Re:CENOインテリア
合計¥20,000以上の購入で送料無料
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


09
Dec
2014
話題の場所レポ

アメリカに行って来ました。(ポートランド編_Vol.2)


Web Magazine
バイヤー 中村

こんにちは。ナカムラです。

今回は前回お届けしましたアメリカ・ポートランド
旅行の続きをレポートしていきます。

20141209072602.jpg

「Ace Hotel Portland」に泊まってきました!

夜の8時頃、念願のAce Hotel Portland
(エースホテル ポートランド)
に到着しました!

外観は、一見、普通の建物。

20141208042051.jpg

ホテルの中に一歩踏み入れると、大きな柱と、
シックなタイルが目に飛び込んできました。

20141208042342.jpg

このホテルは、90年前に建てられたホテルを
リノベーションしたそうです。

エントランスの内装は、古い洋館で使われていた
太い柱と、古い日本家屋でもよく見られるような
キッチンタイルみたい。

重厚感と、年季を感じます。

20141208071748.jpg

お花が散りばめられているようなタイル。
かわいい

20141208071806.jpg

エントランスのすぐその横には、
大きなソファーが置かれたロビー。

ポートランドのアイコン的な場所として、
数多くの雑誌で紹介されている場所です!

20141208042739.jpg

古い重厚な建物に、カジュアルな雰囲気の家具と
植物を合わせています。

アンバランスな組み合わせなのに、まとまっていて
とってもかっこいいです。
落ち着いた雰囲気にラフさもあり、くつろげそう。
後で、座りに来よーっと!

インテリアコーディネートされているアイテムは、
ヴィンテージテイストのものが多く、いい感じ。

20141208112156.jpg

20141208101015.jpg

今、日本でもヴィンテージテイストのインテリア
が流行していますが、まさにこういったテイスト
です。

20141208101143.jpg

ソファーは、大胆にコの字型に置かれていて、
みんな自由にくつろいでいます。

20141208043011.jpg

ちなみにお昼はこんな感じ。
人がわさわさと集まっています。

20141208043101.jpg

Ace Hotelと言えば、たくさんの人が集うホテル
として知られていますが、この居心地の良い空間
演出が、人を惹きつけているんですね。

私も宿泊している間、このソファーで、
コーヒーを飲んだり、次の行き先を調べたり。
自然と利用していました^^

さて、チェックインを終え、
いよいよ今晩泊まる部屋に向かいます。

20141208043747.jpg

階段を1つ上がった中2階。
ここにも、共有スペースがありました。

20141208043846.jpg

ここでも、何人かがくつろいでいます。
カメラを向けたら笑顔で手を振ってくれました^^
前の人は、隠れてます(笑)

20141208043902.jpg

ちなみに、ここのお昼は、こんな感じ。

20141208043916.jpg

Free Wi-Fiが繋がっているので、パソコンを
持った人が、たくさん利用していました。

さて、中2階を後にして、2階へ向かいましょう。

20141208044037.jpg

階段途中では、工場で見るような力強いサインで
お部屋に誘導してくれます。

20141208044056.jpg

20141208044113.jpg

派手な装飾品はなく、とってもすっきりしています。

20141208044215.jpg

そして、今晩宿泊する 212号室に着きました。

STANDARD DOUBLEという、2人1室で使う
お部屋です。

20141208044230.jpg

いざ、OPEN!

20141208044315.jpg

ドアを開けると、部屋にはダブルベッド2台と
小さい机がありました

おぉー。なかなか質素(笑)
良い意味で、質素(笑)

でも、全体的にアースカラーでまとめられていて、
落ち着いた雰囲気です。
嫌いじゃないよー。
いや、むしろ、好きだよー。


アースカラーとは

大地のような褐色、草木の緑色、空・海の青色
など、地球の自然が持つ色合いのことです。

ベージュやカーキなどを含む茶色系の色が中心。

ベッドに掛けられているこのブランケットは、
地元メーカー「PENDLETON(ペンドルトン)」
のものです。

20141208044334.jpg

PENDLETONと言えば、日本では大胆な色彩や柄の
商品をよく見かけますが、Ace Hotel Portlandの
オリジナルは落ち着いたデザイン。

ホテルの雰囲気に合っていて、これも素敵。
うーん。欲しいなー。
売ってるのかなー? 後で聞いてみよーっと。

ちなみに日本で販売されている「PENDLETON」
商品たちは、こんな感じ。

なんといっても印象的なのは、壁のアート!

