ツイート

Re:CENOインテリア
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


Web Magazine
リセノ ランチ部お店だより

バレンタイン企画!コーヒー生チョコの簡単レシピ

東京店 江上

こんにちは。
Re:CENO TOKYO エガミです。

2月と言えば、バレンタインデーですよね。

学生の頃は、たっぷりと時間をかけて、
友チョコを大量生産していた思い出があります。

しかし、今ではチョコ作りに掛けられる時間も
なかなか取れなくなり...
パパッと作れるものはないかなあ?
と考えたところ、見つけました!

冷蔵庫で冷やす時間を除くと、
なんと15~20分程で出来てしまう簡単メニュー。

忙しい方でも、お仕事終わりにパパッと作れちゃいます。

そこで今日は、バレンタイン直前スペシャル!
コーヒー生チョコの簡単レシピをご紹介します。

20170119191332.jpg

今回は、Re:CENO TOKYOで販売している
サーカスコーヒーのRe:CENOブレンドの
コーヒー豆を使って作りたいと思います。

Re:CENOブレンドは、濃厚な深い味わいと共に、
ナッツのような香ばしさも感じられるコーヒー豆。
チョコレートとの相性は抜群です!

ちなみに、我が家でも大人気のブレンドです^^

以前、東京店の店長がサーカスコーヒーさんに
訪れた時の記事がありますので、
もし良かったらこちらもご覧くださいね。

http://www.receno.com/pen/realshop/2015-02-13.php

材料(12個分)

20170119192332.jpg

  • チョコレート 200g
  • 生クリーム 100g
  • コーヒー豆 10g(インスタントコーヒーでもOK)
  • ココアパウダー 適量
  • ドライフルーツ 適量

簡単レシピ

それでは、早速作ってみましょう!

1.まずは、コーヒーを淹れます。
 一番細かいダイヤル設定で挽いた10gのコーヒー粉に、
 45秒かけて、ゆっくりと20gのお湯を注ぎます。

20161221192351.jpg

2.生クリームと混ぜる時に、溶けやすくするために、
 チョコレートを細かく刻みます。

20170111190432.jpg

3.鍋に生クリームを入れて、温めます。
 この時、沸騰する一歩手前まで温めるのがポイントです。

 沸々としてきたなと思ったら、すぐに火を止めましょう。

20170111183643.jpg

4.温めた生クリームの中に、刻んだチョコレートを
 加え、なめらかになるまで混ぜて、溶かします。

20170111183710.jpg

5.チョコレートが溶けたら、
 1で作ったコーヒーを加えて、混ぜます。

20170111183740.jpg

6.5で完成したチョコレートをトレイの中に流し込み、
 冷蔵庫で4~5時間、冷やします。
 時短テクニックとして、冷凍庫でもOK!

 忙しい方は、寝る前の時間にここまでの作業を
 終らせて、次の日の朝に少し早く起きて、
 以下の作業に取り掛かるという方法がオススメです。

20170111185313.jpg

7.冷やし終えたら、一口サイズに切りココアパウダーをまぶします。

20170113170502.jpg

8.お好みで、生チョコの上にドライフルーツや
 コーヒー豆をのせてみたりして...

 完成です♪

20170117205948.jpg

トローリとろける、ビターな大人の味わい。ぜひお試しください♪

バレンタインが4日後に迫った今日。

時間はないけど、「何か作りたい!贈りたい!」という方。

用意する材料も少なく、
作業もとても簡単な、コーヒー生チョコを
ぜひ、作ってみてはいかがでしょうか。

サーカスコーヒーのRe:CENOブレンドを
コーヒーとして飲むと、
濃厚な深い味わいですが、後味がスッキリとしていて、
毎日でも飲みたくなる不思議な魅力を感じます。

今回は、そんな旨味と魅力をギュッと凝縮して
濃い目に抽出したコーヒーを使って作りました。

そのため、Re:CENOブレンドコーヒーを単品で
飲むよりも、コクが増したビターな大人の味わいに
仕上がりました。

口の中に入れた瞬間にとろける、
柔らかい口溶けも、たまりません。

私も、大切な人へコーヒー生チョコと共に
日頃の感謝の気持ちを伝えようと思います^^

20170119191457.jpg


同じカテゴリーの記事

人気の記事

新着トピックス

12月5日~22日 歳末大セール開催中!

こたつやTVボードなど人気のインテリアを、期間限定でプライスオフ!

「Re:CENO mag」も検索に対応しました。

インテリアの基礎知識や動画など、Re:CENO magの記事も検索できるようになりました。

Re:CENO product コンテンツ拡充しました。

オリジナル家具「Re:CENO product」のサイトに「サポート」「コーディネート」など新しいコンテンツを追加しました。

【リクルート】インテリア好きな方、お待ちしています。

インテリアが好きな方や、リセノに参加してみたいという方をお待ちしています。