【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

【動画】センスのいらないインテリア|
枕元には、クッションを余分に置きましょう。

インテリアの基本、コーディネートについて、
分かりやすく解説します。

素敵にしたいのに、何だかお部屋はイマイチ。
インテリアって難しい、自分にはセンスがないから、
どうしたら良いのか分からない...

そんなインテリアの知識や経験がない方でも、
ご安心ください^^

簡単なルールを知っていただくことで、
お部屋のセンスはガラッとよくなります。

今回は、ベッドの枕まわりについてです。

多くの方は使用する枕のみを
置いていることかと思います。

そこへ、クッションを多数置くことで、
簡単に上質なベッドを演出することができます。

おすすめはメインの枕以外に、
45cmのクッションを2~3つ置くこと。

見た目のリッチ感以外にも、
背もたれにして本を読んだり、
抱き抱えて寝るなど、
ベッドで過ごす時間が心地よくなります。

誰でも簡単に取り入れることができますので、
ぜひご参考ください。

【動画】センスのいらないインテリア|枕元には、クッションを余分に置きましょう。

Styling Furniture

木製ベッド folk/BR

¥ 79,800 ~


木製ベッド folk/NA

¥ 79,800 ~



Styling Goods

クッションカバー linoo pyne

¥ 7,150


クッションカバー linoo Benona

¥ 7,700


クッションカバー linoo Daina

¥ 6,050


クッションカバー linoo klasika

¥ 6,600


クッションカバー Heavy canvas linen(45×45cm)

¥ 4,800



View More
みんなの保存数:22

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「センスのいらない寝室のルール(動画)」の最新記事 4件

2023年2月16日(木)
ナチュラルヴィンテージの基本

【書籍連動企画】「ふつうのお家を、美しく」の思いを、一冊の本にまとめました。

お部屋作りの独自理論を1冊にまとめたリセノ初の著書を発売します。

BM 山本 158
2022年3月04日(金)
センスのいらない寝室のルール(動画)

【動画】センスのいらないインテリア|枕元には、クッションを余分に置きましょう。

枕とクッションを多数置くことで、より居心地がよく、上質なベッドを演出することができます。

リセノ制作部 22
2022年8月08日(月)
センスのいらない寝室のルール(動画)

【動画】センスのいらないインテリア|ベッド横には、ナイトテーブルを置きましょう。

お休み前のひとときを、心身ともに安らぐ時間にするために、ナイトテーブルを取り入れてみませんか。

リセノ制作部 18
2022年3月17日(木)
センスのいらない寝室のルール(動画)

【動画】センスのいらないインテリア|ベッドは、イメージより1つ大きいサイズを選びましょう。

寝転んだ際に必要とされる数字をもとに、最適なベッドサイズを解説します。

リセノ制作部 17

「センスのいらない寝室のルール(動画)」の人気記事 4件

2023年2月16日(木)
ナチュラルヴィンテージの基本

【書籍連動企画】「ふつうのお家を、美しく」の思いを、一冊の本にまとめました。

お部屋作りの独自理論を1冊にまとめたリセノ初の著書を発売します。

BM 山本 158
2021年9月09日(木)
センスのいらない照明のルール(動画)

【動画】センスのいらないインテリア|照明計画で、休まる寝室を作りましょう。

1日の疲れを取り、リセットするために必要な睡眠。上質な睡眠が取れる寝室になるよう、照明計画について解説します。

リセノ制作部 31
2021年7月29日(木)
センスのいらない寝室のルール(動画)

【動画】センスのいらないインテリア|寝具のカラーは、揃えましょう。

寝室の中でも面積を占める寝具カバー。カラーを揃えることで、グッと統一感が増して整ったお部屋になります。ポイントをご紹介いたします。

リセノ制作部 29
2021年8月16日(月)
センスのいらない寝室のルール(動画)

【動画】センスのいらないインテリア|寝室には、ブランケットを置きましょう。

意外と殺風景になってしまったり、逆に生活感の出やすくなってしまう寝室。そこで、ブランケットを1枚取り入れてみましょう。誰でも簡単にコーディネートを楽しむことができます。

リセノ制作部 29

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』