Web Magazine

【わたしの愛用品】アンティーク感あふれる、
多用途な「フラワースタンド」

こんにちは。
カメラマンの中原です。

広く、明るく、開放感のある家にしたくて、
リビングは余裕のある空間に設計しました。

その分、家具と家具との距離が遠く、
なんだかポツポツとした配置に...。

テーブルはテーブル、チェアはチェア、
それぞれ独立した存在になっていました。

01.jpg

お部屋が広く使えているので、
それはそれで嫌いではありません。

見た目のバランスの問題だけではなく、
チェアでくつろいでいるときに
「手元のものをちょっと置ける場所があれば...」
なんて思うことも、しばしば。

センターテーブルだと高さも合わず、
距離もあってあまりしっくり来ないので、
チェアでくつろぐ時間に満足がいかず、
結局あまり座っていませんでした。

02.jpg

一見、小さな変化に見えますが、
フラワースタンドを導入したことで、
見た目が整うだけではなく、
リビングで過ごす時間も思った以上に
快適になりました。

今回は、そんなフラワースタンドを
実際に使って感じたことや、
魅力を紐解いていこうと思います。

チェア横に置いて、
快適なくつろぎ時間を。

03.jpg

我が家にはソファーがないので、
一番のくつろぎ場所は、
こちらのニーチェアXです。

しかし、ドリンクやちょっとした
お菓子などを置く場所がなく、
あまりくつろげていませんでした。

サイドテーブルがあれば...とも思っていましたが、
ゆっくり過ごす習慣自体が
あまりないというのもあって、
出番が少ないのにテーブルを置いておくのも
もったいない、という思いがありました。

04.jpg

そんな中、フラワースタンドを導入したことで、
チェアで過ごす時間が驚くほど快適に!

