ツイート

Re:CENOインテリア
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


Web Magazine
グリーンと暮らそうお店だより

お部屋で育てやすいグリーンって?
スタッフのおすすめと、コーディネートのコツをご紹介します!

東京店店長 山田

20170214200421.jpg

こんにちは。
Re:CENO TOKYO やまだです。

ようやく寒い季節が終わり、春がやってきますね!
ぽかぽかとした暖かい陽気に誘われるように、
グリーンたちも元気に生長する、私も大好きな季節です。

東京店のグリーンたちも、冬を乗り越えイキイキ
とした姿を見せ始めています。

そこで今日は、東京店スタッフ3名が、お部屋で
育てやすいグリーンを使って、

  • 【リビング】
  • 【キッチン】
  • 【寝室】

3つのシーンごとにコーディネートをご紹介します♪

「どれくらいの大きさがいいのかな?」
「日が入らないからすぐ枯れてしまうかも...」
「面倒くさがりな私でも育てられるかな...」

と、心配な方でも大丈夫!
初心者でも比較的育てやすいこの時期に、お部屋を
彩ってみませんか?

幸福の木がシンボルツリー!
大小様々な植物が彩る、家族が集まりたくなるリビング

20170311134829.jpg

まずは、staff すずきがオススメする
【リビング】のコーディネートです。

ソファ横に大型のグリーンを置く事で、ソファ上の
空間も寂しくならず、雰囲気がぐっと良くなります。

大きさの異なる植物を置く事でリズムが生まれ、
会話の弾むような明るい空間となっていますね♪

細かな葉っぱが繊細でナチュラル!
乾燥に強く、人気の植物【オリーブ】

20170311155618.jpg

すずき:
「印象的な【オリーブ】の木は、
 『平和や幸福の象徴』といわれ、
 まさに家族が集うリビングにぴったり!

 乾燥にも強いので、エアコンの使用頻度が高い
 リビングでも、負けずに元気に育ってくれますよ。

 色んな高さのグリーンを置いて、どんな姿勢でも
 目に入ってくるように配置するのがオススメです。」

<オリーブが平和の象徴となったわけ>

旧約聖書の創世記に記された「ノアの方舟」の物語に由来します。大洪水から逃れるために、
ノアの家族とつがいの動物たちは方舟に乗って40日間を過ごします。
その後、地上に放った鳩がオリーブを持ち帰ったことで、洪水が収まったのを知ったそうです。

【育て方】

  • 場所:風通しの良いひなた
  • 水やり:土が乾いたら
  • 乾燥に強いですが、過湿に弱いので、
    夏場は特に、風通しの良い場所を好みます。

吊るすだけで絵になる不思議な植物。
手軽さが魅力の【ウスネオイデス】

20170214200646.jpg

すずき:
【ウスネオイデス】は、土壌を必要としない
 エアプランツの一種で、天井から吊るしたり、
 置くだけでインテリアに映える植物なんです。

 空気中の水分を吸収して生長するので、
 週に2~3回霧吹きしてあげると元気に育ちます。
 面倒くさがりさんにもオススメです!」

【育て方】

  • 場所:カーテン越し
  • 水やり:霧吹きで週に2~3回
  • 直射日光に当たると、葉が痛んでしまうので、
    やわらかい光を好みます。

動きのある幹と、大ぶりな葉っぱがイキイキとした
表情をみせてくれる【フィカス・アルティシマ】

20170214200757.jpg

すずき:
「大型も人気が高い【フィカス・アルティシマ】
 ですが、今回は高さ70cm程の、小ぶりでキュートな
 サイズをチョイス。

 床置きしても、スツールなどに置いて高さを
 出してもばっちり決まる、絶妙なサイズ感なんです。

 曲がりくねった幹は、空間に表情をつけてくれるので、
 置くだけでお部屋の雰囲気がグッと良くなりますよ。
 
 強い生命力を持ち、耐陰性もあるので
 育てやすいです。」

【育て方】

  • 場所:カーテン越し
  • 水やり:土が乾いたら(冬場は乾燥気味に)
  • 太陽の光が当たることで、葉の色が
    より鮮やかになります。

私も自宅で【フィカス・アルティシマ】
を育てていますが、冬場に葉が落ちてしまい、
もうダメか...と思ったことがあります。

それでも、暖かくなるとグングン成長を始めたので、
生命力の強さを感じました!

