長期休暇に伴う配送スケジュールのご案内

Re:CENOインテリア
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


トップページ  >  Life with Coffee

 

HARIO
V60レンジサーバー600クリア

オール耐熱ガラス製のサーバーです。
ポット・フタとともに耐熱ガラス製のサーバーで、
フタをしたまま電子レンジが使用できます。

HARIO
V60耐熱ガラス透過ドリッパーN

1~2杯用の耐熱ガラスのドリッパーです。
透明なので、コーヒーを抽出する間も様子が見え、
目でコーヒーを楽しむことができます。

HARIO
V60ドリップケトル・ヴォーノ

ガスコンロやIHなど、全ての熱源に対応。
細口でゆっくりお湯がでるから、湯量を調整
しやすく、ドリッパーの狙った所に注ぎやすいです。

NPS
ドリッパースタンド スタンダード

ステンレス製のドリッパースタンドです。
一度に複数のサーバーやマグに注ぐ事ができます。
スタイリッシュなデザインで、カフェを中心に人気がでています。


国内コーヒー器具メーカーのパイオニア的存在のKalita。
一番の特徴は独自の三つ穴構造ドリッパー。3つの小さな穴で少しずつドリップされる構造だから、
お湯の入れ方が大きく影響せず、誰が淹れても安定した美味しさを作り出す事ができます。
近年開発されたウエーブドリッパーは大変人気で、海外で注目を集めています。
また、ドリッパー以外のラインナップも豊富で、特にミルやケトルは、レトロで昔ながらのデザインが多いのも特徴。


レトロなデザイン

木の素材を使ったミルや、ブラウンの古びた印象のドリッパー、ステンレスのポットなど、飾っているだけでも、味のあるレトロなデザインが、キッチンやお部屋の雰囲気をよくしてくれます。

ウェーブドリッパー

20個のウェーブで構成されるドリッパーフィルターを使用することで、ドリッパーとの接触面が減少。長時間フィルターの偏った場所にお湯がたまる状態が起きにくく、速やかにドリップされます。

扇型の3つ穴のドリッパー

Kalitaといえば3つ穴ドリッパーという位、特徴的なポイント。雑味が出る前に美味しさだけを引き出す独自の構造で、初心者からプロまで、誰が入れても安定した味が期待できます。


日本の耐熱ガラスメーカーであるHARIO。
2010年にバリスタチャンピオンが使用した事から有名になり、今や世界中のバリスタが使用するメジャーブランドです。
HARIOが開発したV60ドリッパーは、円すいの形をしており、お湯の入れ方1つで味を自由に調整できる特徴的な仕組みなっています。
器具のデザインはシンプルで、洗練されたスタイリッシュなデザインのものが人気です。


シンプルでスタイリッシュなデザイン

ステンレスやガラス、陶器など、素材の印象をそのまま活かしたシンプルなデザインは、色使いや装飾も少ないのが特徴的。また、ポットやサーバーには、全体に波型デザインが施されています。

角度のついた細口ポット

細くてカーブを描いた注ぎ口は、お湯を注ぐ量や位置、出るスピードを調整しやすいように設計されています。お湯を注ぐ際、“蒸らし”を成功させるため、お湯を一滴ずつ置くように注げる構造になっています。

円すい形、スパイラルリブのドリッパー

円すい形にしたことで、お湯が中心に集まるから、より多くのコーヒーの成分を抽出します。また、スパイラルリブによってペーパーを浮かせて、空気の逃げ道を作り、コーヒーの粉がしっかりと膨らみます。



¥1,026~(税込)
¥2,808~(税込)
¥1,728~(税込)
¥756~(税込)


¥1,728~(税込)
¥1,296~(税込)
¥2,160~(税込)


¥3,780(税込)
¥5,400(税込)
¥8,640(税込)
¥3,780(税込)


¥15,120(税込)
¥7,344(税込)
¥4,104~(税込)


¥26,080(税込)
¥40,880(税込)
¥1,500(税込)
¥26,080(税込)
¥40,880(税込)
¥12,960(税込)