【お知らせ】通常営業の再開につきまして


Re:CENOインテリア
合計¥20,000以上の購入で送料無料
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


27
Dec
2019
植物と暮らそう植物の基本お店だより

植物の越冬準備はできていますか?
枯らさず元気に冬場を乗り越える方法をご紹介♪


Web Magazine
京都店店長 関

こんにちは。
Re:CENO KYOTO セキです。

いよいよ今年も残り数日となりましたね。

みなさま年末の大掃除なんかで、
忙しい毎日を過ごされているのではないでしょうか。

大掃除の際に、家具メンテナンスも一緒にされる方は、
先日のスタッフ大友の記事も見てみて下さいね♪

年末の大掃除と一緒に家具をメンテナンスしよう!
東京店の家具メンテナンスレポート

また、だいぶ冷え込みも厳しさを増し、
こちら京都でも、朝晩はかなり冷えてきました。

そこで本日は、お店だより恒例の植物関連の内容で、
自宅などにある観葉植物の越冬について、
ご紹介していきたいと思います。

20191224202656.jpg

植物にとって、冬はどんな季節?

四季がある日本では、春秋の比較的過ごしやすい気候、
暑い夏、寒い冬と、当たり前のように
気候は変わっていきます。

また、一般的に湿度が高いと言われる夏と、
湿度が低い冬など、温度以外の部分でも
季節によって変わってくる部分もあります。

湿度もある程度あり、温かい環境が好きな
植物が多い中、乾燥しやすく気温も低い冬は、
植物にとっては1番過ごしにくい季節なんです。

冬場でも育てやすい植物 = 耐寒性のある植物は、
以前にスタッフ江上の記事でご紹介しているので、
そちらもご参考にしてくださいね♪

冬の寒さもへっちゃら!
この時期におすすめのグリーンをご紹介します。

店頭でお客様からも、
「冬場に植物をダメにしてしまって、、」
といったお声を頂くことも度々あります。

ここからは、植物が元気に春を迎えられるよう、
冬場自宅で気をつけておきたいポイントを
3つご説明していきます^^

① 配置場所に気をつけよう!

今まで植物に関するマガジンなどでも、
日当たりが良い窓辺などは、風通しもよく、
配置場所には適していると何度かご紹介してきました。

しかし、冬場はそのままでは大変危険です!

特に朝晩など、窓辺はかなり冷え込みますので、
可能な限り窓辺からは離した場所へ移動させて
あげましょう。

窓辺以外でも、玄関やトイレなど、
冷えるような場所に置きっぱなしにするのは
極力控えましょう◎

「なかなか移動場所がなくて、、」
という場合の対処法としては、植物に
ビニールやダンボールを被せるという術があります。

20191224203022.jpg

これを行うことで、温度と湿度の低下を
多少なりとも防ぐことが可能です。

その際は、ビニール袋に何箇所か小穴を開け、
空気の循環はできるようにしておきましょう。

室温的には10℃以上を保てる場所でないと、
寒さで枯れてしまう可能性があるので注意が必要です。

かと言って、クーラーやヒーターで室温を上げ、
乾燥がちになると、それはそれであまり良くないので、
加湿器や霧吹きを使い、温度も湿度も適度に保たせる
ように気を配りましょう^^

20191224201106.jpg

② 水やりの頻度に注意しよう!

置き場所の次は水やりです。

20191224200011.jpg

どこかで見たのですが、植物を枯らしてしまう
ランキングの1位は、水のやりすぎが原因みたいです。

冬場の植物は基本的に冬眠期に入っており、
土の乾燥も夏場に比べて遅いので、
水やりの頻度は少なめで大丈夫です。

しかし、夏と同じ様なペースで水をあげ続けると、
根が腐り、いわゆる根腐れによって枯れてしまう
恐れがあるので注意が必要です。

水やりの頻度は品種などによっても違うので、
一概に何日とは言いにくい所ですが、
表面の土が乾いてから2~3日後の朝にたっぷり!
というのを目安にしてもいいでしょう。

また、水温もできれば常温ぐらいが理想的です。

人間で言うヒートショック的な部分で、
冷たい水を急に浴びれば、心臓が止まりそうに
なっちゃいますよね笑

なので、夜にペッドボトルなどに水を入れておき、
室温で常温に近づけておくといいでしょう♪

③ できるだけ日向には当ててあげよう!

最後は日当たりの部分で、こちらは年中通してですが、
冬場もできるだけ日光には当ててあげましょう^^

20191224200851.jpg

上項目でも触れていたように、外が10℃以下の場合は
外ではなく、室内の日当たりのいい場所に置く事を
オススメします。

日中に陽が出ていて、少し暖かいようであれば、
風通しも含めて一時的に出してあげるのは◎

しかし、いきなり暖かい部屋に取り込む際は、
室内外の気温差が激しくなり、植物へストレスを
与えることになるので注意が必要です。

20191224200156.jpg
プラントムーバー ¥3,850-

大きな植物などは、鉢下につけて移動しやすくなる
プラントムーバーを使うと大変便利ですよ♪

成長というよりかは、現状維持の意識を持って。

観葉植物の越冬方法、いかがでしたでしょうか。

今の寒い時期は成長期ではないので、
成長を期待するのではなく、次の春から元気に
成長できるような準備期間として捉えておきましょう。

ここで少しおさらいをしておくと、

  • 室内での配置場所は、窓辺や玄関などの朝晩冷え込みそうな場所は控える。
  • 水やりはいつも以上に控え、土や植物の状態を見ながら行う。
  • 日光は引き続き浴びせ、移動の際には温度差に気をつけて行う。