いつもの家事も気持ちよく!
季節のお花やグリーンと、共に過ごすキッチン

20170219125056.jpg

続いて、私やまだがオススメする、
【キッチン】のコーディネートです。

収納棚やカウンターがあり、水道も近くにあるので、
植物の管理や配置がしやすいキッチン。

お気に入りの食器や、コーヒー器具と並べてみたり、
ディスプレイも楽しめます。

かといって、置く場所も限られているし、
なんだか迷ってしまいますよね。

今回は、見栄えが良くて、キッチンにぴったりな
植物をご紹介します!

つるを垂らしてインテリアに!
多くの人に長年愛され続ける【アイビー】

20170216021222.jpg

リビングに比べ、日の入りにくいキッチンでも
元気に育つ、暑さにも寒さにも強い【アイビー】

色んな方向に伸びたツルは、自分好みに剪定するのも
楽しみの1つです。

長さのあるものは天井から吊ってみたり、1つだけでも
十分な存在感です。

【育て方】

  • 場所:明るい日陰
  • 水やり:土が乾いたら(冬場は控えめに)
  • 剪定して切ったツルは、水挿しや挿し木で
    簡単に増やすことができますよ。

まぁるい葉っぱが可愛らしい
主役にも脇役にもなれる【ユーカリ】

20170311135039.jpg

やわらかい曲線が魅力の【ユーカリ】は、
ガラス容器などに水挿しで飾るのがおすすめ。

キッチンにある保存容器を使って、統一感を出すと、
より手の込んだディスプレイに見えます。

口が広すぎなければ、お手持ちのコップや
ビーカーなどで十分です。

元々は植物を増やすためのやり方ですが、
土いじりが苦手な方もグリーンを楽しめますし、
とても衛生的です♪

【育て方】

  • 場所:ひなた、半日陰
  • 水替え:1~2日に1回
  • 鉢植えで育てる場合は、生長が早いので剪定が
    必須。切り離した部分を水挿しに使うことが
    でき、経済的です。

<可愛いだけじゃない!ユーカリの効果>

ユーカリからは、スーッとした爽やかな香りがします。この香りには、防虫・防カビ・殺菌作用が
あるんです。さらに気分を安定させる効果もあるので、とってもリラックスできますよ。

20170219123523.jpg

今回は、季節のお花として【ミモザ】を選びました。
3月~4月に開花するミモザは、ボンボンのような、
小さなお花の可愛らしさが人気の植物です。

ユーカリの少しシルバーがかったグリーンと、
弾けるようなイエローが、私も大好きな組み合わせです。

二種とも、束ねて逆さに吊るすことで、簡単に
ドライフラワーに出来るので、少し弱ってきたかな?
と感じた時は、潔くドライにすると良いですよ!

