×

アイテム検索

家具・インテリア

インテリア雑貨

家電

キッズインテリア

キッチン

エクステリア

植物・ガーデン

SALE

おすすめコンテンツ

×

特集

消費税率の変更に関するお知らせ

ユニットシェルフ特別 5%OFFキャンペーン 24日まで
専門スタッフが応対いたします。お気軽にお問い合わせください。
アイテム
電話サポート
メールサポート

HOME > 特集 > 暮らしにあったベッドの選び方

POINT 1 SIZE サイズから選ぶ

暮らしにあったベッドを選ぶために、サイズについて考えることはとても大切です。幅、高さはもちろん、レイアウトや搬入経路など、様々な視点からサイズ選びのポイントをご紹介。

部屋の広さとや周辺の家具とのバランス、生活導線にも関わってくるので、様々な視点から参考にして下さい。

BED SIZE

ベッドサイズ

WIDTH

幅選びのポイント

SEMI SINGLE

80-95cm

小柄な女性や子供におすすめの コンパクトサイズ。スペースを取らず ワンルームの省スペース化にも。

SINGLE

100cm

一人用の一般的な大きさで、 デザインや形状も豊富。並べて 使ったりもしやすいサイズ。

SEMI DOUBLE

120cm

寝返りも余裕を持ってできるサイズ。 一人でゆっくり寝たい方や 体の大きなの方におすすめ。

DOUBLE

140cm

二人一緒に寝たいけれど、 サイズをコンパクトに抑えたい方や、 一人で大の字で寝たい方におすすめ。

QUEEN

160cm

二人一緒にゆったり寝るためのベッド。 新婚さんやカップルにおすすめで、 一人当たりの幅にもゆとりがあります。

WIDE KING

200cm

シングルを並べてワイドキングサイズとして。 お互いの眠りを妨げずぐっすり寝れます。 小さなお子様も一緒に三人での使用も。

POINT

一人あたりの幅は男性が60cm、女性50cm位が目安です。左右に15~20cmの幅があるとゆとりを持って寝られるでしょう。

[ 幅が広い場合 ]

❶ 夫婦や子供など一緒に寝れる人数が増える
❷ 寝返りを打ちやすく余裕を持って寝れる

[ 幅が狭い場合 ]

❶ コンパクトで小さいお部屋でも置ける
❷ 並べて使ったり複数のベッドを置ける

HEIGHT

高さ選びのポイント

NORMAL TYPE

25-50cm

LOW TYPE

10-20cm

POINT

床からマットレスの距離を基準に考えましょう。使い勝手やデザインのほか、腰掛けやすさ、立ち上がりの楽さなども関係してきます。

[ 高い場合 ]

❶ ベッド下を収納に使える
❷ 起きる時に立ち上がりが楽

[ 低い場合 ]

❶ 空間が広く感じられる
❷ 床に近く安心感がある

ROOM SIZE

お部屋のサイズについて

実際にベッドを部屋に置く場合、お部屋のサイズや回りの家具との距離など、具体的に把握をすることで、置けるベッドのサイズがより具体的に割り出せます。

コンセントや窓の位置、通路幅など事前情報が多くあれば実際の生活もシミュレーションできます。

ONE ROOM

BED ROOM

POINT

生活導線や他の家具との距離、コンセントなどの位置や、引き出しやドアといった使用時に可変するもののサイズまで把握しましょう。

[ 気をつけるポイント ]

❶ 引出し ❷ 扉 ➌ 窓 ➍ コンセント 
➎ スイッチ ➏ エアコンの向き 
➐ TVアンテナ&電話端子

[ 必須アイテム ]

