Web Magazine

自分の暮らしにフィットする?
「硬いソファー」のメリットと、注意点をご紹介します。

お客様係 山崎

こんにちは、山崎です。

先日、Re:CENO product から
初となる「
硬い座り心地のソファー」
culum unit sofa がリリースされました。

私たちカスタマーサポートにも、
さっそくご注文・お問い合わせをいただき
嬉しく思いながら、ご対応しています。

20220808184056.jpgソファーセット Aタイプ culum unit sofa/NA

そんな中で、お客様より
「硬いソファーの使い心地って、実際どうですか?」
と、ご質問いただくことがあります。

確かに、はじめて硬いソファーを購入される方、
また、柔らかいソファーから買い替えをご検討の方は
ライフスタイルに合うかな~?と
ご心配もありますよね。

今回は、そんな皆様のお力になれるよう
culum をはじめとする「硬いソファー」の
基本的なメリット・注意点をご紹介します。

culum の企画経緯を詳しくお話した
こちらの記事と合わせて、ぜひご参考ください。

「culum unit sofa」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「硬いソファー」のメリットって?

20220809123139.jpg

ソファーの座面が「硬い」メリットは、
主に3つだと思います。

  1. 長時間くつろいでも、体に負担がかかりにくい
  2. 立ち座りがしやすい
  3. 整頓性を保ちやすい

今回は、硬さが正反対の
オリジナルソファー2つを例に、
比較してお話します。

柔らかいソファー代表は、
背もたれ・座面にたっぷりフェザーを使用し
包まれるような座り心地の「folk」。

硬いソファー代表は、
先にご紹介した「culum unit sofa」で
こちらは、モールドウレタンと呼ばれる
特殊な中材を使用した、しっかり硬いソファーです。

さっそく見ていきましょう!

1.長時間くつろいでも、体に負担がかかりにくい

20220809131422.jpgカウチソファー culum unit sofa/NA

硬いソファー1つ目のメリットは、
なんといっても、体への負担が少ないことです。

culum で言うと、高密度なウレタンの支えにより
座っても、寝転んでも、体があまり沈みません。

マットレスや、畳に寝転ぶようなイメージで
長時間過ごしても、体が疲れにくいです。

20220809123624.jpgカウチソファー culum unit sofa/NA

folk のように、フェザータイプの
柔らかいソファーの場合、
ふんわりと包まれる感覚が最高で
お客様にも「気持ちいい~」と人気なのですが...!

腰など、体の重い部分が沈むため
長時間過ごす中で「負荷がかかるかも」と
感じる方もいらっしゃいます。

20220809131638.png3人掛けソファー folk/BR

腰痛へのご不安がある場合、長く座っても
負担が少ない、硬いソファーがお勧めです。

余談ですが、硬いソファーは「寝落ち族」の方にも
なかなか寛大だと思います。

私自身、睡魔にとても弱く、なかなかの高確率で
ソファーで朝を迎えるのですが...
(お恥ずかしい限りです...)

