【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

【わたしの愛用品】薄掛けこたつ布団「Twill」を使ってみて、
感じたリアルな使い心地

こんにちは。編集部の江本です。

肌寒くなってくるこの季節、
恋しくなるのが「こたつ」の存在...。

私は、実家でも毎年必ず出しているので
「こたつがないと、冬がはじまらない!」
と思うほどのこたつユーザーです。笑

そんな私が今年お迎えしたのは、
薄掛けこたつ布団「Twill(トゥワイル)」。

こたつ布団Twillの使用イメージ.jpg

「こたつ布団が薄いと、寒くないの?」

と、正直不安な部分もあったのですが
いざ使ってみると、いい意味で期待を裏切られました。

そこで今回は、Twillを選んだ理由や
実際に使ってみたリアルな声をお届けします。

お部屋に合うこたつに、なかなか出会えなかった。

DSC03789.jpg
賃貸の頃から使っていたこたつ布団
元々使っていたのが、
テラコッタ×ベージュのリバーシブルのこたつ布団。

使い心地もよく、気に入っていました。

しかし、引っ越しの際に家具を買い替えたことで
お部屋のトーンやテイストと合わなくなり、
なんかしっくりこない、と悩んでいました。

そこで、出会ったのが「Twill」でした。

新しいこたつ布団に、Twillを選んだ理由

DSC03687.jpg

私が、こたつ布団選びで探していた条件は、

  • シンプルだけど、デザインにひとくせ欲しい。
  • こたつ布団の存在感は、できる限りなくしたい。
  • 1日中でも入っていたくなる、心地よさは欲しい!

こたつが大好きで、機能性もおしゃれさも欲しい。

そんな、欲張りな私がなぜ「Twill」を選んだのか。
決め手となったのは、この3つのポイントでした。

① デザイン性:ナチュラルヴィンテージに合うヘリンボーン柄
② インテリア性:薄掛けで、お部屋の圧迫感がない。
③ 機能性:起毛処理で、薄がけでも温かい。

ひとつずつ、お伝えします。

① デザイン性:ナチュラルヴィンテージに合うヘリンボーン柄

DSC03809-2.jpg

1つ目の理由が、デザイン性です。

Twillは、ツイードのような質感の生地に、
さりげないヘリンボーン柄があしらわれていて、
シンプルながらも、どこか目を惹くデザイン。

遠目ではシンプルに見えますが、
細かいディティールに個性を感じられ、
ナチュラルヴィンテージなお部屋にも馴染みそう。

そんなデザイン性に、惹かれました。

「ヘリンボーン」とは、
山型と谷型の模様が連続する
パターンの柄のことを言います。

ニシン(herring)を開いた時の骨(bone)の形に
似ていることから名付けられたのだとか。

② インテリア性:薄掛けで、お部屋の圧迫感がない。

DSC03719.jpg

2つ目の理由は、圧迫感のないインテリア性。

リビングやお部屋の中心にこたつを置く、
という方が多いかと思います。

私もリビングの真ん中にレイアウトしているのですが、
そうすると気になるのが「お部屋の圧迫感」。

一般的なこたつ布団は、
割と厚めの生地で、ふっくらと膨れてしまいます。

お部屋の中でも存在感が出てしまい、
野暮ったい見た目になるのが悩みでした。

その点、薄掛けタイプのTwillは、
すっきりとした印象で主張が強すぎません。

お部屋のインテリアを邪魔しないところも、
いいなと感じました。

③ 機能性:起毛処理で、薄がけでも温かい。

こたつ布団の裏が起毛で温かい.jpg

薄掛けタイプだと心配になるのが、温かさ。

こたつ布団の裏地部分には、
「サンゴマイヤー」と呼ばれる
起毛処理が施されています。

ボアやフリースのような優しい肌触りで、
薄い生地でもとにかく温かいのが特徴的。

ヒーター×起毛素材で、
じんわり、包み込まれるような心地よさです。

ボアに比べると毛玉になりにくい素材で、
静電気が起きにくいというメリットもあります。

Twillを実際に使ってみて感じたこと。

こたつとソファーを配置したお部屋のイメージjpg

こたつは、体をあたためることが目的なので、
デザイン性だけでなく、機能性も気になるところ。

「薄掛けなのに、本当に温かいの?」
「お部屋に置いてみた印象は?」
「使ってみて気づいたことは?」

よかった点と気になった点を、お伝えしていきます。

薄掛けなのに、想像以上に温かい。

薄がけこたつ布団に入って携帯を見ている女性.jpg

1番気になっていたのが、温かさのところ。

元々のこたつ布団が厚めの生地だったので、
はじめての薄掛けタイプに不安はありました。

「起毛処理とはいえ、どこまで温かいのか」

いざ、こたつに入ってみると...
期待を超える温かさに、驚きました。

ヒーターをつける前に入ってみたのですが、
「あれ?ヒーターをつけていたっけ?」
と感じるほど、温かいのです。

生地が薄いからこそ体にフィットしやすく、
温かい空気を逃さないからなのかなと。

気になった点でいいますと、
お住まいの地域やお部屋の気温によっては
温かさが足りないかも...? と思います。

私は大阪に住んでいるので、
そんなに寒い地域ではなく、雪もあまり降りません。

また、わが家はリビングダイニングで約16畳で、
暖房も併用することを考えると、温かさは充分です。

雪がたくさん降るような寒い地域の方や、
広い間取りで暖房をつけない方など、
こたつ周りの空間が冷えて寒すぎるという方は、
厚手のこたつ布団の方がよいかもしれません。

