新生活応援キャンペーンとして、お得にインテリアをお買い求めいただけるクーポンをご用意しました!
2月13日(火) 0:00 ~ 4/30(月) 23:59まで、お得なクーポンをご利用いただけます!


クーポンの使い方

ショッピングカートにて、ご希望の「クーポンコード」をご記載ください。
最終画面にて、適用キャンペーンと、割引価格が表示されます。


×
クーポン配布中!!

Re:CENOインテリア
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


HOME > 特集 > 暮らしにあったソファーの選び方

みなさんはソファーを購入する時、どのようなポイントを見て選ばれていますか?
デザインやサイズも大切ですが、その他にも見るべき所はたくさんあります。
ソファー選びのポイントを知って、暮らしにあった自分だけのソファーを選びましょう。

POINT 1 サイズから選ぶ

暮らしに合わせたソファーを選ぶためにサイズについて考えることはとても大切です。幅、奥行き、高さはもちろん、レイアウトや搬入経路など、様々な視点からサイズ選びのポイントをご紹介。部屋の広さとや周辺の家具とのバランス、生活導線にも関わってくるので、様々な視点から参考にして下さい。

EACH SIZE

それぞれの高さ

WIDTH

幅選びのポイント

1 SEATER

45-110cm

2 SEATER

110-180cm

3 SEATER

170-200cm

OTTOMAN

50-70cm

POINT

ソファーの幅は一人あたり60cmが目安。普段使用される際の人数とお客様が来た際に最大何人で使用されるかをを考えて選びましょう。

[幅が広い場合]

❶ 座れる人数が増え、横になったり余裕を持って座れる
❷ お部屋の主役としてインパクトが出る

[幅が狭い場合]

❶ コンパクトで場所を取らず、小さいお部屋でも置ける
❷ お部屋の圧迫感を軽減でき、空間が広く感じられる

DEPTH

奥行き選びのポイント
POINT

ゆったりくつろぐか、軽く腰掛けるかを考えて選びましょう。

[奥行きが広い場合]

❶ ソファーで横になれる
❷ あぐらをかいて座れる
❸ 子どもと遊べる

[奥行きが狭い場合]

❶ テーブル作業がしやすい
❷ 食事が取りやすい
❸ 起き上がりが楽

HEIGHT

高さ選びのポイント
POINT

全体の高さと座面高の2つの高さを考えて選びましょう。

[高い場合]

❶ 立ち上がりが楽
❷ ものを取りやすい
❸ 空間を仕切れる

[低い場合]

❶ 空間が広く感じられる
❷ 見た目の安定感が出る
❸ 深く腰掛けやすい

ROOM SIZE

お部屋のサイズについて

実際にソファーを部屋に置く場合、お部屋のサイズや回りの家具との距離など、
具体的に把握をすることで、置けるソファーのサイズがより具体的に割り出せます。
コンセントや窓の位置、通路幅など事前情報が多くあれば実際の生活もシミュレーションできます。

まずは、生活動線を確保しましょう。空いたスペースが設置可能幅です。

FLOOR MAP

POINT

普段の生活導線や他の家具との距離、コンセントなどの位置や、引き出しやドアといった使用時に可変するもののサイズまで把握しましょう。

[気をつけるポイント]

❶ 引出し ❷ 扉 ➌ 窓 ➍ コンセント ➎ スイッチ ➏ エアコンの向き ➐ TVアンテナ&電話端子

[必須アイテム]

❶ メジャー ❷ 部屋の間取り図 ➌ 筆記用具

Re:CENOの3Dコーディネートページを使えば、さらに具体的なシミュレーションができます。

AROUND SPACE

ソファー周辺のスペースについて

テーブルとの距離(浅い場合)

浅く腰掛けるタイプのソファーの場合、テーブルとソファーの間は、本やコップも取りやすい、35~45cmのスペースが良いでしょう。

テーブルとの距離(深い場合)

深く腰掛けるタイプのソファーの場合、テーブルとソファーの間には、足を組んだり伸ばしたりするので45~50cmのスペースが必要になります。

通路を挟んだ場合の距離

人が一人歩くためには50~60cmのスペースが必要です。ソファーの後ろに通路がある場合、そのスペースを考慮しておきましょう。

POINT

ゆったりくつろぐか、軽く座るくらいかというスタイルをを先ず決め、そして通路などの必要なスペースを計算しましょう。

[テーブルとの距離]

❶ 浅く腰掛ける場合は35~45cmが必要 ❷ 深く腰掛ける場合は45~50cmが必要

[通路との距離]

