【年末年始に伴う休業日のお知らせ】 オンラインショップは12月28日(金)~1月6日(日)までの間、 年末年始休暇に伴いカスタマーサポートと出荷対応をお休みいたします。 休業に伴うお届けスケジュールはこちら


Re:CENOインテリア
合計¥15,000以上の購入で送料無料
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


HOME > 特集 > 暮らしにあったベッドの選び方

みなさんはベッドを購入する時、どのようなポイントを見て選ばれていますか?
デザインやサイズも大切ですが、その他にも見るべき所はたくさんあります。
ベッド選びのポイントを知って、暮らしにあった自分だけのベッドを選びましょう。

POINT 1 SIZE サイズから選ぶ

暮らしにあったベッドを選ぶために、サイズについて考えることはとても大切です。幅、高さはもちろん、レイアウトや搬入経路など、
様々な視点からサイズ選びのポイントをご紹介。
部屋の広さとや周辺の家具とのバランス、生活導線にも関わってくるので、様々な視点から参考にして下さい。

EACH SIZE

それぞれのサイズ

WIDTH

幅選びのポイント

SEMI SINGLE

80-95cm

小柄な女性や子供におすすめの
コンパクトサイズ。スペースを取らず
ワンルームの省スペース化にも。

SINGLE

100cm

一人用の一般的な大きさで、
デザインや形状も豊富。並べて
使ったりもしやすいサイズ。

SEMI DOUBLE

120cm

寝返りも余裕を持ってできるサイズ。
一人でゆっくり寝たい方や
体の大きなの方におすすめ。

DOUBLE

140cm

二人一緒に寝たいけれど、
サイズをコンパクトに抑えたい方や、
一人で大の字で寝たい方におすすめ。

QUEEN

160cm

二人一緒にゆったり寝るためのベッド。
新婚さんやカップルにおすすめで、
一人当たりの幅にもゆとりがあります。

WIDE KING

200cm

シングルを並べてワイドキングサイズとして。
お互いの眠りを妨げずぐっすり寝れます。
小さなお子様も一緒に三人での使用も。

POINT

一人あたりの幅は男性が60cm、女性50cm位が目安です。左右に15~20cmの幅があるとゆとりを持って寝られるでしょう。

[幅が広い場合]

❶ 夫婦や子供など、一緒に寝れる人数が増える
❷ 寝返りを打ちやすかったり余裕を持って寝れる

[ 幅が狭い場合 ]

❶ コンパクトで場所を取らず、小さいお部屋でも置ける
❷ 並べて使ったり複数のベッドを置ける

HEIGHT

高さ選びのポイント

NORMAL TYPE

25-50cm

LOW TYPE

10-20cm

POINT

床からマットレスの距離を基準に考えましょう。使い勝手やデザインのほか、腰掛けやすさ、立ち上がりの楽さなども関係してきます。

[ 高い場合 ]

❶ ベッド下を収納に使える ❷ 起きる時に立ち上がりが楽

[ 低い場合 ]

❶ 空間が広く感じられる ❷ 床に近く安心感がある

BED SIZE

ベッドサイズ

実際にベッドを部屋に置く場合、お部屋のサイズや回りの家具との距離など、
具体的に把握をすることで、置けるベッドのサイズがより具体的に割り出せます。
コンセントや窓の位置、通路幅など事前情報が多くあれば実際の生活もシミュレーションできます。

ONE ROOM

BED ROOM

POINT

普段の生活導線や他の家具との距離、コンセントなどの位置や、引き出しやドアといった使用時に可変するもののサイズまで把握しましょう。

[気をつけるポイント]

❶ 引出し ❷ 扉 ➌ 窓 ➍ コンセント ➎ スイッチ ➏ エアコンの向き ➐ TVアンテナ&電話端子

[必須アイテム]

❶ メジャー ❷ 部屋の間取り図 ➌ 筆記用具

Re:CENOの3Dコーディネートページを使えば、さらに具体的なシミュレーションができます。

AROUND SPACE

ベッド周辺のスペースについて

壁との距離

通気性をよくするため、掛け布団を垂らすスペースを確保しましょう。ベッドと壁の間に5~10cmのスペースを開けておくとよいでしょう。

ドレッサースペースの距離

寝室は寝るだけでなく身支度も行う場所。お化粧や身支度を行うドレッサーを置く場合、そのスペース約60~90cmが必要です。

生活動線の距離

人が1人歩くためには50~60cmのスペースが必要です。ベッドの横はお部屋の導線になっているので、そのスペースを考慮しておきましょう。

POINT

ベッドやベランダへ繋がる生活動線や、ドレッサーの有無、またベッド周辺の掛ふとんを垂らすスペースを考慮しましょう。

[ベッドからの距離]

