い方がまず連想されると
思うのですが、僕の場合は「懐の広い背もたれ」
として重宝しています。

folkチェアに座ってくつろいでいると、
いつのまにか斜めを向いたりして、自分が
自由に姿勢を崩しているのに気が付きます。

NIK_3728.jpg

ハーフアームがぐるりと半円を描いているので、
まっすぐ座っていなくても、背もたれが
良い感じに背中を迎えてくれるんですよね。

「行儀が悪くて嫌だなぁ」と自分でも思うのですが、
家に遊びにきた友人が、folkチェアで同じように
姿勢を崩しているのを見て「あぁ、これは椅子が
そうさせているんだ」と、思わず笑ってしまいました。

NIK_3792.jpg

ペーパーコードの座り心地が気になっている方も
いると思うのですが、簡単にいうと「板座の
チェアと、クッションのチェアとの中間」と
いったところでしょうか。

NIK_3769.jpg

僕はどちらのチェアも家で使っているのですが、
板座のチェアは頑丈な反面、チェアパッドが
欲しくなるような、硬めの座り心地が気になります。

クッション張りのチェアは長時間座っていられる
快適さがある反面、最近は中材の「ヘタリ」が
気になってきているところです。

ペーパーコードは、座り心地も丈夫さも、
やはりちょうどその中間くらいなんですよね。

チェアに何を求めるかは人それぞれだと
思うのですが、ペーパーコードがどちらにも
劣るもではないということだけ、お伝えして
おきたいなと思います。

NIK_3787.jpg

家具選びから見えてくる、
「好き」と「暮らし」

NIK_3713.jpg

folkチェアに心惹かれた理由と実際の使い心地、
いかがでしたでしょうか。

僕は椅子が好きで、1つ選ぶのにも
つい色々と考え込んでしまうのですが、
それはとても楽しい時間でもあります。

家具を選ぶということは、自分の「好き」や「生活」
を見つめて、より良く暮らすことについて考える
貴重な機会だと思っています。

ちょっと大げさかもしれませんが、そんな視点で
家具を選んでみるのも面白いかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Styling Furniture

アートフレーム Oak round frame

¥ 27,800 ~


アートポスターOne Way

¥ 15,800 ~



Styling Goods

ダイニングチェア folk round arm

¥ 49,800



View More
みんなの保存数:24

愛用品特集

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「僕と私の愛用品」の最新記事 4件

2024年4月15日(月)
僕と私の愛用品

【お部屋作りのアイデア帖】子どもと暮らす18畳LDKを、理想の空間にするコツ3選

子どもと暮らしながら理想のお部屋にするために、大切にしていることについて。

福岡店店長 榎本 7
2024年4月11日(木)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】7歳の娘が愛用している「木製ベッドfolk」の魅力

子供から大人まで。飽きずに長く使える「木製ベッドfolk」の魅力をご紹介します。

制作部 中原 4
2024年4月22日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】1人時間をより優雅に。日本の名作家具「Nychair X」がある贅沢な暮らし

快適さ・自由度を兼ね備えた、手が届きやすい名作チェア「Nychair X ロッキングチェア」をご紹介します。

商品部 関 3
2024年4月18日(木)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】1K8畳の自宅に「folk Jr.ソファー」を選んだ理由

念願のソファー生活スタート。選んだのは、コンパクトなお部屋にぴったりな「folk Jr.ソファー」です。

福岡店 立脇 2

「僕と私の愛用品」の人気記事 4件

2021年4月06日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】念願のAGRAソファーをお迎え。リアルな使い心地をご紹介します!

AGRAソファーを購入してから、ゴロゴロとくつろぐ時間が至福のひととき。使ってみた感想を詳しくレポートしました^^

元編集部 岩部 131
2021年5月18日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】一緒に年を重ねたい円形ダイニングテーブル。リアルな使い心地をご紹介します◎

2人暮らしに取り入れた伸長式のダイニングテーブル。サイズを変化させながら、大切に使い続けたいアイテムです。

元編集部 岩部 102
2020年10月13日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】リモートワークの相棒。カフェテーブル WIRYの魅力をお伝えいたします。 

カフェテーブルは、デスクにぴったり?実際に使ってみて、感じた魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 101
2022年3月07日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】ユニットシェルフR.U.S一緒に過ごして見つけた使い方のアイデア

「ユニットシェルフR.U.S」が叶えてくれた、心地よい暮らしのアイデア

人事部 相馬 78

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』