20220809132858.jpgソファーセット Aタイプ culum unit sofa/BR

手持ちのソファーが硬いおかげか?
寝落ち常習犯のわりには、腰や肩を痛めず
今のところ、元気に過ごせています。

体のことを思うと、決して
大きな声でお勧めはできませんが...!
一意見として、コソッとお伝えさせていただきます。

2.立ち座りがしやすい

20220809124155.jpg

2つ目のメリットは、ソファーが硬いと
立ったり、座ったりの動作がしやすいことです。

先にご紹介の通り、腰が沈まず
ある程度は姿勢が立った状態のため
立つときも、座るときも、必要な力は最小限です。

少し極端に言えば、

柔らかいソファー:三角座りから立ち上がる
硬いソファー:しゃがんだ状態から立ち上がる

ぐらいの違いでしょうか。

柔らかい場合は「よいしょ」と
足・腰・膝に力を入れる必要があります。

20220809133321.png
▲ 座面が柔らかい場合、体がソファーに沈みます / 3人掛けソファー folk

20220809173019.jpg▲ 座面が硬い場合、体が沈まず立ち上がりやすいです / culum unit sofa

1と同様、足腰への負担が気になる方や
ソファーは一時的な休憩場所で
頻繁に立ち座りしたい!という方には、
硬いソファーがフィットすると思います。

3.整頓性を保ちやすい

20220809125133.jpgソファーセット Cタイプ culum unit sofa/NA

最後のメリットは、見た目の観点から
「整頓性」を保ちやすいことです。

硬いソファーの場合、カバーを取り外せる
「カバーリング」タイプでも
取り外せない「張り込み」タイプでも

表面のカバーはジャストサイズで、
基本的に、遊び(ゆとり)が少ない作りです。

20220809125303.jpg

そのため、自ずと「ピシッ」と
整頓された印象になります。

フェザーが入った、柔らかいソファーの場合
クッションに空気を含ませることで
ふんわり膨らむ都合上、カバーが少し大きく
ゆとりのある作りになっています。

20220809173258.png3人掛けソファー folk/BR

20220809134331.png3人掛けソファー folk/BR

そのため、カバーに自然なシワができ
クタッとした、こなれた感じの
雰囲気を楽しめます。

この、ラフで気取らない雰囲気が
魅力でもあるのですが、ピシッと派の方には

「ヨレ感や、座った時の跡が気になるかも」

と、お声をいただくことがあります。

お好みによりますが、
「クタッ」とした味わい深さよりも
「カッチリ」整然とした雰囲気がお好きな方。

また、定期的に空気を入れ替える
フェザークッションのお手入れが面倒だったり、
ヨレを都度直さないと気になる...という方。

そんなお心当たりがあれば、
いつも整った印象で使える硬いソファーが
見た目として、少ストレスかと思います。

硬いソファーの注意点は?

20220809130232.jpg

メリットの一方で、硬いソファーの注意点は
柔らかいソファーのように
「ふんわり包み込まれる気持ちよさ」は、
どうしても少ないです。

座ってすぐに「わ~!」と感動するような
ソファーの座り心地としての
華やかさは、控えめかもしれません。

ただ、その分、長く過ごしても疲れにくく
安定感のある、堅実な座り心地です。

もう少し柔らかさが欲しいかも、という時は
シープスキンや、フェザータイプのクッションを
プラスすると、ある程度肌当たりを調整できます。

20220809174239.jpg

もう1点、硬いソファーで注意したいのが
「中材」であるウレタンの素材です。

ウレタンのヘタリがあまりにも早いと
せっかくの硬さがキープされず、
残念な思いをすることがあります。

culum の「モールドウレタン」のように、
高密度なウレタンを使用しているソファーは
耐久性が高く、長持ちします。

20220809172844.jpg

ウレタンは荷重により
消耗する素材ではありますが、
硬いソファーのメリットが長く続くよう
耐久性は、気をつけて選びたいところです。

メリット・注意点を理解して、
ライフスタイルに合ったソファー選びを。

20220809130620.jpgソファーセット Cタイプ culum unit sofa/BR

それでは、最後に内容をおさらいです。

硬いソファーのメリットは、

  1. 長時間くつろいでも、体に負担がかかりにくい
  2. 立ち座りがしやすい
  3. 見た目の整頓性

注意点は、

  1. ふんわり包まれる気持ちよさは少ない → シンプル・堅実な座り心地
  2. ウレタンの素材により、耐久性が異なる →「モールドウレタン」など耐久性が高いものを選ぶと安心