❶ 壁との距離は、掛け布団を垂らすスペース5~10cmが必要
❷ ドレッサーを置く場合は60~90cmが必要 ❸ 人が1人歩くためには50~60cmが必要

LAYOUT

レイアウトについて

ワンルーム向きレイアウト

シングルベッドをソファ代わりに使用し、スペースを有効活用したレイアウト。コンパクトに収まるのでワンルームを広々と使えます。

夫婦の寝室向きレイアウト

夫婦一緒に寝れるダブルのベッドを部屋の中央に置いた、寝室のレイアウト。サイドには照明とドレッサースペースも確保。

2台並べ型レイアウト

シングルのベッドを2台並べて、キングサイズのベッドとして使うレイアウト。お子様が小さい時は一緒に寝て、大きくなったら離して使えます。

2台離し型レイアウト

夫婦別々に寝られる、ホテルの寝室のようなレイアウト。間には小物を置けるシェルフを設置。お互いのスペースに干渉せず、ぐっすり寝られます。

POINT

ベッド以外のスペースを広く使いたいか、睡眠第一でベッド上を広く使いたいか、どのような使い方が暮らしにあっているかを考えましょう。

[ コンパクトさを優先する場合 ]

❶ ワンルーム向きレイアウト ❷ 夫婦の寝室向きレイアウト

[ 睡眠の質を優先する場合 ]

❶ 2台並べ型レイアウト ❷ 2台離し型レイアウト

ROUTE

搬入経路について

梱包サイズの確認

商品ページのSPEC欄に記載されている、梱包サイズをチェックしていきます。A、B、C、に当てはめましょう。

経路の確認

お部屋までの搬入経路を確認していきます。搬入時の為に、通路に置かれているものを避ける場所も考えておきましょう。

エレベーターのポイント

・エレベーターの入口の幅がC以上※
・エレベーターの入口の高さがA以上※
・エレベーターの室内の奥行きがB以上※

階段のポイント

・階段の幅がC以上
・曲がり角の対角線の長さがB以上
・高さがA以上(階段・おどり場)

玄関と廊下のポイント

・玄関と廊下の幅がC以上
・曲がり角の対角線の長さがB以上
・高さがA以上(玄関・廊下・部屋入口)

扉のポイント

・ドアを開いた状態がC以上
※外開きの扉の場合、ドアノブの分だけ入口が狭くなります。

※エレベーター平均サイズ(cm)
<6人乗り> 幅105 奥行115 高さ220, 出入口 幅80 高さ200 <9人乗り> 幅105 奥行152 高さ220, 出入口 幅80 高さ200

POINT

搬入時のトラブルを避け、スムーズに入れられるよう、事前に設置場所までの各ポイントのサイズを把握しておきましょう。

[梱包サイズ]

「幅」、「奥行き」、「高さ」の確認

[階段]

幅と高さ、曲がり角の長さも確認

[経路]

入り口から設置場所まで経路を確認

[玄関・廊下]

幅と高さ、曲がり角の長さも確認

[エレベーター]

入口の幅と高さ、室内の奥行きを確認

[扉]

開けた時のドアノブの長さを入れた幅を確認

POINT 2 SITUETION シチュエーションから選ぶ

ベッドを使うシチュエーションを考えた時、みなさんはどのような使い方を想像しますか? 夫婦2台ベッドを並べて使ったり、寝る前に本を読んだり、
人によって様々。実際に使うシチュエーションをイメージして、暮らしに合ったベッドを選びましょう。

TYPES OF SITUATIONS

シチュエーション一覧

01

物を置くスペースが欲しい方には、

キャビネットヘッドタイプ

目覚まし時計や植物など、小物類を置く場所が欲しい。そんな方には、ヘッドボードが棚としての機能も持っている、キャビネットヘッドタイプがおすすめ。コンセントが付いているものが多いので、スマートフォンを充電したり照明類を設置できるのもポイントです。


02

就寝前の明かりが欲しい方には、

照明付きタイプ

寝る前に本を読む方に便利な照明。ベッドサイドに置くのも良いですが、スペースを取ったり邪魔になることもあるので、照明付きヘッドボードタイプのものが便利です。ヘッドボードの一部に組み込まれているので、見た目もスッキリしている上、棚もついているので小物も置けます。