❶ 人が一人歩くためには50~60cmが必要

LAYOUT

レイアウトについて

直線型レイアウト

隣で会話をしながらテレビや映画に集中でき、コンパクトに収まるレイアウト。ワンルームからリビングまで幅広く対応できます。

横型レイアウト

テレビを横に見ながら、読書や手元の事にも集中できるレイアウト。室内を見渡すこともでき、リビング以外との会話もしやすいです。

対面型レイアウト

人が集まるお家に向いている、向かい合って会話が楽しめるレイアウト。横目にテレビも見えるので、みんなとの会話も弾みます。

L型レイアウト

囲むように座ったり上で寝転んだり、使い方次第で楽しみ方が広がるレイアウト。スペースに余裕のあるリビングに向いています。

POINT

テレビや映画に集中したいのか、みんなで会話を楽しみたいのかなど、ソファーのある空間をどのように使うかを考えましょう。

[TVの見やすさ優先]

❶ 直線型 ❷ L型

[会話や読書を優先]

❶ 横型 ❷ 対面型

ROUTE

搬入経路について

梱包サイズの確認

商品ページのSPEC欄に記載されている、梱包サイズをチェックしていきます。A、B、C、に当てはめましょう。

経路の確認

お部屋までの搬入経路を確認していきます。搬入時の為に、通路に置かれているものを避ける場所も考えておきましょう。

エレベーターのポイント

・エレベーターの入口の幅がC以上※
・エレベーターの入口の高さがA以上※
・エレベーターの室内の奥行きがB以上※

階段のポイント

・階段の幅がC以上
・曲がり角の対角線の長さがB以上
・高さがA以上(階段・おどり場)

玄関と廊下のポイント

・玄関と廊下の幅がC以上
・曲がり角の対角線の長さがB以上
・高さがA以上(玄関・廊下・部屋入口)

扉のポイント

・ドアを開いた状態がC以上
※外開きの扉の場合、ドアノブの分だけ入口が狭くなります。

※エレベーター平均サイズ(cm)
<6人乗り> 幅105 奥行115 高さ220, 出入口 幅80 高さ200 <9人乗り> 幅105 奥行152 高さ220, 出入口 幅80 高さ200

POINT

搬入時のトラブルを避け、スムーズに入れられるよう、事前に設置場所までの各ポイントのサイズを把握しておきましょう。

[梱包サイズ]

「幅」、「奥行き」、「高さ」の確認

[階段]

幅と高さ、曲がり角の長さも確認

[経路]

入り口から設置場所まで経路を確認

[玄関・廊下]

幅と高さ、曲がり角の長さも確認

[エレベーター]

入口の幅と高さ、室内の奥行きを確認

[扉]

開けた時のドアノブの長さを入れた幅を確認

POINT 2 シチュエーションから選ぶ

暮らしに合わせたソファーを選ぶためにサイズについて考えることはとても大切です。幅、奥行き、高さはもちろん、レイアウトや搬入経路など、様々な視点からサイズ選びのポイントをご紹介。部屋の広さとや周辺の家具とのバランス、生活導線にも関わってくるので、様々な視点から参考にして下さい。

SITUETION

シチュエーション一覧

01

好きな体勢でテレビや読書を楽しむには、

奥行きのある、リラックスタイプ

テレビを見たり本を読んだり、長時間ソファーで過ごしていると同じ体勢でいるのがしんどくなったりすることも。奥行きのあるリラックスタイプのソファーなら、好きな体勢が作りやすいので長時間ソファーの上にいても楽に過ごせます。


02

寝転んだり、身を委ねて過ごすには、

アームまで低い、ロータイプ

家に帰ったらまずソファーに飛び込んで横になりたい。そんな方には、アームまで低いロータイプソファーがおすすめ。肘掛けがファブリックになっていると、そのまま枕にすることもできますし、足が出てしまってもフットレストになってくれます。


03

PCやデスクでの作業に集中するには、

座面の固い、しっかりタイプ

テーブルの上で作業をしたり、軽食を取ったりする場合、体が起き上がった姿勢の方が作業がしやすいもの。そんな時は座面の固いしっかりタイプのソファーがおすすめ。おしりが沈み込まずに姿勢が安定するので、PCの操作も安定します。


04

足を伸ばしてくつろぐには、、

座面の長い、カウチタイプ

足を伸ばして、まるでベッドのようにくつろげるカウチソファー。通常のソファーで寝ながらテレビを見る場合、テレビに対して横向きにしか見れないですが、真正面を向いたまま横になれるので、前を向いたまま映画鑑賞なども楽しめます。


