【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

Re:CENO流 福岡探訪記
~「暮らしに潤いを。植物と器のお店」編~

こんにちは。榎本です。

みなさま、インテリアを楽しんでいますでしょうか?

自分の暮らしと直結する「住まい」。

住まいを楽しむことは暮らしを楽しむこと、
ひいては生きることを楽しむことに繋がるのだな、
と常々実感している私です。

そんな住まいを、簡単に彩ってくれるのが植物。

見て楽しい、育てて楽しいと、
我が家でもいくつか取り入れています。

今回ご紹介するお店は、
そんな暮らしを楽しくしてくれる
緑と器の専門店。

あまり見かけない植物に、それを受け止める器。

ひとつお部屋に取り入れるだけで、
空間も、暮らしも彩られること
間違いなしです。

それでは、福岡探訪記第3弾。
今回もどうぞお付き合いください。

福岡探訪記 3店舗目「火星人」

20220804114435.jpg

福岡市中央区にあります「浜の町公園」のすぐ隣、
風通しよし、光加減よしな場所に
お店を構えています。

活き活きとした植物たちが並び、
外から見るだけでもワクワクする店構えです。

20220804105805.jpg

元々は姉妹店「AURA」というアパレルにて
取り扱っていた植物たち。

それが、代表カンスイさんの好きが高じて、
そしてこの建物との出会いもあり、植物専門店
としてスタートしました。

2021年6月にオープンしたばかりと、
まだ1年すこしの新しいお店。

私が先駆けてこんな素敵なお店を紹介できると
思うと、ますます取材に熱が入りました。

「ひらめきと、うるおい」をコンセプトに。

20220804105925.jpg

お店やブランドの方向性や考え方を示すコンセプト。

「火星人」のコンセプトはわかりやすく、
とても共感できるものでした。

20220804110111.jpg

「ひらめき」は、新しい発見=喜び。
「うるおい」は、暮らしの豊かさを表しています。

つまり、

「植物を通して新しい発見があり、それが
暮らしの豊かさや喜びに繋がってほしい。」

そのきっかけがお店でみつかれば、とのことでした。

たしかに、植物があることで日々発見があり、
喜びがあるなと、とても共感できます。

さて、そんなコンセプトのこちら、
実際にどんなお店なのか見ていきましょう。

「火星人」の魅力にせまる。

20220804114536.jpg

店内には、一点一点かたちが違う植物が
所狭しと並んでいます。

こだわりある植物に、器。

それらはもちろん魅力的ですが、
それ以外にも注目ポイントがあるんです。

次項より紐解いていきましょう。

ヒトに注目 ~植物に寄り添う店長 フナキさん~

20220804110601.jpg

毎度のことながら、お店を語る上で外せないのが、
そこで働く人について。

今回取材させていただいた店長のフナキさんは、
お父様が植物好きで、小さな頃から植物が身近な存在
であったそうです。

植物との向き合い方も自然で、お店の植物が
活き活きとしているのも納得できました。

20220804112216.jpg

「植物は心地よいもの」だとフナキさん。

だからこそ、暮らしに潤い・豊かさを
与えてくれるとのこと。

植物を選ぶ際には、「心地よさ」を感じるかどうか
を意識してみても良いかもしれませんね。

モノに注目 ~表情豊かな植物が活きるお店~

20220804114254.jpg

店内での主役は植物。

その主役が輝くために店内のベースカラーは白色と、
シンプルなつくりにしました。

緑と白色のコントラストは、植物が
より活き活きと感じられるようになっています。

20220804110946.jpg

そして、什器にもこだわりが。

植物の大きさに合わせて棚板の高さを
変えられる可変式の壁面棚。

棚や棚受けの部分は、植物の有機的な要素とあわせ、
荒々しさの残る素材で作っています。

そうすることで空間に統一感ができ、
「火星人」の世界観も生まれているのです。

20220804111201.jpg

おもしろい樹形で、あまり他では見ない植物を
セレクトしているのも楽しいところ。

そして、器との組み合わせも見どころです。

器によって植物の表情も変わり、見え方も変わる。
植物が活き活きと見えるのも、素敵な器効果なのかも
しれませんね。

20220804111043.jpg

「火星人」オリジナルの器も質感がおもしろく、
想像ふくらむアイテムが多くありました。

日常に寄り添う植物を探しに行こう。

20220804111300.jpg

「植物を育てることは、自分を育てることと同じよう
に感じます。」

とは、フナキさんのお言葉。

ただ住まいが華やかになる、アクセントになるという
だけではなく、自分も成長させてくれるモノ。

そういった面では、本当の意味で日常に
寄り添ってくれているんだなと、
今回の取材を通して感じました。

20220804114341.jpg

少し変わっていて、特徴ある植物をお探しの方。
器からこだわりたい方。

そして、植物を通して「ひらめきと、うるおい」を
感じたい方はぜひ、「火星人」を
訪れてみてくださいね。

それでは、また。

お店の基本情報

店名火星人
住所〒810-0073
福岡市中央区舞鶴3-6-7 法務会館1-103
(浜の町公園前)
電話番号080-7150-4787
営業時間

12時00分~18時00分
店休日:水曜日

URLhttps://www.instagram.com/kaseijin_aura/
みんなの保存数:27

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「話題の場所レポ」の最新記事 4件

2022年11月22日(火)
話題の場所レポ

Re:CENO流 福岡探訪記~「大人の空間。静寂を楽しむ珈琲店」編~

非日常感を味わいたいけど、落ち着いた時間も過ごしたい。そんな方にはおすすめの珈琲店です。

福岡店店長 榎本 27
2023年4月18日(火)
植物と暮らそう

【インテリアショップ店員おすすめ】東京・清澄白河のグリーンショップ 「プラントソサエティ・トーキョー」

ゴールデンウィークのお出掛けにもおすすめ。日常をより豊かにしてくれる、都内のグリーンショップをご紹介します。

店舗MG 岩田 24
2023年3月09日(木)
話題の場所レポ

Re:CENO流 福岡探訪記~「余白あるひと時を過ごす珈琲喫茶店」編~

季節はもう春。バタバタと忙しい日々だからこそ、こんな落ち着く場所が必要なんです。

福岡店店長 榎本 16

「話題の場所レポ」の人気記事 4件

2014年11月04日(火)
話題の場所レポ

飛騨高山/フィン・ユール邸に行って来ました。

株式会社キタニが、フィン・ユール財団、デンマーク大使館、東海大学などと協業し、高山にフィン・ユール邸をそっくりそのまま再現しました。

BM 山本 93
2018年11月13日(火)
話題の場所レポ

京都・紅葉の穴場スポット。八瀬「瑠璃光院」へ行ってきました。

人里離れた風情あふれる紅葉が楽しめる、京都・八瀬にある「瑠璃光院(るりこういん)」へ行きました。

元カメラマン 米本 89
2015年1月07日(水)
話題の場所レポ

「HOLIDAY HOME」に行って来ました。

『本当に泊まりたいホテル・世界の100ベストホテル』でも紹介された【HOLIDAY HOME】に行ってきました。

元二子玉川店 鈴木 71
2022年5月10日(火)
話題の場所レポ

リセノスタッフのインテリアショップ巡り〜春の福岡出張 編〜

福岡店のオープン準備のため、出張へ!はじめての街でお店巡りをしました。薬院周辺のインテリアショップをご紹介します。

カメラマン 岡 59

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』