20141208044353.jpg

地元のアーティスト達が描いたそうです。

全部屋違うため、どんなアートのお部屋に当たる
のか楽しみだったのですが、私達の部屋の絵は、

「た、たくましい!」

私はインテリアのコーディネートをする際、
メインで使うカラーを決めてから、そこに少し
アクセントになるカラーを追加していきます。

そうすることで、ポイントができ、
引き締まるんです。

一般的なカラーの配分は、
ベースカラー:70%
メインカラー:25%
アクセントカラー:5%
と言われています。

このお部屋は、アートがアクセントカラーになり、
お部屋を引き立てています。

Ace Hotelらしく、遊び心もあっていいですね!
真似したくなりました。

20141208114002.jpg

机の上には、welcomeカードとお菓子が。
細かなところにも、センスが光ってます。

20141208044648.jpg

使い古した木箱をサイドテーブルにしてるあたりも
オシャレ!

20141208044816.jpg

部屋の角に作られた洗面台と、
無骨なオープンシェルフ。

20141208044830.jpg

タイル張りのシャワールーム。

20141208044845.jpg

スウェット生地のバスローブと、
オリジナルプリントされたランドリーケース。

20141208044901.jpg

新品でパリっとした素材ではなく、柔らかい素材。
はっきりとした色ではなく、落ち着いた
色合い。

そういう物が集まっているお部屋だったから、
緊張感がなく、快適に過ごせました。

そして、無駄なものがなく、必要であり、
それがお気に入りのものを集めているお部屋って
いいな~と感じました。
勉強になりました。

ということで、お部屋は大満足です^^

この日は、シャワーを浴びて、すぐに眠って
しまいました。

「Stumptown Coffee Roasters」で朝食

20141208041903.jpg

翌日は、ポートランドの街を散策です。

まずは、ホテルに併設されている
Stumptown Coffee Roasters
(スタンプタウン コーヒー ロースターズ)の
朝食からスタート!

すでにロビーから、良い香りがしてきますよ~。

20141208045617.jpg

ここは、アメリカの「サードウェーブコーヒー」の
火付け役と言われ、注目を浴びているショップ。

サードウェーブ コーヒーとは

アメリカのコーヒー文化
「第3次ムーブメント」のこと。

90年代後半から起こった動きで、豆の産地を
重視し、豆の個性を最大限に引き出す淹れ方
を追求する新しいコーヒーカルチャー。

特徴は・・・
・単1種の苗木から収穫されたコーヒー豆
 だけを使用する「シングルオリジン」
・浅煎りで抽出された「強い酸味」
・「地域密着型」の店作り

店内は、地元の人でとっても賑わっていました。

その中には、雑誌でよく見る、お髭がもじゃもじゃ
のポートランダーも見つけましたよ!

20141208050133.jpg

20141208050153.jpg

まずは、定番のコーヒーとクロワッサンを注文。
味がよくわかるように、ブラックで飲んでみます。

20141208061030.jpg

そして、一口飲んで、その味にびっくり!

確かに、すごく酸味が強い。
香り高く、私の好みのいい香りがします。

普段は酸味が強いコーヒーは苦手なのですが、
旅先というのもあってか、とっても美味しく
感じます。

クロワッサンはサックサクで、ぺろりと食べて
しまいました~。

リセノ京都店でも販売している「CHEMEX」や、
「HARIO」の商品が、ここでも売ってました。

20141208050447.jpg

20141208050504.jpg

ちなみに、日本でもサードウェーブコーヒーを
味わえるお店が増えています。

その中でも、渋谷区にある「Paddlers Coffee
(パドラーズ コーヒー)」は
Stumptown Coffee Roasters コーヒー豆を扱う、
日本唯一の正規取り扱い店だそうですよ。

酸っぱいコーヒーがお好きな方は、是非!