05

いつも清潔に保つには、

取り外しができるカバーリングタイプ

体に触れるファブリックは、使っているといつかは汚れてきてしまいます。そんな時、カバーリングタイプのソファーなら臭いや汚れが気になった場合、洗って清潔に保つことができます。お子様のおられる家庭などの場合、飲み物や食べ物をうっかりこぼしてしまった場合にも安心です。


06

ひとり暮らしで使うには、

省スペースなコンパクトタイプ

ひとり暮らしで住むお部屋は、スペースに余裕が無いので、130cm以内の比較的コンパクトなタイプのソファーが良いでしょう。写真のようなリクライニングするタイプの場合、コンパクトなサイズでもシーンに合わせて広く使うことができるのでおすすめです。


07

部屋が広く見える床生活には、

背の低いフロアタイプ

椅子に座るよりも床生活の方が好みの方には、背の低いフロアタイプのソファーがおすすめ。視線が低くなるため部屋が広く見える効果もあります。低いテーブルが使いやすかったり、こたつにそのまま足を伸ばせたりという所もフロアタイプならではの利点です。


08

リビングとダイニングを兼用したい方は、

食事しやすいソファーダイニング

食事を取るのに向いているのが、ソファーダイニングタイプ。食後にリビングに移動せずとも、ダイニングでそのままリラックスできます。ダイニングとリビングを1つの場所でまとめられることができるので、ダイニングセットとソファーの両方を置くスペースが無い場合にもおすすめです。

POINT 3 デザインから選ぶ

リビングの中心的存在のソファー。長く使うためにも気に入ったデザインのものを選びたいですよね。
生地素材の特性や、形状の種類などを把握して、暮らしにあったデザインのソファーを見つけましょう。

MATERIAL

生地素材について

レザーとファブリック、ソファーのデザインを決める上で大切な要素ですが、
それぞれのメリット・デメリットを把握して、自分のライフスタイルに合うかどうかも考えましょう。

LEATHER

POINT

レトロな雰囲気を感じさせるレザー(合皮)のポイント

[レザーのメリット]

❶ お手入れが楽にできる
❷ 破けにくく丈夫
❸ ホコリが立ちにくい

[レザーのデメリット]

❶ 冬に冷たい
❷ カラーが少ない
❸ 起き上がりが楽

FABRIC

POINT

生地の種類が多く、軽い印象のあるファブリックのポイント

[ファブリックのメリット]

❶ 色柄が豊富に選べる
❷ 年中快適に使える
❸ 洗えるタイプもある

[ファブリックのデメリット]

❶ 染みができやすい
❷ ホコリが付きやすい

WOOD ARM

ウッドアームタイプ

見た目のバランスも美しく、シャープなデザインの多いウッドアームタイプ。
木の温もりを感じるインテリアが好きな方や、軽さを感じさせるデザインが好きな方におすすめです。

FABRIC ARM

ファブリックアームタイプ

ボリュームのあるアームが、安定感を感じさせるファブリックアームタイプ。
全体が同一色になるため存在感もあります。肌当たりが柔らかいソファーが好きな方におすすめです。

COUCH

カウチタイプ

足を伸ばしてリラックスできるカウチタイプ。 広いリビングの方や、コーナーを使ってレイアウトしたい方におすすめです。

LOW

ロータイプ

背が低く、視界を広く感じさせるロータイプ。奥行きが広く取られているのも
このソファーの特徴です。寝転んだり深く座りたい方におすすめです。

LEATHER

レザータイプ

レトロな雰囲気や高級感を感じさせるレザータイプ。
メンズライクやヴィンテージスタイルのインテリアが好きな方におすすめです。

RECLINING

リクライニングタイプ

背もたれや肘置きの角度が、お好みの位置に調整できるリクライニングタイプ。
ソファーベッドになるタイプもあり、自由な形で使いたい方におすすめです。

POINT 4 座り心地から選ぶ

ソファー選びにおいて最も大切な要素の1つが座り心地。
柔らかいものから固いものまで、素材や構造によって変わるので、それぞれの特徴を知って選びましょう。

SIT COMFORT

座り心地の比較

当店の目安で、ソファーの硬さを星で表し比較しました。
実際にどんな風に使いたいか、使用シーンをイメージして参考にして下さい。

NOANA 3P

固さ目安

★★★★★

リセノオリジナルソファーのNOANA。固さの違う2種のウレタンを差し込んだフェザークッションは、 柔らかくもしっかりと体を支えてくれます。奥行きもあり、寝転んでしまいたくなるほどのふかふか感です。