05.jpg

「サイドテーブルは不要」と思っていたのに、
どうしてこのフラワースタンドを
導入することにしたのか。

名前の通り、お花を飾ったり
ディスプレイするのが
一番映えるアイテムだなと思います。

しかし、高さや天板の広さ的には、
サイドテーブルとしても最適です。

普段はディスプレイ棚として使って、
必要な時にはサイドテーブルとしても
使うことができる。

そういう使い方ができるなら、
サイドテーブルをためらっていた
我が家の暮らしにフィットすると思い、
導入を決めました。

古いものが多い我が家にピッタリ。
多用途で長く使えます。

06.jpg

数あるスタンドの中から、
こちらのフラワースタンドを選んだのには、
大きく2つの理由があります。

  1. アンティークのようなデザイン
  2. 幅広い用途で使える将来性

①アンティークのようなデザイン

07.jpg

我が家には、たくさんのヴィンテージ家具や
雑貨があります。

ですので、新しい家具を置くと
浮いてしまうという問題があり、
欲しくても買えないという悩みも...。

家具を購入するポイントとして、
この部分を一番重要視しています。

天板や支柱、脚部まで、
まるでアンティークのような佇まい。

他の家具と並べても、
まったく違和感なく馴染んでいます。

08.jpg

お部屋の雰囲気ともしっかりと
マッチしてくれていますので、
選んで本当によかったと思っています。

②幅広い用途で使える将来性

09.jpg

サイドテーブルやディスプレイ棚だけでなく、
使える場所は様々。

例えば、玄関の鏡の前に設置して、
ちょっとした小物置き場に。

10.jpg

リップやハンドクリーム、時計など、
おでかけ直前に使ったり身につけるアイテムを
入れておくと、とても便利です。

その他には、ベッドサイドで
ナイトテーブルとしての使い方も
良いかと思います。

幅広く使うことができるので、
永く愛用できそうだったのも、
大きな決め手となりました。

実際に使って感じた魅力を
ご紹介します。

ここからは、実際に使っていて
気付いた点をご紹介します。

①ディスプレイスペースが引き立つ

11.jpg

今はお部屋の隅で、
植物置き場として使用しています。

シンプルな植物とフラワーベースなので、
上部だけ見るとやや物足りない印象。

しかし、フラワースタンドがあることで、
一角が華やかになりました。

フラワースタンド自体が
ディスプレイアイテムの一部としての
存在感がありますので、
どんな場所でも素敵に彩ってくれます。

②最低限の広さで、動線を妨げない大きさ

12.jpg

天板のサイズは直径33cm。

ドリンクとちょっとしたお菓子を
置くのにちょうど良いサイズ感。

チェアでくつろげつつ、
動線の妨げにならない
コンパクトな大きさです。

たくさん物を置くのには適していませんが、
省スペースで使えるのは、
リビングを広く使いたい
我が家にはぴったりでした。

③軽いから移動が非常にラク

13.jpg

そして、移動させるのに
ストレスを感じない軽さ。

重量は約1170gしかないので、
子供でも片手で簡単に
持ち上げられるほど軽量です。

軽くて脚部が華奢なので、
不安定さがやや心配ではありますが、
たくさん物を置ける訳ではないので、
あまり気にしなくてもよいかと思います。

今までの暮らしが、
ワンランク豊かに。

14.jpg

前述のとおり、ニーチェアXという
とてもリラックスできるチェアが
あるにも関わらず、性格上なかなか
ゆっくりしないという日々...。

しかし、フラワースタンドをお迎えしてからは、
のんびりと過ごすことの良さが
ようやくがわかりました。

おかげで、暮らしがワンランク豊かに
なったと感じています。

夏になったらテラスに持ち出して、
ビールでも飲みながら
日向ぼっこでもしようかなと。

とりあえず持っておけば、
絶対使える場所がある。

そんな万能なフラワースタンドです。

それではまた次回。

Styling Furniture

ロッキングチェア Nychair X

¥ 55,000


フラワースタンド NEIN MARKE

¥ 6,930 ~


クッションカバー linoo End

¥ 10,120


こたつテーブル FAM/NA 円形 直径110cmタイプ

¥ 86,800




View More
みんなの保存数:7

愛用品特集

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「僕と私の愛用品」の最新記事 4件

2024年3月21日(木)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】私がリセノを好きになったきっかけ。「1人掛けソファー folk」のリアルレビュー

窮屈だった1人暮らしを、豊かにしてくれたソファー。2人暮らしになっても愛用している理由を、ご紹介します。

カメラマン 岡 4
2024年3月25日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】生活空間を彩る、ちょい足しに。「フラワースタンド」がおすすめの理由

玄関やリビングなど、フラワースタンドを活用した「シーン別コーディネート」を解説します。

編集部 江本 3
2024年3月18日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】「羽毛布団 スタンダードタイプ」で快適な睡眠時間を手に入れました。

季節の変わり目に見直したい寝具周り。愛用して感じた魅力をご紹介します。

京都店店長 中野 2

「僕と私の愛用品」の人気記事 4件

2021年4月06日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】念願のAGRAソファーをお迎え。リアルな使い心地をご紹介します!

AGRAソファーを購入してから、ゴロゴロとくつろぐ時間が至福のひととき。使ってみた感想を詳しくレポートしました^^

元編集部 岩部 131
2021年5月18日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】一緒に年を重ねたい円形ダイニングテーブル。リアルな使い心地をご紹介します◎

2人暮らしに取り入れた伸長式のダイニングテーブル。サイズを変化させながら、大切に使い続けたいアイテムです。

元編集部 岩部 102
2020年10月13日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】リモートワークの相棒。カフェテーブル WIRYの魅力をお伝えいたします。 

カフェテーブルは、デスクにぴったり?実際に使ってみて、感じた魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 101
2022年3月07日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】ユニットシェルフR.U.S一緒に過ごして見つけた使い方のアイデア

「ユニットシェルフR.U.S」が叶えてくれた、心地よい暮らしのアイデア

人事部 相馬 78

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』