03

2台のベッドを並べて使いたい方には、

ぴったりくっつけられるデザインタイプ

小さなお子様がおられる方で、今は一緒に寝たいけど、将来は別々に寝るから大きなベッドは必要ないという方には、フレームをぴったりと連結できるデザインのタイプがおすすめ。シングルを並べればキングサイズになるので3人で並んでもゆとりを持って寝られます。


04

高さを変えて使いたい方には、

高さ調整可能タイプ

今はベッド下に大きめのかご置いて使いたいけど、将来的に圧迫感の軽減されるフロアベッドとして使ってみたいなど、使う人や状況に合わせて高さを変えられる自由度が欲しい方には、高さ調整タイプがおすすめ。3段階に変えられるタイプが多いです。


05

お部屋に収納スペースが少ない方には、

収納付きタイプ

寝室にクローゼットが無かったり、ワンルームで収納スペースが少ない当方におすすめなのが、収納付きタイプのベッド。ベッド下が収納棚になっているため洋服やパジャマなどを入れておけます。棚の引き出しも1段から2段まであり、収納量に合わせて選びましょう。


06

大型の荷物も片付けたい方には、

大収納タイプ

ガス圧式でベッドが上がり、ベッドの下がすべて収納になった大収納ベッドタイプ。引き出しタイプのように仕切りも無く高さに余裕があるので、大型の物まで収納できます。オフシーズンの寝具やスーツケースなど、普段置いているとスペースを取りがち物を片付けるのにおすすめです。


07

ふとんで使いたい方には、

すのこタイプ

マットレスに比べて厚みがない布団は一箇所に重さがかかりベッドでの使用は不向きですが、頑丈で通気性の良いすのこベッドなら、布団での使用が可能です。ベッド生活に変える予定だけど、今まで使用していたふとんはそのまま継続して使いたい。そんな方におすすめです。


08

デスクと一緒にしたい方には、

システムベッドタイプ

子供部屋などの限られたスペースを少しでも広く使いたい場合に便利なシステムベッドタイプ。ベッドの下を有効活用できるので、収納スペースや勉強スペースを一緒にまとめることができます。チェストやキャビネットにはタイヤが付いているので、必要に応じて動かせる点もメリットです。

POINT 3 DESIGN デザインから選ぶ

人生の約3分の1を過ごすと言われるベッド。寝心地だけでなくデザインもこだわって選びたいですよね。
フレームの素材や、形状などを把握して、暮らしにあったデザインのベッドを見つけましょう。

HEAD

ヘッドについて

ベッドのデザインにおいて、見た目や使い勝手を左右するヘッド部分、
それぞれのメリット・デメリットを把握して、自分のライフスタイルに合うかどうかも考えましょ

HEADBOARD

POINT

デザイン性や使い勝手の高いヘッドボードタイプの特徴

[ヘッドボードのメリット]

❶ 物が置ける
❷ デザイン性が上がる

[ヘッドボードのデメリット]

❶ 奥行きが出る
❷ 圧迫感が出る

HEADLESS

POINT

圧迫感が無くスッキリした印象のヘッドレスタイプの特徴

[ヘッドレスのメリット]

❶ 圧迫感の軽減
❷ 光を遮らない

[ヘッドレスのデメリット]

❶ 物が置けない
❷ デザインが見えない

DESIGN TYPE

デザインタイプ一覧

HI HEADBOARD

背の高いヘッドボードタイプ

背の高いヘッドボードタイプは、デザイン性や機能性に富んだものなどバリエーションが豊か。
インパクトを持たせたい方や、ヘッドボードに使い勝手を求める方におすすめです。

LOW HEADBOARD

背の低いヘッドボードタイプ

背の低いヘッドボードタイプは、フロアベッドなど圧迫感を抑えるようなデザインのものに多く見られます。
物を置くスペースやコンセントは欲しいけれど、スッキリした印象を持たせたい方におすすめです。

HEADLESS

ヘッドレスタイプ

スッキリした印象で、圧迫感の薄いヘッドレスタイプ。
お部屋を広く感じさせたい方や、ヘッド部分の奥行きを抑えてスペースを作りたい方におすすめです。

NATURAL WOOD

天然木使用タイプ

美しい木の表情が映える天然木使用タイプ。デザイン性をだけでなく香りの力を活かしたものもあります。
木の温もりを感じるインテリアが好きな方や、リラックス効果を求める方におすすめです。

