Web Magazine

夏のお部屋を涼やかに。
サマーラグのメリットと、選び方を学ぼう。

プロサポート 山崎

こんにちは。やまさきです。

5月になり、初夏のような
陽気の日が増えてきましたね。

お問い合わせ対応をしていると、
夏用のラグをご検討中のお客様を、ちらほらとお見かけします。

どちらかと言うと、冬の印象が強いラグマットですが
夏も大活躍してくれるアイテムなんですよね^^

今回のマガジンは
「そもそも、夏にラグマットは必要?」
「夏用に選ぶなら、どんなものがよいの?」
という素朴な疑問にお答えすべく、
夏用ラグのメリットや、選び方をまとめました。

夏にラグマットを敷くメリットって?

夏に使いやすいラグマット、
いわゆる「サマーラグ」を使うメリットは、主に3つです。

1.素足で気持ちよく過ごせる

20190506170021.jpg
ラグマット BasShu IGUSA RUG Bタイプ

夏場にお部屋で過ごすとき、
「なんとなく床が気持ちよくないな」と感じたことはありませんか?

床が つるん としたウレタン塗装の場合、
水を弾く性質から、夏場は汗や湿気で
ペタペタと肌にくっつきやすくなります。

お部屋に1枚ラグマットを敷くと、
ペタペタから開放され、素足でもサラリと歩けます。

20190506170221.jpg
ラグマット BasShu WOOL CROSS RUG

素足で気持ちよく過ごせるのって、
リラックスする時間には、案外大切ですよね。

特に、座ったり寝転んだりするリビングでは
ラグを敷くことで、くつろぎ度がぐんとアップしますよ^^

2.温度・湿度の調節に貢献してくれる

20190506173408.jpg
ラグマット WOOL MRC RUG

ラグマットの意外な効果として、
お部屋の温度を保とうとする働きがあります。

夏、クーラーがきいたお部屋のラグに寝転ぶと、
ひんやりして気持ちいいことって、ありますよね。

そんなときは、ラグが冷気を留めていて、
密かに冷房の効果を高めてくれています。

敷いてあるだけと思いきや。
なんとも、ありがたい機能です。

20190506171216.jpg
ラグマット WOOL MRC RUG

中でも「ウール」のラグは、
温度を保つだけでなく、湿度の調節が得意です。

ウールは、湿気を吸ったり吐いたりして
調整するパワーがあり、その力はコットンの2倍、
ポリエステルの40倍とも言われています。

夏のムシムシやベタつきを軽減し、
サラリと心地よく過ごさせてくれますよ。

BETTER LIFE & HOTTA CARPET

3.夏らしいインテリアを楽しめる

20190506171927.jpg
デニムラグマット Lino

お部屋の中で大きな面積を占めるラグマットは、
取り替えると、インテリアの印象をガラッと変えてくれます。

家具を買い替えるのは難しいですが、
ラグマットなら比較的替えやすく、気軽に季節感を出せていいですね^^

ちなみに、ラグで夏らしさを出す場合

  • パイルの長さは10mmくらいまで
  • 暖色(赤・オレンジなど)は避ける
  • い草、コットンなどの天然素材

が、ベストです。

パイルが長い・暖色のラグマットも、
年中使っていただけますが、見た目の涼しさでは
パイルが短い・寒色のラグが勝ります。

20190506173910.jpg
ラグマット BasShu IGUSA RUG Bタイプ

また、天然素材の中でも
「い草」や「コットン」をお選びいただくと
見た目にもグッと、爽やかなお部屋になります。

《夏のラグマットの注意点は?》

夏の汗汚れが気になる場合、お手入れをすることで、ラグをきれいに長持ちさせることができます。
こちらの動画をご参考ください。

より清潔にお使いいただきたい場合は、丸洗いが可能なウォッシャブルタイプがおすすめです。
次の段落にて、詳しくご紹介します!

夏に使いやすい、おすすめのラグマットは?

サマーラグの良さが分かったところで、
ラグをお悩み中の方にご参考にいただけるよう
いくつか、おすすめをご紹介いたします。

見た目にも足にも、とにかく涼しく過ごしたい!

涼しさ重視の場合におすすめなのは、
先にも登場しているLinoと、IGUSA RUGです。

20190506172808.jpg
デニムラグマット Lino

20190506183556.jpg
ラグマット BasShu IGUSA RUG Bタイプ

デニムラグは「コットン」
IGUSAラグはその名の通り「い草」を使用しており、
見た目にも素足にも、とっても涼やかなラグマットです。

夏らしさ全開のこちらは、
シーズンラグとしてのご利用がベターです。
既にパイルの長いラグをお持ちの方は、きっと、気分を一新いただけます。

夏はもちろん、オールシーズン使えるラグがいい!

1年を通して使えるラグをお探しの場合には
「ウール」を含んだラグを、おすすめします。

ウール系のラグはいくつか種類がありますが、
せっかく夏に使うなら、ボーダー柄が爽やかな
BALASは、いかがでしょうか?

