【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

Re:CENO流 福岡探訪記
~「心地よい風を感じるコーヒーショップ」編~

こんにちは。エノモトです。

福岡は本格的な夏を迎え、
セミの声が盛んに聞こえています。

そんな夏には、やっぱりビール!

よりもアイスコーヒー派な私ですが、
またまたおすすめのコーヒーショップ
を見つけてきました。

娘を保育園に送る途中の道にあり、
ずっと気になっていたお店。

いつも店内はたくさんのお客様で
溢れており、愛されているお店なのだと
一目でわかりました。

1人の「お客様」としてはじめてお店を
訪れた際に、愛されている理由もすぐに判明。

それは、「人」の良さ。

もちろんそれだけではないのですが、
詳しくは本文にてお話ししましょう。

それでは、
福岡探訪記第2弾。

ご覧いただけますと嬉しいです。

福岡探訪記 2店舗目「NIYOL COFFEE」

20220702102557.jpg

場所は福岡市の祖原。
西新商店街という大きな商店街の近くにあります。

事前に知らなければ見逃してしまうような
隠れ家的なコーヒーショップですが、
この時期は入り口を囲うブーゲンビリアが目印に。

鮮やかな赤が遠くからでも目をひきます。

20220702130301.jpg

店内はこじんまりとしているので、
人と人との距離は近くなる。

それでも不思議と緊張せず、リラックスできるのは
店主の持つ雰囲気のおかげでしょう。

空間が小さくなればなるほど、
そこにいる「人」の要素は大きくなる。

だからこそ、お店の魅力が
伝わりやすくなっているようにも感じました。

たくさんの魅力と、すこしの不思議が詰まったお店

20220702130345.jpg

そんな「NIYOL COFFEE」ですが、
小さな店内には多くの要素が詰まっています。

それは、
店主自身の魅力であったり、
お店に対する熱い想いであったり、
お店のインテリアや空間の素敵さであったり......。

色々な要素、魅力があるのですが、
それに「不思議さ」も引っ付いているような、
そんなお店でもありました。

今回はそんな「不思議さ」にもスポットをあてて、
お店を紐解いていこうと思います。

不思議な魅力その① ~ 名前の由来 ~

20220702130450.jpg

みなさんも気になっていたのではないでしょうか。

「名は体を表す」とは言いますが、店名の意味が
いまいちピンとこないですよね?

