【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

たった2つのポイントを押さえるだけ!
「鉢選び」のポイントについてご紹介します。

こんにちは。
Re: CENO TOKYOのクボタです。

寒い日はまだまだ続いておりますが、
梅の花も咲き、少しずつ春の気配を感じますね。

さらに暖かくなると、植物の植え替えの時期。

植物を元気に育てるためにも、
植え替えはとても重要です。

しかし、いざ植え替えようと思った時、
鉢植えのサイズ選び素材選びって
悩みますよね。

そこで今回は、鉢にフォーカスを当て、
『鉢の選び方』についてご紹介したいと思います。

鉢選び、ポイントはたったの2つだけ!

20210222185206.jpg

選び方のポイントはこちらの2つを抑えることです。

  • 鉢の素材
  • 鉢のサイズ

①植物の特徴に合わせて素材を選ぼう

重要なポイント1つ目は、鉢の「素材」。

ついついデザインや形で選びがちですが、
素材は通気性にも関わるのでとっても大切。

植物の特徴に合わせて選びましょう。

20210222185346.jpg


最初にご紹介するのは「素焼き鉢」。

鉢の表面に小さな穴が空いているため、
通気性が良いのが特徴です。

真夏は土の中の温度がかなり熱くなり、
蒸し風呂のような状態になるため、
通気性の良い鉢に植えることで、
根腐れを防ぐ効果があります。

また、日向に置いていても熱が伝わりにくいため、
根への負担もかかりません。

高温を嫌う植物や、水はけの良い土を使う際に
オススメの鉢です。

20210222185423.jpg


次に、「陶器鉢」。

素焼きタイプにデザイン性をプラスしたものと
考えていただけるとわかりやすいでしょうか。

陶器鉢は、釉薬で覆われているため、
素焼きと比較すると通気性・透水性は
少し劣りますが、水はけの良い土を使うなど
工夫すると良いでしょう。

また、デザインが豊富ですので、
お部屋のインテリアに合わせて選べるのは
嬉しいですよね。

20210222185507.jpg

続いて、「プラスチック鉢」。

密閉されており通気性がありません。

ですので、日当たりが強い際には
根を温めてくれるため、高温を好む植物にオススメです。

また、軽量である為、動かすことが多い植物や、
割れる心配がなくお子様のいるご家庭でも
安心してお使い頂けます。

一方で、通気性が無いため根腐れのリスクは高め。

こまめに場所を移動させたり、根腐れしないように、
水の量や水やりのタイミングを気をつけましょう。

20210222185913.jpg

また、プラスチック製の鉢は、
陶器鉢と比べるとインテリアとしては
どこか味気ない印象に。

そんな時は、鉢カバーをすることで、
インテリアにすっとなじみ、
お部屋全体にまとまりが生まれます。

②植物に合った鉢のサイズを知ろう!

重要なポイント2つ目は、鉢の「サイズ」です。

大きすぎる鉢を選んでしまうと、
土の量も多くなってしまうため、
水やりした後に、必要以上に土に湿気が残り、
根腐れの原因になります。

一方、小さすぎる鉢を選んでしまうと、
水切れを起こしやすくなったり、
根詰まりが起こり、
株が大きく育たなくなってしまいます。

要するに、ちょうど良いサイズ選びがとても重要。

では、実際にどのくらいのサイズが良いのか
植物のサイズ別に見てみましょう。

20210228111212.jpg

  • 植物の高さが50㎝までの場合...鉢は、内寸12㎝〜15㎝、3〜5号
  • 植物の高さが60〜120㎝の場合...鉢は、内寸18㎝〜24㎝、6〜8号
  • 植物の高さが140〜180㎝の場合...鉢は、内寸27㎝〜30㎝、9号〜10号

また、植え替える場合は、上記のサイズよりも
ひと回り大きいサイズ、
つまり1号大きい鉢を選びましょう。


鉢植えの単位「号」は、「寸」を言い換えたもので、
1号は1寸のこと。つまり「1号=1寸=3㎝」です。

植え替えに関する詳しいお話は、ぜひこちらより
ご一読くださいませ。

好みの鉢に植え替えて、植物をもっと楽しもう。

植物を選ぶときには鉢にも注目し、
<適切なサイズ・素材>を選ぼう!

今回は、鉢の選び方についてご紹介いたしました。

最近、植物が元気がないなという方は、
もしかすると鉢のサイズや素材が合っていないのかも
しれません。

植物の植え替えをお考えの方や、
これからの新生活で植物を育ててみようかなと
思っている方は、
ぜひ鉢にも注目して選んでいただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Styling Furniture

3人掛けソファー NOANA/NA

¥ 248,000




View More
みんなの保存数:25

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「」の最新記事 4件

2024年3月28日(木)
リビングの基本

【お部屋作りのアイデア帖】1K7畳の1人暮らしのお部屋で、音楽や映画を楽しむための3つの工夫

日常を豊かにするための「趣味」を楽しむ一人暮らし。取り入れている工夫をご紹介します。

福岡店 濱田 6
2024年3月29日(金)
みんなのエッセイ

【整理収納のヒント手帖】ストックしておくと便利な「収納アイテム」を3つご紹介します。

余分に持っておいてもストレスがなく便利な収納グッズは、とても頼りになる存在です。

maho 4
2024年4月01日(月)
Re:CENO Vlog(動画)

【動画】晴れのち、キッチン|#18 「北欧インテリア雑貨」の購入品紹介と、春のおうちカフェ

とある記念にいただいたお花。美しいまま大事にとっておきたくて、押し花にすることに。新しく買った雑貨が、大活躍です。

カメラマン 岡 1
2024年4月01日(月)
ディスプレイの基本

簡単にお部屋が垢抜ける 小さめアートポスターのすすめ

選び方からディスプレイのワンポイントまで解説します。

動画クリエイター 田村

「」の人気記事 4件

2017年7月14日(金)
Let's DIY!

麻ひもを使って、10分で出来上がり!簡単アレンジのハンギングプランターを作ろう。

暮らしの空間をちょっぴり素敵にしてくれるグリーンアレンジメント「ハンギングプランター」の作り方をご紹介します。

編集部 江上 1612
2018年5月18日(金)
寝室の基本

ベッドパッドとは? 意外と知らない敷きパッドとの違い

同じようで異なるアイテムの、ベッドパッドと敷きパッドの違いをご紹介します。

元京都店 舌 1410
2020年6月16日(火)
コーディネートの基本

「ナチュラルヴィンテージ」スタイリングのメリットと、実践ポイントを紐解きます。

リセノが目指すインテリアスタイル「ナチュラルヴィンテージ」スタイルについてメリットや、実践術をまとめておこうと思います。

BM 山本 1090
2019年8月27日(火)
ダイニングの基本

円形ダイニングを選ぶ前に知っておきたい!適切なサイズを選ぶ、2つのポイントとは?

○人で使っても狭くない?必要なスペースはどのくらい?など、円形ダイニングにまつわる疑問を解消します!

お客様係 山崎 1051

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』