ポートランダーの溜まり場「Clyde Common」

もう一つ、Ace Hotelに隣接している
Clyde Common(クライドコモン)という
レストランをご紹介します。

20141208051001.jpg

ホテルに到着した夜に行ってみたのですが、
満席で断念したお店。

何かのパーティーかなと思うほど、人で溢れて
いました。

ホテルまでの道中は、地味な服装の方が多かった
のですが、昨晩このレストランにいた方は
センスが良い人ばかりでした。

感度の高い方の溜まり場のようです。

20141208051554.jpg

厨房は、オープンで調理している様子が見えます。

20141208051145.jpg

旅行者と地元の人が、大きな長テーブルを
シェアして食事を楽しみます。

この長テーブルで空間をシェアする感じ、日本でも
増えてきていますね!

20141208051649.jpg

その横には、たくさんのお酒が並べられたバーが
あります。

20141208051705.jpg

注文したポートランドの地ビールと
ご飯も最高でした。
日本人好みの味です。

20141209063252.jpg

20141209063308.jpg

スタッフの方が自由な服装で、活き活きと
働かれているのも印象的でした。

20141208051728.jpg

20141208051744.jpg

20141208051807.jpg

Ace Hotelは、宿泊客だけでなくたくさんの人が
集う場所として有名ですが、カフェやレストランを
充実させることで、広く地域の人々の利用を
促しているんだと感じました。

次回、
ポートランドのショップ
 &
レストラン編です。

お楽しみに!

ACE HOTEL Portland web site
http://www.acehotel.com/

Stumptown Coffee Roasters web site
http://stumptowncoffee.com/

Clyde Common web site
http://www.clydecommon.com/

Paddlers Coffee web site
http://paddlerscoffee.com/

参考になった!数

参考になった!

感想・質問・リクエスト フォーム

ライターの励みになりますので、[参考になった!] のクリックをお願いします。

また、ぜひともご感想・ご質問・リクエストなどお気軽にお寄せください!

Article

Video

Author

Ranking


話題の場所レポの人気記事5件

2015/01/07
話題の場所レポ

「HOLIDAY HOME」に行って来ました。

『本当に泊まりたいホテル・世界の100ベストホテル』でも紹介された【HOLIDAY HOME】に行ってきました。

元東京店 鈴木 15
2018/11/13
話題の場所レポ

京都・紅葉の穴場スポット。八瀬「瑠璃光院」へ行ってきました。

人里離れた風情あふれる紅葉が楽しめる、京都・八瀬にある「瑠璃光院(るりこういん)」へ行きました。

カメラマン 米本 9
2015/06/26
話題の場所レポ

森の空気とアジサイにふれる<神戸市立 森林植物園>へ

マイナスイオンを感じながらアジサイ散策。梅雨のジメジメ気分をリフレッシュできる、週末にオススメのスポットをご紹介。

デザイナー 岡本 7
2014/11/04
話題の場所レポ

飛騨高山/フィン・ユール邸に行って来ました。

株式会社キタニが、フィン・ユール財団、デンマーク大使館、東海大学などと協業し、高山にフィン・ユール邸をそっくりそのまま再現しました。

BM 山本 5
2015/01/26
話題の場所レポ

長崎・波佐見町で<波佐見焼>の魅力に触れてきました。

インテリア業界でも話題の多い<波佐見焼(はさみやき)>の産地を訪ね、工場と職人さんを取材してきました。

BM 山本 2

Mag Category

Member

新着トピックス

「LINNEL/COLETTE+」入荷しました!

予約販売で受付を開始していました別注ラグが、いよいよ入荷しました!

AmazonPayで5%還元になります。

国のキャッシュレス化推進事業によりまして、AmazonPayでお支払いいただきますと、5%の還元を受けられます。

NOANA 限定ヘリンボーン発売しました!

人気のオリジナルソファーにヘリンボーン生地を張った2019AW限定版を発売しました!

「こたつテーブル FAM」入荷しました!

リビングテーブルとしても美しいデザインのこたつテーブル FAMの今期分がいよいよ入荷しました!