❶ メジャー ❷ 部屋の間取り図 ➌ 筆記用具

Re:CENOの3Dコーディネートページを使えば、さらに具体的なシミュレーションができます。

AROUND SPACE

ベッド周辺のスペースについて

壁との距離

通気性をよくするため、掛け布団を垂らすスペースを確保しましょう。ベッドと壁の間に5~10cmのスペースを開けておくとよいでしょう。

ドレッサースペースの距離

寝室は寝るだけでなく身支度も行う場所。お化粧や身支度を行うドレッサーを置く場合、そのスペース約60~90cmが必要です。

生活動線の距離

人が1人歩くためには50~60cmのスペースが必要です。ベッドの横はお部屋の導線になっているので、そのスペースを考慮しておきましょう。

POINT

ベッドやベランダへ繋がる生活動線や、ドレッサーの有無、またベッド周辺の掛ふとんを垂らすスペースを考慮しましょう。

[ ベッドからの距離 ]

❶ 布団を垂らすスペース5~10cmが必要
❷ ドレッサーを置く場合は60~90cmが必要
❸ 人が1人歩くためには50~60cmが必要

LAYOUT

レイアウトについて

ワンルーム向き
レイアウト

シングルベッドをソファ代わりに使用し、スペースを有効活用したレイアウト。コンパクトに収まるのでワンルームを広々と使えます。

夫婦の寝室向き
レイアウト

夫婦一緒に寝れるダブルのベッドを部屋の中央に置いた、寝室のレイアウト。サイドには照明とドレッサースペースも確保。

2台並べ型
レイアウト

シングルのベッドを2台並べて、キングサイズのベッドとして使うレイアウト。お子様が小さい時は一緒に寝て、大きくなったら離して使えます。

2台離し型
レイアウト

夫婦別々に寝られる、ホテルの寝室のようなレイアウト。間には小物を置けるシェルフを設置。お互いのスペースに干渉せず、ぐっすり寝られます。

POINT

ベッド以外のスペースを広く使いたいか、睡眠第一でベッド上を広く使いたいか、どのような使い方が暮らしにあっているかを考えましょう。

[ コンパクトさを優先する場合 ]

❶ ワンルーム向きレイアウト ❷ 夫婦の寝室向きレイアウト

[ 睡眠の質を優先する場合 ]

❶ 2台並べ型レイアウト ❷ 2台離し型レイアウト

ROUTE

搬入経路について

梱包サイズの確認

商品ページのSPEC欄に記載されている、梱包サイズをチェックしていきます。A、B、C、に当てはめましょう。

経路の確認

お部屋までの搬入経路を確認していきます。搬入時の為に、通路に置かれているものを避ける場所も考えておきましょう。

エレベーターのポイント

・エレベーターの入口の幅がC以上※
・エレベーターの入口の高さがA以上※
・エレベーターの室内の奥行きがB以上※

階段のポイント

・階段の幅がC以上
・曲がり角の対角線の長さがB以上
・高さがA以上(階段・おどり場)

玄関と廊下のポイント

・玄関と廊下の幅がC以上
・曲がり角の対角線の長さがB以上
・高さがA以上(玄関・廊下・部屋入口)

扉のポイント

・ドアを開いた状態がC以上
※外開きの扉の場合、ドアノブの分だけ入口が狭くなります。

※エレベーター平均サイズ(cm)
<6人乗り> 幅105 奥行115 高さ220, 出入口 幅80 高さ200 <9人乗り> 幅105 奥行152 高さ220, 出入口 幅80 高さ200

POINT

搬入時のトラブルを避け、スムーズに入れられるよう、事前に設置場所までの各ポイントのサイズを把握しておきましょう。

[ 梱包サイズ ]

「幅」、「奥行き」、「高さ」の確認

[ 階段 ]

幅と高さ、曲がり角の長さも確認

[ 経路 ]

入り口から設置場所まで経路を確認

[ 玄関・廊下 ]

幅と高さ、曲がり角の長さも確認

[ エレベーター ]

入口の幅と高さ、室内の奥行きを確認

[ 扉 ]

開けた時のドアノブの長さを入れた幅を確認