ふかふか

FOLK 3P

固さ目安

★★★★

リセノオリジナルソファーのfolk。特殊なウレタンとスモールフェザーを使用しており、全身を柔らかく包みこんでくれます。思わず倒れこみたくなるような、ふんわりもっちりした座り心地が特徴。

ふんわり・もっちり

HENRY 3P

固さ目安

★★★★★

西海岸テイストのHENRY 3P。素材にはウレタンを使用しており、長時間座っていても疲れにくい座り心地。大人が深く腰掛けられる広い座面と程よい硬さのクッションが、体をゆったりと受け止めます。

しっかり・安定

BULGE SOFA 2P

固さ目安

★★★★★

背が低く奥行きのあるbulge sofa。フェザー&シリコンフィルを使うことで、固さと柔らかさを両立しています。座るとじんわり沈む、適度に張りのあるクッションが、やさしく体を包み込んでくれます。

じんわり・柔らか

NEIRO

固さ目安

★★★★

リクライニング可能なカウチソファーNEIRO。座り心地にこだわり、座面にはポケットコイルを使用。適度な弾力があり、長時間座っていても疲れにくい座り心地。座ったり寝転んだり自由なスタイルで。

しっかり・安定

BLACKET SOFA

固さ目安

★★★★★

コの字型のユニークな形が特徴のBLACKET SOFA。長時間座っても疲れにくい、張りのある少し固めのクッションを使用。囲いのような背もたれのデザインで、ソファー全体で体を受け止めてくれます。

しっかり・固め

LULL SOFA 3P

固さ目安

★★★★★

リセノオリジナルソファーのlull sofa。座り心地にこだわり、密度の高い弾力性のあるウレタンを使用。座面角度を少し後方に傾斜することで、自然と背もたれに体を預けられ安定した座り心地を実現。

しっかり・安定

RECT UNIT SOFA

固さ目安

★★★★

組み合わせて使えるrect unit sofa。座面は張りがあってしっかり、背もたれはフェザーでふかふかな座り心地です。座面は弾力の異なるクッション材を使用することで、心地よさと耐久性を両立しています。

座面しっかり・背面ふかふか

FIX

固さ目安

★★★★

ヴィンテージテイスト漂うレザーソファーFIX。適度な弾力があり、長時間座っていても疲れにくい座り心地。座面角度を少し後方に傾斜することで、自然と背もたれに体を預けられ安定した座り心地を実現。

しっかり・安定

FADY-LOW

固さ目安

★★★★★

リクライニング可能なフロアソファーFADY-LOW。もこもこした座面にはウレタンチップをたっぷり使用しており、柔らかいだけでなく、程よいフィット感味わえます。座ったり寝転んだり自由なスタイルで。

ふんわり・もっちり

RINCO

固さ目安

★★★★

コロンとしたレトロなデザインが可愛いRINCO。ウレタンとSバネの組み合わせによって適度な弾力で、長時間座っていても疲れにくい座り心地に。背もたれも固すぎず、背中をしっかり支えてくれます。

しっかり・安定

WIRY 2P

固さ目安

★★★★★

リセノオリジナルソファーのWIRY 2P。ウレタンを使用しており、柔らかいながらも姿勢をしっかり保てる固さです。座面高が標準のダイニングチェアと同じなので、くつろぐのも食事も楽になっています。

じんわり・柔らか

POINT 5 スタイルから選ぶ

ヴィンテージやナチュラルなど、好みのインテリアのスタイルがわかると、どんなソファーのデザインや形が良いのか決めやすくなります。
お部屋のイメージを浮かべて、好みのタイプのソファーを見つけましょう。

VINTAGE

ヴィンテージスタイル

古びたアイテムやマットな質感のアイアンなど、昔から使っているようなアイテムで構成されるビンテージスタイル。
ブラックレザーやコーデュロイを使った、落ち着いた雰囲気のソファーが、ヴィンテージスタイルの空間にはまるでしょう。

NORDIC

北欧スタイル

明るく洗練された印象や、ポップなファブリックが取り入れられる北欧スタイル。
爽やかなファブリックとナチュラルなフレームのソファーや、差し色になるようなカラーのソファーが良いでしょう。

NATURAL

ナチュラルスタイル

北欧スタイルに比べると、少し温かみがあってシンプルなデザインのナチュラルスタイル。
爽やかなファブリックとナチュラルなフレームのソファーが良いでしょう。

WEST COAST

西海岸スタイル

少し褪せた緑、紺、赤などの色に乾いた印象の木を合わせた、アメリカ西海岸を感じさせるインテリアスタイル。
ヴィンテージのように重くなりすない、軽めの印象のカラーのソファーを選びましょう。