こちらを意識しながら、
翌年の春に向けて、しっかりと準備をしましょう^^

冬場や春先に多少落葉する事もありますが、
ちょっとぐらいならあまり心配することはありません。

春先には、またニョキニョキと芽生え、
元気な姿を見せてくれるはずです♪

そして、今年も一年リセノウェブマガジンを
ご覧いただき、ありがとうございました!

来年も、皆さまの生活に役に立ち、
暮らしが豊かになるような記事を書いて参りますので、
ぜひお読みいただければ幸いです^^

来年、みなさまにとって良い1年になるよう、
スタッフ一同願っております。

それでは、最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

20191224204456.jpg

Styling Furniture



View More

参考になった!数

参考になった!

参考になった!

参考になった!

参考になった!

参考になった!

参考になった!

参考になった!

参考になった!

参考になった!

感想・質問・リクエスト フォーム

ライターの励みになりますので、[参考になった!] のクリックをお願いします。

また、ぜひともご感想・ご質問・リクエストなどお気軽にお寄せください!

Youtubeチャンネル登録で、毎週リリースの
最新動画をいち早くお知らせします。

Interior Basics

  • ソファの基本 ( 17)
  • チェアの基本 ( 4)
  • ベッドの基本 ( 17)
  • ダイニングの基本 ( 15)
  • リビングテーブルの基本 ( 5)
  • 収納の基本 ( 9)
  • テレビボードの基本 ( 3)
  • ラグマットの基本 ( 14)
  • こたつの基本 ( 6)
  • キッチンの基本 ( 2)
  • 照明の基本 ( 19)
  • カーテンの基本 ( 6)
  • 植物の基本 ( 25)
  • コーディネートの基本 ( 35)
  • ディスプレイの基本 ( 12)
  • お手入れの基本 ( 15)

Article

  • Re:CENO product ( 50)
  • Buyer's Voice ( 18)
  • 製品ストーリー ( 61)
  • Let's DIY! ( 94)
  • もうすぐ発売! ( 35)
  • 植物と暮らそう ( 47)
  • 僕と私の愛用品 ( 20)
  • 話題の場所レポ ( 32)
  • 本と音楽と映画 ( 10)
  • お店だより ( 167)
  • おすすめカフェ ( 31)
  • リセノ ランチ部 ( 85)
  • お仕事レポート ( 17)
  • 日々のできごと ( 30)
  • お知らせ ( 33)

Video

  • 【動画】インテリアコーディネート ( 4)
  • 【動画】日々うらら ( 5)
  • 【動画】リセノTV ( 6)
  • 【動画】基礎・コツ・ノウハウ ( 33)
  • 【動画】お手入れ・メンテナンス ( 9)
  • 【動画】オリジナルプロダクト ( 15)

Author

Ranking


植物の基本の人気記事5件

2014/12/02
インテリアの基本レッスン

インテリアにグリーンを取り入れよう。

スタッフの自宅でのグリーンの取り入れ方を参考に、グリーン導入のヒントを解説していこうと思います。

BM 山本 200
2019/05/21
【動画】基礎・コツ・ノウハウ

【動画】お部屋にあう観葉植物の選び方をご紹介します。

観葉植物をセンスよくコーディネートするには、「形」と「色」に注目しよう!

品質管理 遠藤 41
2018/04/17
植物と暮らそう

色んな場所に植物を飾れる、壁掛けフラワーベースをDIY!

グリーンが好きな方におすすめのDIY!配管工事用のパーツと木の板を組み合わせて、壁掛けフラワーベースを作ってみました。

デザイナー 岡本 16
2019/06/28
植物と暮らそう

「植物を育ててみたいけど、ちょっと不安、、」初心者の方へのワンポイントアドバイス集♪

初心者の方や、植物を枯らしてしまいがちな方へ、これだけ守れば!というアドバイス集♪

京都店店長 関 16
2018/03/09
植物と暮らそう

室内での大きな植物の管理って難しいの?そんな時に便利なアイテムをご紹介♪

大きな植物を管理する際のポイント等をご紹介♪

京都店店長 関 15

Interior Basics

Article

Video

Member

新着トピックス

【5/26更新】通常営業の再開につきまして

東京店は5月30日(土)より、オンラインストア・京都店は、6月1日(月)より通常営業を再開いたします。

京都店 リニューアルオープン!

6月1日 京都店はリニューアルオープンいたします。内装を一新し、ショップインカフェも併設します!

「Re:CENO VIDEO」スタートしました!

インテリアコーディネートや、商品紹介を動画でお伝えする新コンテンツをスタートしました!

レザーティッシュケースを発売しました!

Re:CENO productから、初めての雑貨プロダクト「レザーティッシュケース」をリリースします。