Web Magazine

インテリアのテイストに合わせて選べる
クッションカバーが続々新登場!

元カメラマン 米本

20180129185908.jpg

こんにちは、よねもとです。

もうすぐ2月。

寒い日が続きますが、春まであと2ヶ月。

新生活に向けて準備を進めていらっしゃる方も
多いかと思います。

当店では新生活に向けて、続々と
新しい商品が入荷中。

そこで今回のマガジンでは、これから販売を
予定している、クッションカバーを
ご紹介します。

メンズライクから、ナチュラルテイスト、
ボーホースタイルまで、見た目だけでなく、
素材にもこだわったクッションカバー。

ぜひ、お好みのタイプを見つけて、
春の新生活準備に役立てて
いただければと思います。

今年のラインナップは、全部で7つ。
販売時期も併せて、ご紹介します。

今年、新たに仲間入りするクッション
カバーは、全部で7つ。

すでに販売を開始しているものと、
これから販売する予定のものを
分けてご紹介します。

まずは、すでに販売をスタート
している、こちらの3つ。

20180129192919.jpg

そして、これから販売する
予定の、こちらの4つ。

20180129192948.jpg

  • 肌触りのいいワッフル生地で、一年中快適に使える"クッションカバー Arena"(2月1日 販売予定)
  • 4重ガーゼ織りで、洗濯するほどふんわり優しい肌触りになる"クッションカバー Halti"(2月2日 販売予定)
  • 幾何学模様が、インテリアにかわいらしいアクセントを与えてくれる"クッションカバー Tiili"(2月13日 販売予定)
  • 立体的な縫製で、通気性がよく肌触りが柔らかい"クッションカバー SUWA"(2月14日 販売予定)

すでに販売をスタートしている、
3タイプをご紹介。

すでに販売をスタートしてるのは、
こちらの3タイプ。

どれも見た目のデザイン性だけでなく、
採用している生地へのこだわりが強く
感じられるものばかり。

それでは、さっそく一つずつ
ご紹介していきます。

太畝コーデュロイが絶妙なこなれ感を
演出してくれる"クッションカバー WIRY"

20180129190357.jpg

オリジナルのコーデュロイ生地を採用した、
WIRY(ワイリー)のクッションカバー。

手に触れた時のやわらかさを求めて、
コットン100%の綿糸をゆっくりと
丁寧に織り上げた国産生地。

洋服でおなじみのコーデュロイ生地は、
国内での生産は、95%以上が
静岡県で製造されています。

WIRYシリーズでは良質なコーデュロイを実現する
ため、静岡県の工場にオリジナルカラーの
生産を依頼しました。

製造工程でこだわったのは、太い畝(うね)幅。

20180129190426.jpg

コーデュロイは、畝の太さで印象が
ガラリと変わります。

畝幅が太ければ、ゆったりとラフな印象に。
細い畝幅だとスッキリと引き締まった印象に。

WIRYシリーズには、畝幅1cmの太畝を採用。

少し離れた場所から見ても、ざっくりとした
温かみを感じるデザインに。

20180129190459.jpg

カラーも、一から染め直したオリーブとキャメルの
2色の生地は、独特の深みと味わいが魅力。

ざっくりとワークな印象とともに、上質さも
感じさせる色合いに仕上げています。

クッションカバー WIRY

職人さんのハンドメイド。素朴で
柔らかな風合いの"クッションカバー AMU"

20180129190603.jpg

続いては、テイストもガラッと変わって、ボヘミアンな
印象が個性的な、クッションカバーAMU(アム)。

この紐をざっくりと編む技法を、マクラメと言います。

20180129190634.jpg

マクラメは、結ぶこと、編み込むことで
装飾・模様が生まれる技法のこと。

この伝統工芸は歴史も古く、中南米が
発祥と言われています。

ハンドメイドで作られているマクラメクッションは
インドの職人さんが、一本一本の紐を
丹念に結んで作られています。

機械生産では感じることができない、素朴で
柔らかい印象は、手作りだからこそ。

20180129190704.jpg

マクラメクッションは、民族系とモダンテイストを
かけ合わせたボーホースタイルに、おすすめ。

インテリアに個性的なアクセントを
与えてくれます。

クッションカバー AMU

ユーズド感漂う、帆布生地の
"クッションカバー Age"