20190506190810.jpg
ラグマット BALAS

20190506170712.jpg
ラグマット BALAS

毛足が短く、繊維が詰まっているので
底付き感もなく、素足で過ごす気持ちよさは格別です^^

汗をかく夏は、洗えるラグを使いたい!

汗汚れが気になったり、清潔さ重視の場合は
ウォッシャブルタイプのラグがぴったりです。

毛足が短めなSCOOPなら、
柄や色の軽やかさも相まって
夏でもお使いいただきやすいです。

20190506171019.jpg
ラグマット SCOOP

ウォッシャブルタイプでも
厚み・大きさがあるものは、コインランドリーなどの
大型洗濯機のご使用をおすすめしています。

もし、お洗濯の頻度が多い場合には、
ご自宅の洗濯機(10kg)でお洗濯いただきやすい
【 130cm×190cm 】ぐらいまでのサイズをお選びいただくと、安心です。

サマーラグをお部屋に取り入れて、
夏を涼やかに過ごしましょう。

 20190506194600.jpg
 帆布ラグマット LIMO

いかがでしたか?
最後に、内容をおさらいです。

夏のラグのメリットは、

  1. 素足で気持ちよく過ごせる
  2. 温度・湿度の調節に貢献してくれる
  3. 夏らしいインテリアを楽しめる


おすすめのラグは、

  • 涼しさを重視したい:コットン・い草
  • オールシーズン使いたい:ウール
  • 洗濯をしたい:ウォッシャブル


でした^^

夏のラグを探してみようかな、と思われた際は
ぜひ、今回の記事をお役立ていただけたら嬉しいです。

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:133

リセノ式 センスのいらないインテリア

  • センスのいらないインテリア(11)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(2)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(20)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(9)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(52)
  • ディスプレイの基本(16)
  • お手入れの基本(37)
  • コツとノウハウ(88)
  • リビングの基本(2)
  • ダイニングの基本(19)
  • 寝室の基本(22)
  • キッチンの基本(2)
  • 照明の基本(24)
  • カーテンの基本(8)
  • 植物の基本(30)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(14)
  • Let's DIY!(125)
  • 植物と暮らそう(49)
  • 僕と私の愛用品(41)
  • 話題の場所レポ(42)
  • 本と音楽と映画(12)
  • おすすめカフェ(31)
  • リセノ ランチ部(88)
  • Re:CENO Vlog(16)
  • お店だより(212)
  • 日々のできごと(30)

リセノのこと

  • Re:CENO product(67)
  • Buyer's Voice(18)
  • 製品ストーリー(68)
  • もうすぐ発売!(37)
  • 商品紹介(25)
  • お仕事レポート(22)
  • お知らせ(38)

メンバー


インテリアを学ぶの人気記事5件

2018年5月18日(金)
インテリアを学ぶ

意外と知らない?「ベッドパッド」と「敷きパッド」の違いを知ろう!

同じようで異なるアイテムの、ベッドパッドと敷きパッドの違いをご紹介します。

元京都店 舌 1266
2018年1月09日(火)
インテリアを学ぶ

家具の配置で、居心地の良さが変わる!リビング・ダイニングのレイアウトの基本をご紹介します。

リビング・ダイニングの配置の基本を知って、家族みんなが暮らしやすい空間を作りましょう!

プロサポート 山崎 781
2014年11月14日(金)
インテリアを学ぶ

「無垢材家具」と「突板家具」の違いを学ぼう。

そもそも無垢材はなんとなく知ってるけど、突板って何?という方が多いと思います。

BM 山本 748
2015年8月05日(水)
インテリアを学ぶ

知っておきたい、3つの電球の違い。「白熱球」「蛍光球」「LED」を上手に使い分けよう!

今回のマガジンは「自分の部屋にあった電球は?」の疑問にお答えします!

品質管理 遠藤 741
2019年8月27日(火)
インテリアを学ぶ

円形ダイニングを選ぶ前に知っておきたい!適切なサイズを選ぶ、2つのポイントとは?

○人で使っても狭くない?必要なスペースはどのくらい?など、円形ダイニングにまつわる疑問を解消します!

プロサポート 山崎 718

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないインテリア

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。

  • 植物の基本

    選び方やお手入れ方法など、植物に関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(14)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(125)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(49)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 僕と私の愛用品(41)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 話題の場所レポ(42)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(12)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(31)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • リセノ ランチ部(88)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • Re:CENO Vlog(16)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • お店だより(212)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • 日々のできごと(30)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(2)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(20)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの作り方(9)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • Re:CENO product(69)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(18)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(68)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • もうすぐ発売!(37)

    発売間近の商品の情報を、ひと足お先にご紹介します。

  • 商品紹介(25)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • お仕事レポート(22)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お知らせ(38)

    リセノからのお知らせです。