こまめに手入れしなくても大丈夫!
耐陰性に優れたグリーンを並べて、リラックスできる寝室

20170219181158.jpg

最後に、staff えがみがオススメする、
寝室のコーディネートです。

一日の疲れを癒す寝室に、リラックス効果のある
グリーンは相性抜群ですが、日当たりが十分では
なかったり、広さが限られていたりしますよね。

先ほどご紹介した【アイビー】を上から大胆に吊ると、
鉢植えとはまた違った魅力があります。

棚には、小ぶりですが特徴のあるグリーンを
置くことで、ナチュラルですが個性のある寝室に
なっています。

白斑が入った植物で統一すると、優しい雰囲気に
なりますよ♪


チェストやサイドテーブルから垂らすのがおすすめ!
夏には可愛らしい花が咲く【ホヤ・カルノーサ】

20170219124958.jpg

えがみ:
「こちらの【ホヤ・カルノーサ】は、
 枯れかかっても挿し木をすると復活する姿から、
 『人生の門出』という素敵な花言葉を持っています。

 朝起きて、1日をスタートする寝室と、なんだか
 つながりを感じますね。

 夏には桜色の可愛い星型の花が咲き、香りも良いので、
 とっても癒されます!」

【育て方】

  • 場所:半日陰、カーテン越し
  • 水やり:土が乾いたら(冬場は控えめに)
  • 長くつるが伸びないと花が咲かないので、
    ツルが10~15節ほど伸びるまでは、
    剪定を控えましょう。

<半日陰ってどういう場所?>

一日のうちで数時間だけ日が当たるような場所のことを言います。 例えば、
午前中の数時間だけ日が差し、
午後になると日陰になるような場所です。
家の東側によく見受けられます。

小さな葉が可愛くてリーズナブル!
初心者におすすめの【ペペロミア】

20170219123723.jpg

えがみ:
「葉や形のバリエーションが豊かで、約1000種にも
 のぼる【ペペロミア】は、肉厚な葉に水を貯えるので、
 ちょっとくらい水やりを忘れてしまっても大丈夫!

 小型の種類が多く、窓際やベッドサイドにも並べ
 やすい大きさです。
 安価で手に入りやすいのも魅力ですね。」

【育て方】

  • 場所:半日陰
  • 水やり:土が乾いたら(冬場は控えめに)
  • 乾燥には強いですが、多湿を好むので霧吹き
    してあげると元気に育ちます。

枯れにくくて丈夫さNo.1!
パッと開いた葉が元気をくれる【シェフレラ・ホンコン】

20170219123805.jpg

えがみ:
「くねっと曲がった姿が愛嬌のある
【シェフレラ・ホンコン】は、お水が大好きですが、
 乾燥にも強いので、少々お水をやり忘れても大丈夫。

 葉が上向きにパッと咲くように伸びていくので、
 朝目覚めて目に入ると、なんだかほっこりした
 気持ちになります♪」

【育て方】

  • 場所:カーテン越し
  • 水やり:土が乾いたら(与えすぎに注意)
  • 成長の早い種類なので、根詰まりを
    起こしたらすぐに植え替えてあげましょう。

人の出入りの少ない寝室だと、どうしても管理を
忘れがちになってしまいますよね。

見た目は可愛いけれど、頑丈な植物って
とっても魅力的です。私も欲しくなっちゃいました♪

生活スタイルに合ったグリーンを選んで、
自分だけの癒しの空間を作ってみませんか?

Re:CENOの【STYLING BOOK】の中でも、お部屋の
コーディネートの中には、グリーンは必ずと言っても
いい程登場しています。

Re:CENO STYLING BOOK

インテリアには欠かせない存在として、
店頭でも興味を持たれている方が非常に多いので、
ご紹介させていただきました。

生き物なので、管理は必要ですが、
新しい芽を出したり花が咲いたりする姿は、
たまらなく可愛いものです。

東京店では、紹介しきれないほど、たくさんの種類を
販売していますので、ぜひスタッフまでお問い合わせ
下さいね!


同じカテゴリーの記事

人気の記事

新着トピックス

12月5日~22日 歳末大セール開催中!

こたつやTVボードなど人気のインテリアを、期間限定でプライスオフ!

「Re:CENO mag」も検索に対応しました。

インテリアの基礎知識や動画など、Re:CENO magの記事も検索できるようになりました。

Re:CENO product コンテンツ拡充しました。

オリジナル家具「Re:CENO product」のサイトに「サポート」「コーディネート」など新しいコンテンツを追加しました。

【リクルート】インテリア好きな方、お待ちしています。

インテリアが好きな方や、リセノに参加してみたいという方をお待ちしています。