20180129190757.jpg

続きまして、メンズライクな印象が強い、
帆布生地にエイジング加工を施した
クッションカバーAge(エイジ)。

複数の綿糸を撚り合わせ、平織りの
丈夫な帆布生地を採用。

帆布も生地の厚さによって印象は様々。

最も分厚い0号から、薄くてやわらかい11号まで。

今回はその中でも、ハリがあって型崩れしにくい
「厚物」と呼ばれる丈夫な8号帆布を採用。

20180129190825.jpg

一度洗いにかけることで、何年も使い込んだかの
ようなユーズド感漂う風合いが生まれます。

少し色褪せた渋みのある風合いに、アースカラーの
落ち着いたカラーリング。

主張しすぎず、どこか懐かしさを感じさせる
ような趣が、落ち着いたメンズテイストの
お部屋にぴったりはまります。

20180129190853.jpg

20180129190919.jpg

クッションカバー Age

これから販売する予定の、
4タイプをご紹介。

ここからは、これから販売を予定している
クッションカバーの4タイプをご紹介します。

  • 肌触りのいいワッフル生地で、一年中快適に使える"ッションカバー Arena"(2月1日 販売予定)
  • 4重ガーゼ織りで、洗濯するほどふんわり優しい肌触りになる"クッションカバー Halti"(2月2日 販売予定)
  • 幾何学模様が、インテリアにかわいらしいアクセントを与えてくれる"クッションカバー Tiili"(2月13日 販売予定)
  • 立体的な縫製で、通気性がよく肌触りが柔らかい"クッションカバー SUWA"(2月14日 販売予定)

それでは、さっそくひとつづつ
ご紹介していきます。

肌触りのいいワッフル生地で、一年中
快適に使える"クッションカバー Arena"

20180129191040.jpg

こちらは、国産リネンを採用した、
クッションカバーArena(アレーナ)。

リネンは、吸水性・撥水性に優れているので、
いつでもサラッとしたさわり心地で
快適にご使用いただけます。

さらに、生地の縫製に関しもワッフルクロス、
正式には「蜂巣織り」を採用しています。

蜂巣織りは、表面が凸凹のあるワッフルの
ように編みたてる技法で、仕上がりは、
フワッと柔らかな風合いに。

20180129191108.jpg

クッションは、肌に触れる身近なものなので、素材感、
縫製に至るまで、快適さとデザイン性に
こだわって作られています。

販売は、2月1日(木)を予定しています。

4重ガーゼ織りで、洗濯するほど
ふんわり優しい肌触りになる"クッションカバー Halti"

20180129191150.jpg

幾何学模様がかわいらしい、ガーゼ生地を
採用した、クッションカバーHalti(ハルティ)。

ジグザグとした幾何学模様がお部屋のアクセント
になる、かわいらしいデザイン。

20180129191216.jpg

そのデザイン性も去ることながら、肌触りに
こだわった、生地感にも注目。

こちらの生地は、ガーゼを4枚重ねて
作られている、4重ガーゼ仕様。

1枚ものに比べて、生地に含む空気の量が多いので、
ふっくらとしたボリューム感が魅力です。

20180129191243.jpg

洗濯を重ねるうちに、生地もやわらかくなり、
クタッとした滑らかな風合いに
仕上がっていきます。

小さなお子様や、赤ちゃんがおられる
ご家庭にも、ぜひおすすめ。

販売は、2月2日(金)を予定しています。

幾何学模様が、インテリアにかわいらしい
アクセントを与えてくれる"クッションカバー Tiili"

20180129191323.jpg

こちらは、先ほどご紹介した、
Halti(ハルティ)の柄違い。

名前は、Tiili(ティーリ)。

こちらも、ふんわりとした
肌触りの4重ガーゼ仕様。

20180129191351.jpg

デザインは、四角形がリピートした
スタイリッシュな印象。

インテリアには、ほどよいアクセントを
与えながらも、どこか優しい雰囲気を
演出してくれるのは、ガーゼ生地を
採用しているから。

20180129191419.jpg

特にナチュラル系のインテリアに、
相性がぴったりです。

Halti(ハルティ)と組み合わせて
コーディネートするのもおすすめ。

20180129191516.jpg

販売は、2月13日(火)を予定しています。

立体的な縫製で、通気性がよく
肌触りが柔らかい"クッションカバー SUWA"