でした。

個人的には、ソファーは硬い方が好きで
自分でも、うんうん、と頷きながら
今回の記事を書きました。

硬いソファーのご新調・お買い替えを
ご検討の際は、購入前のチェックとして
お役立ていただけると嬉しいです。

Styling Furniture

ソファーセット Aタイプ culum unit sofa/NA

¥ 328,000


ソファーセット Cタイプ culum unit sofa/BR

¥ 258,000


ソファーセット Aタイプ culum unit sofa/BR

¥ 328,000


3人掛けソファー folk/BR

¥ 238,000


SHEEP SKIN

¥ 29,700




View More

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:22

センスのいらないインテリア

  • センスのいらないリビングのルール(12)
  • センスのいらないダイニングのルール(11)
  • センスのいらない寝室のルール(7)
  • センスのいらない収納のルール(1)
  • センスのいらない照明のルール(4)
  • センスのいらないコーディネートのルール(9)
  • センスのいらないインテリアの基礎知識(6)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(12)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(41)
  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(77)
  • ディスプレイの基本(25)
  • お手入れの基本(49)
  • コツとノウハウ(109)
  • リビングの基本(18)
  • ダイニングの基本(24)
  • 収納の基本(25)
  • 寝室の基本(26)
  • キッチンの基本(4)
  • 書斎の基本(9)
  • 照明の基本(22)
  • カーテンの基本(7)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(70)
  • Let's DIY!(134)
  • 植物と暮らそう(54)
  • 話題の場所レポ(45)
  • 本と音楽と映画(11)
  • おすすめカフェ(23)
  • 日々のできごと(33)

リセノのこと

  • 僕と私の愛用品(81)
  • 蚤の市で見つけた偏愛品(12)
  • Re:CENO Vlog(40)
  • Re:CENO product(80)
  • Buyer's Voice(27)
  • 製品ストーリー(42)
  • 商品紹介(48)
  • リセノ ランチ部(103)
  • お仕事レポート(59)
  • お店だより(68)
  • お知らせ(36)

特集

  • AGRAソファのこと(14)
  • センスのいらないインテリア(35)
  • コーディネートレッスン(37)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(6)
  • オリジナル家具の企画経緯(31)

メンバー


リビングの基本の人気記事5件

2018年1月09日(火)
リビングの基本

家具の配置で、居心地の良さが変わる!リビング・ダイニングのレイアウトの基本をご紹介します。

リビング・ダイニングの配置の基本を知って、家族みんなが暮らしやすい空間を作りましょう!

お客様係 山崎 861
2019年12月17日(火)
リビングの基本

テーブルのないリビングのメリットと、快適に過ごすためのコツを知ろう!

何となく置いてしまうことの多い、リビングテーブル。無くした場合のメリットや、快適に過ごすコツをご紹介します。

お客様係 山崎 498
2020年7月17日(金)
インテリアを学ぶ

知っておきたい「リビングテーブル」の選び方~サイドテーブル編~

テーブル選びで、サイズ感の次に大事なポイントは?

東京店店長 江上 83
2021年7月09日(金)
コーディネートの基本

「住み心地のいいお家」の特徴って?おうち時間を好きになる6つのアイデア

「外」と「お家」に繋がりを作って、開放感のあるインテリアを実現しよう。

東京店店長 江上 65
2021年12月10日(金)
リビングの基本

インテリア失敗談から学ぶ。家具選びで気を付けたい「3つのポイント」をご紹介します。vol.1

買う前に、ちょっと待った!後悔しないために知っておきたい「リアルな失敗談」を集めました。

東京店店長 江上 61

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないリビングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「リビングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないダイニングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「ダイニングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない寝室のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「寝室の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない収納のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「収納の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない照明のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「照明の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないコーディネートのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「コーディネートの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないインテリアの基礎知識

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現するために必要な「インテリアの基礎知識」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(12)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(41)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 収納の基本

    選び方やお手入れ方法など、収納家具に関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 書斎の基本

    選び方やお手入れ方法など、書斎に関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(70)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(134)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(54)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 話題の場所レポ(45)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(11)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(23)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • 日々のできごと(33)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • 僕と私の愛用品(81)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 蚤の市で見つけた偏愛品(12)

    全国各地で定期的に開かれている「蚤の市」にいざ出発! そこで見つけて、ゲットしたかわいいアイテム「偏愛品」を、偏愛とともに語ります。

  • Re:CENO Vlog(40)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • Re:CENO product(82)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(27)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(42)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • 商品紹介(48)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • リセノ ランチ部(103)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • お仕事レポート(59)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お店だより(68)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • お知らせ(36)

    リセノからのお知らせです。