IRON

アイアンタイプ

細いラインを活かしたデザインの多い、アイアンタイプ。
ヴィンテージテイストのデザインや、シャビーなデザインのベッドがあります。

LOW

ロータイプ

背が低く、圧迫感を感じさせないロータイプ。
お部屋を広く感じさせたい方や、床に近い方が安心して眠れる方におすすめです。

POINT 4 MATRESS マットレスから選ぶ

ベッド選びにおいて寝心地を決める最も大切な要素の1つがマットレス選び。
固さや厚みなど、素材や構造によって変わるので、それぞれの特徴を知って選びましょう。

MATRESS TYPE

マットレスの比較

当店の目安で、マットレスの硬さや仕様を表し比較しました。
実際にどんな風に使いたいか、使用シーンをイメージして参考にして下さい。

    • 商品名
    • 固さ目安
    • 価格
    • 生地
    • ゾーン数
    • 厚さ
    • コイル数
    • 特徴
    • お値打ち
      ポケットコイル
      マットレス
    • ¥9,800
    • 3D
      メッシュ
    • 0ゾーン
    • 厚さ 16 cm
    • 465コイル
    • お手頃価格でポケットコイルの寝心地を体感できるマットレス。ゾーンも無いシンプルな構造です。
    • プレミアム
      ポケットコイル
      マットレス
    • ¥16,800
    • ニット
    • 3ゾーン
    • 厚さ 18 cm
    • 450コイル
    • 価格を抑えながら、エリアによって硬さの違うゾーン仕様を体感できるマットレス。3ゾーン構造で快適な寝姿勢が作れます。
    • ゴールドプレミアム
      ポケットコイル
      マットレス
    • ¥26,800
    • ニット
    • 3ゾーン
    • 厚さ 20 cm
    • 741コイル
    • コイル数741個~の高密度設計と20cmの厚みでしっかりとした安定感を体感できるマットレス。エリアによって硬さの違う3ゾーン仕様で快適な寝姿勢が作れます。
    • ナノテックプレミアム
      ポケットコイル
      マットレス
    • ¥41,800
    • ニット
    • 7ゾーン
    • 厚さ 22 cm
    • 1250コイル
    • コイル数1250個~のきめ細やかな密度設計と22cmの厚みで、優れた安定感と最上の寝心地を体感できるマットレス。エリアによって硬さを細かく分けた7ゾーン仕様で、一層快適な寝姿勢が作れます。
    • ナノテックプレミアム
      ポケットコイル
      マットレスピロートップ付き
    • ¥55,800
    • ニット
    • 7ゾーン
    • 厚さ 22 cm
    • 1250コイル
    • 高級ホテル仕様のエアーピロートップをプラスしてさらに快適に。コイル数1250個~のきめ細やかな密度設計と22cmの厚みで、優れた安定感と最上の寝心地を体感できるマットレス。エリアによって硬さを細かく分けた7ゾーン仕様で、一層快適な寝姿勢が作れます。
    • お値打ち薄型ポケットコイル
      マットレス
    • ¥13,800
    • 3D
      メッシュ
    • 0ゾーン
    • 厚さ 10 cm
    • 465コイル
    • ポケットコイルの心地よさはそのままに、厚さを10cmに抑えたマットレス。低いヘッドボードタイプをご使用の方や、ベッド全体の高さを抑えたい方におすすめ。
    • 薄型プレミアムポケットコイル
      マットレス
    • ¥26,800
    • ニット
    • 3ゾーン
    • 厚さ 10 cm
    • 450コイル
    • ポケットコイルの心地よさはそのままに、厚さを10cmに抑えたマットレス。低いヘッドボードタイプをご使用の方や、ベッド全体の高さを抑えたい方におすすめ。エリアによって硬さの違う3ゾーン仕様で快適な寝姿勢が作れます。
    • 3つ折り
      ポケットコイル
      マットレス
    • ¥17,064
    • ニット
    • 0ゾーン
    • 厚さ 8.5 cm
    • 396コイル
    • ポケットコイルの心地よさはそのままに、厚さ8.5cmの3つ折りでコンパクトに畳めるマットレス。収納時や風を通すのに便利です。低いヘッドボードタイプをご使用の方や、ベッド全体の高さを抑えたい方におすすめ。カバーリング仕様なで、いつでも清潔に保てます。