20180129191600.jpg

最後は、こちら。

凹凸感がしっかり感じられる、
蜂巣織りを採用した、
クッションカバーSUWA(スワ)。

このクッションに採用している縫製技法は、
一般的な蜂巣織りとは異なります。

タテ・ヨコに20番手の双糸を使って
しっかりと織り上げることで、一層の
凹凸と伸縮性・弾力性を実現。

20180129191629.jpg

通常のワッフル生地に比べて
一つ一つの凹凸感がはっきり
と出て、フワッとした柔らかい
質感が魅力です。

カラー展開は、4色。

全体的に落ち着いた印象の
ナチュラル、ベージュ、グレー、
グリーンです。

メンズ系から、ナチュラルテイストまで、
幅広くコーディネートが楽しめます。

20180129191657.jpg

20180129191724.jpg

販売は、2月14日(水)を予定しています。

お好みのクッションカバーを、
ぜひ見つけてください。

20180129192111.jpg

最後に、ラインナップと販売予定日を
おさらいしておきます。

すでに販売をスタートしてるのは、
こちらの3タイプ。

これから販売を予定しているのは、
こちらの4タイプ。

  • 肌触りのいいワッフル生地で、一年中快適に使える"クッションカバー Arena"(2月1日 販売予定)
  • 4重ガーゼ織りで、洗濯するほどふんわり優しい肌触りになる"クッションカバー Halti"(2月2日 販売予定)
  • 幾何学模様が、インテリアにかわいらしいアクセントを与えてくれる"クッションカバー Tiili"(2月13日 販売予定)
  • 立体的な縫製で、通気性がよく肌触りが柔らかい"クッションカバー SUWA"(2月14日 販売予定)

デザイン性だけでなく、素材にも
こだわりのあるクッションカバー。

これから春の新生活に向けて
準備をされている方。

当店ラインナップから、ぜひお好みの
タイプを見つけてくださいね。

それでは、また次回に。
よねもとでした。

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:12

リセノ式 センスのいらないインテリア

  • センスのいらないインテリア(11)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(2)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(20)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(9)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(52)
  • ディスプレイの基本(16)
  • お手入れの基本(37)
  • コツとノウハウ(88)
  • リビングの基本(2)
  • ダイニングの基本(19)
  • 寝室の基本(22)
  • キッチンの基本(2)
  • 照明の基本(24)
  • カーテンの基本(8)
  • 植物の基本(30)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(15)
  • Let's DIY!(125)
  • 植物と暮らそう(49)
  • 僕と私の愛用品(41)
  • 話題の場所レポ(42)
  • 本と音楽と映画(12)
  • おすすめカフェ(31)
  • リセノ ランチ部(88)
  • Re:CENO Vlog(17)
  • お店だより(213)
  • 日々のできごと(30)

リセノのこと

  • Re:CENO product(68)
  • Buyer's Voice(18)
  • 製品ストーリー(68)
  • もうすぐ発売!(37)
  • 商品紹介(26)
  • お仕事レポート(22)
  • お知らせ(39)

メンバー


もうすぐ発売!の人気記事5件

2020年10月06日(火)
もうすぐ発売!

AGRAソファーに新色登場!ブラウンカラーを一足早くご紹介します。

今までのナチュラルカラーとは一味違う、新色ブラウンカラーの魅力をお伝えします。

品質管理 遠藤 55
2018年12月18日(火)
もうすぐ発売!

ユニットシェルフ R.U.S の薄型タイプが、いよいよ販売スタートです!

新しいR.U.Sは、奥行き25cmの省スペースモデル。薄型ならではの活用方法をご紹介します。

品質管理 遠藤 54
2016年1月06日(水)
もうすぐ発売!

フェザーを使用した、ふかふかクッションが気持ちいい。bulge sofaの魅力をお伝えします。

人気ブランドSIEVEの新作ソファーは、座り心地抜群。思わず昼寝してしまう、ソファーの魅力をお伝えします。

品質管理 遠藤 46
2020年8月28日(金)
もうすぐ発売!

2020年のこたつ新商品を、一足早くご紹介します!

今年はこたつテーブルFAMに新サイズや、ヘリンボーン柄の円形こたつ布団に登場です。

品質管理 遠藤 38
2015年6月29日(月)
もうすぐ発売!

NOANAソファー いよいよ完成しました!

Re:CENO FURNITURE 第1弾! オリジナルソファー「NOANA」がいよいよ完成いたしました!

BM 山本 32

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないインテリア

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。

  • 植物の基本

    選び方やお手入れ方法など、植物に関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(15)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(125)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(49)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 僕と私の愛用品(41)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 話題の場所レポ(42)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(12)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(31)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • リセノ ランチ部(88)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • Re:CENO Vlog(17)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • お店だより(213)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • 日々のできごと(30)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(2)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(20)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの作り方(9)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • Re:CENO product(70)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(18)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(68)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • もうすぐ発売!(37)

    発売間近の商品の情報を、ひと足お先にご紹介します。

  • 商品紹介(26)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • お仕事レポート(22)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お知らせ(39)

    リセノからのお知らせです。