薄掛けでも温かいといっても、
厚手の温もりには少し劣る部分もあるので、
その点を検討していただければと思います。

狭いスペースでも、圧迫を感じない。

DSC03637-2.jpg

わが家は、リビングダイニングが長方形の間取り。

幅はそこまで広くなく、ソファーもあるので
こたつも置くとなるとスペースは狭めです。

こたつ布団のサイズも考えると、
ラグと同様にお部屋の占める割合が大きく、
圧迫感が気になるところ。

Twillのいいところは、
生地が薄い分、すっきりとした印象。

実際にこたつ布団を置いてみても、
インテリアの邪魔をせず、圧迫も感じませんでした。

ゆとりのあるサイズ感で、ソファーとも併用できる。


DSC03703.jpg

もしかしたら私だけなのかもしれませんが...。

床ではなく、ソファーに座りながらこたつに入る
というスタイルも多いわが家。

本来の使い方ではないのかもしれませんが、
床よりもリラックスできるので、
「ソファーに座りながら、こたつに入る」
というのをしてしまいます。

そこで問題なのが、こたつ布団のサイズ感。

ソファーは、床よりも高さがある分、
こたつ布団の長さがないと体に掛けられなくて...。


DSC03798.jpg
こたつ布団「Twill」:190cm×230cm
こたつテーブル:幅90cm×奥行き50cm

わが家は、小さめテーブルというのもありますが、
こたつの裾がゆとりを持って広がるので
複ソファーと併用しても余裕のサイズ感です。

ソファーと併用する際のデメリットとして、
温かい空気が多少逃げてしまうこと。

Twillは、薄掛けで体やソファーにもフィットするので
温かさを逃しにくいという点もよかったです。

おしゃれさと、機能性を両立したこたつ布団です。

DSC03781.jpg
こたつでアイスやおやつを食べるのも、ひそかな楽しみ。

ブラウンカラーのインテリアが多く、
ナチュラルさよりもヴィンテージ感を強めたくて
カラーはブラックを選択しました。

黒が加わったことで、空間が引き締まり、
お部屋の印象も変わったような気がします。

北欧テイストやナチュラルなお部屋には、
グレーカラーもおすすめです◎

「こたつを置きたいけど、見た目で悩んでいる」
という方のお役に立てれば幸いです。

寒い冬の時期に、こたつでじんわり...。

体の内側から温められるのは、
こたつならではの魅力だなと思います。

デザイン性で懸念される方も多いかもしれませんが、
この機会にこたつユーザーさんが増えてくれると、
嬉しいなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは、また。

Styling Furniture

薄掛けこたつ布団 Twill 四角形タイプ

¥ 12,800 ~


3人掛けソファー folk/BR

¥ 228,000


TVボード LINE 幅180cmタイプ

¥ 79,800




View More
みんなの保存数:6

愛用品特集

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「僕と私の愛用品」の最新記事 4件

2024年4月04日(木)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】寝具カバーに敷きパッドをプラスして、さらに心地よい寝室づくりを。

ベッドの寝心地に悩まれている方へ。敷きパッドを取り入れるメリットと、愛用中の敷きパッドについてご紹介します。

制作部 木下 6
2024年4月15日(月)
僕と私の愛用品

【お部屋作りのアイデア帖】子どもと暮らす18畳LDKを、理想の空間にするコツ3選

子どもと暮らしながら理想のお部屋にするために、大切にしていることについて。

福岡店店長 榎本 5
2024年4月11日(木)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】7歳の娘が愛用している「木製ベッドfolk」の魅力

子供から大人まで。飽きずに長く使える「木製ベッドfolk」の魅力をご紹介します。

制作部 中原 4
2024年4月08日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】Tivoli を愛用して10年。憧れの「Music System BT」を新調しました。

長く愛用してきた「Tivoli」。思い切って、新たな1台を迎えました。

お客様係 山崎 4

「僕と私の愛用品」の人気記事 4件

2021年4月06日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】念願のAGRAソファーをお迎え。リアルな使い心地をご紹介します!

AGRAソファーを購入してから、ゴロゴロとくつろぐ時間が至福のひととき。使ってみた感想を詳しくレポートしました^^

元編集部 岩部 131
2021年5月18日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】一緒に年を重ねたい円形ダイニングテーブル。リアルな使い心地をご紹介します◎

2人暮らしに取り入れた伸長式のダイニングテーブル。サイズを変化させながら、大切に使い続けたいアイテムです。

元編集部 岩部 102
2020年10月13日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】リモートワークの相棒。カフェテーブル WIRYの魅力をお伝えいたします。 

カフェテーブルは、デスクにぴったり?実際に使ってみて、感じた魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 101
2022年3月07日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】ユニットシェルフR.U.S一緒に過ごして見つけた使い方のアイデア

「ユニットシェルフR.U.S」が叶えてくれた、心地よい暮らしのアイデア

人事部 相馬 78

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』