20220702103359.jpg

「NIYOL(ニヨル)」とは、ネイティブ・アメリカン
のナバホ族が使う言葉。

「風」を意味しているとのことです。

「優しい風に吹かれているような、
気持ちが良いコーヒー屋にしたい。」

という想いで名づけられました。

小さい店内でも緊張せず、リラックスできるのは
実際に、その風が吹いているからなのでしょう。

ちなみに......。

ロゴは店主自身がデザインしたマーク。

「NIYOL」の文字を組み合わせており、
地上絵のような怪しさを出したかったらしいです。

遊び心があって、愛着がもてますね。

不思議な魅力その② ~ 店主オチさんの想い ~

20220702103552.jpg

優しい風=店主オチさん。

といっても過言ではないほど、安心する人柄。

取材を行った少しの時間でも、
何よりも人との関係性を大事にされているのが
伝わってくる方でした。

20220702104230.jpg

そんなオチさんの人生のテーマは

「出会って、対面した人を喜ばせてなんぼ。」

そして、テーマのための舞台がこのコーヒーショップ
になっているとのことです。

コーヒーのおすすめはしたくない。

大事なのはお客様が「良い時間」を
すごせるかどうか。

「そこに店主のこだわりなんてものは必要ではなく、
コーヒーへのこだわり・探求心は
自分自身の内側に秘めている。
コーヒーはテーマ達成のためのツールの一つ。」

と語るオチさん。

コーヒーをうりにしているお店が、
コーヒーに重きをおいていないというのも
不思議ではありましたが、その真意を聞いて納得。

優先すべきこと、大事にしていることは何なのか
が伝わってきました。

不思議な魅力その③ ~ 色んな要素をミックスした店内 ~

20220702104826.jpg

お店としてある以上、
空間としてどうかというのも気になる所。

ベースはコンクリート床に塗り壁と、無機質。
そこに温かみのある木製什器が馴染んでいます。

20220702115045.jpg

20220702115135.jpg

20220702115353.jpg

そして、オチさんの好きなアイテムを集めた店内は、
フランスのもの、メキシカンなもの、西海岸に、
オセアニアのものと多国籍です。

でも、不思議と統一感がある。
その統一感が大事なんだと思います。

20220702130849.jpg

オチさんに「芯」があるからこそ、統一感が出る。
そして、お店に人となりが出てくる。

人となりが出ているからこそ、多くの人が集まる
場所になっているのだろうと感じました。

心地よい風で、気持ちをリセットできる場所

20220702111235.jpg

私は取材の後、プライベートでも
お邪魔しましたが、本当に常連の方が多く、
みんなに愛されているのが感じられました。

また「NIYOL COFFEE」さんを出る時には
なんだかすっきりしたような清々しさも。

それは、オチさんと話してなのか、ゆっくり落ち着け
たからなのか、美味しいコーヒーのおかげなのか、
さだかではありませんが、気持ちはリセットされた
気がします。

20220702111134.jpg

自家焙煎コーヒーのこと、プリンのこと、
幻の水出しコーヒーのこと......。

伝えたいことはまだまだあります。

ただ、全部語りすぎると全く収まりきらないので、
興味がある方は、ぜひ実際にお店を訪れてくださいね。

それでは、また。

店名NIYOL COFFEE
住所〒814-0005 福岡県福岡市早良区祖原14−21
電話番号なし
営業時間

11時00分~18時00分
店休日:木曜日

URLhttps://www.instagram.com/niyolcoffee/
みんなの保存数:31

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「話題の場所レポ」の最新記事 4件

2022年11月22日(火)
話題の場所レポ

Re:CENO流 福岡探訪記~「大人の空間。静寂を楽しむ珈琲店」編~

非日常感を味わいたいけど、落ち着いた時間も過ごしたい。そんな方にはおすすめの珈琲店です。

福岡店店長 榎本 27
2023年4月18日(火)
植物と暮らそう

【インテリアショップ店員おすすめ】東京・清澄白河のグリーンショップ 「プラントソサエティ・トーキョー」

ゴールデンウィークのお出掛けにもおすすめ。日常をより豊かにしてくれる、都内のグリーンショップをご紹介します。

店舗MG 岩田 24
2023年3月09日(木)
話題の場所レポ

Re:CENO流 福岡探訪記~「余白あるひと時を過ごす珈琲喫茶店」編~

季節はもう春。バタバタと忙しい日々だからこそ、こんな落ち着く場所が必要なんです。

福岡店店長 榎本 16

「話題の場所レポ」の人気記事 4件

2014年11月04日(火)
話題の場所レポ

飛騨高山/フィン・ユール邸に行って来ました。

株式会社キタニが、フィン・ユール財団、デンマーク大使館、東海大学などと協業し、高山にフィン・ユール邸をそっくりそのまま再現しました。

BM 山本 93
2018年11月13日(火)
話題の場所レポ

京都・紅葉の穴場スポット。八瀬「瑠璃光院」へ行ってきました。

人里離れた風情あふれる紅葉が楽しめる、京都・八瀬にある「瑠璃光院(るりこういん)」へ行きました。

元カメラマン 米本 89
2015年1月07日(水)
話題の場所レポ

「HOLIDAY HOME」に行って来ました。

『本当に泊まりたいホテル・世界の100ベストホテル』でも紹介された【HOLIDAY HOME】に行ってきました。

元二子玉川店 鈴木 71
2022年5月10日(火)
話題の場所レポ

リセノスタッフのインテリアショップ巡り〜春の福岡出張 編〜

福岡店のオープン準備のため、出張へ!はじめての街でお店巡りをしました。薬院周辺のインテリアショップをご紹介します。

カメラマン 岡 59

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』