POCKET COIL

ポケットコイルについて

独立したコイルで体にフィット

コイルが独立しているので、点で体を支えて体のラインにフィットします。コイルの数が多いほど細かな点で支え、より体にフィットします。

横揺れ振動が伝わりにくい

体重のかかる場所ごとにコイルが伸縮するので、寝返りをうってもスプリングの振動が伝わりにくいので、安静に眠りにつけます。

ゾーン構造で自然な寝姿勢

エリアに合わせてコイルの強度を変えるゾーン構造。ゾーン数が増えれば細かい反発力をエリアごとに調整可能。理想の寝姿勢が作り出せます。

コイルの密度が高く安定感がある

1つのベッドに使用されるスプリングの数が、ボンネルコイルより多く使われています。その分、マットレス全体の強度があり、安定感があります。

ボンネルコイルとの違い

ボンネルコイルはスプリングが連結していて、マットレスが板状になっています。面で体を支えるため体圧分散やフィット性が劣ります。

POINT

ポケットコイルには1つずつ独立した構造だからこそできるフィット感や安定感がある。ボンネルコイルより体圧分散に優れている。

[ポケットコイルのポイント]

❶ 体のラインにフィット ❷ 横揺れが伝わりにくい ❷自然な寝姿勢が作れる ❷安定感がある

[ボンネルコイルのポイント]

❶ 体圧分散に劣る

FEATURE

リセノのポケットコイルマットレスについて

耐久性コイル

優れた反発力と粘り強さを持つ鋼線を使用。さらに火入れをして耐久度UPしたコイルを使用しているので長持ち。

耐久ウレタン

一般的なマットレスより25%以上の発泡が詰まった「プラスウレタン」を使用。密度が高く、反発力、耐久力に長けています。

ニット生地

表面生地は伸縮性の高いニット生地を使用。体の曲線に突っ張ること無く優しくフィットします。

搬入

全タイプ圧縮仕様。マンションや間口の小さなオタクでも、搬入の心配なくラクラク搬入頂けます。

耐久テスト

人は一晩寝ている間に20~30回寝返りを打つと言われています。耐久テストを行い、約8年連続使用しても、耐えうる強さを照明。

2年保証

安心のメーカー保証付き。2年の保証を付けていますので、安心して長くお使いいただけます。毎日使うものだからこそのサービスです。

選べるゾーン構造

3ゾーンに加えて、更に細かい反発力調整ができる7ゾーンもラインアップ。使い方に合わせて選べます。

エッジサポート

マットレスの端部分に、“落ち込みや型崩れを防ぐ”エッジサポートを追加することで、使用面積を広くする事を可能にしました。

POINT 5 STYLE スタイルから選ぶ

ヴィンテージやナチュラルなど、好みのインテリアのスタイルがわかると、どんなデザインや形が良いのか決めやすくなります。
お部屋のイメージを浮かべて、好みのタイプのベッドを見つけましょう。

NATURAL

ONE ROOM

ナチュラルスタイル(ワンルーム)

ナチュラルスタイルのワンルームには、明るめの素材を使った、コンパクトなベッドがおすすめ。
ヘッドレスやマットレスタイプでで奥行きを減らしたり、ローベッドで圧迫感を抑えることも。

NATURAL

BED ROOM

ナチュラルスタイル(ベッドルーム)

ナチュラルスタイルのベッドルームには、明るめの素材を使った、デザイン性や使い勝手の良さを重視したベッドがおすすめ。
光を取り入れられるヘッドボードや、横に連結して使えるベッド。また収納付きタイプもおすすめ。

VINTAGE

ONE ROOM

ヴィンテージスタイル(ワンルーム)

ヴィンテージスタイルのワンルームには、ブラウン系のカラーのコンパクトなベッドがおすすめ。
ヘッドレスやマットレスタイプでで奥行きを減らしたり、ローベッドで圧迫感を抑えることも。

VINTAGE

BED ROOM

ヴィンテージスタイル(ベッドルーム)

ヴィンテージスタイルのベッドルームには、ブラウン系のカラーのデザイン性や使い勝手の良さを重視したベッドがおすすめ。
アイアンと組み合わせたものや、横に連結して使えるベッド。また収納付きタイプもおすすめ。

POINT 6 RANKING ランキングから選ぶ

ヴィンテージやナチュラルなど、好みのインテリアのスタイルがわかると、どんなソファのデザインや形が良いのか決めやすくなります。
お部屋のイメージを浮かべて、好みのタイプのソファを見つけましょう。

RANKING TOP100

ランキングTOP100